New Face 〜愛に満ちた世界

預かり猫「あられちゃん」の里親募集に ご協力お願いしますm(_ _)m

全体表示

[ リスト ]

猫バルボという病気

 先日、バルボ検査の為「便検査」依頼してきた 以前からお世話になっている信頼できる獣医師 1匹はドロンタールを投与した事・まだ回虫が駆除できていない事を話したが バルボの検査には支障が無いと言ってくれた イロイロな感情でグチャグチャになってしまった私の心情も吐露し 落ち着くまでゆっくり話も聞いてくれた 今回の検査で判断できるのは、今現在「便」にバルボウィルスがいるかどうか もしウイルスが検出されなかった場合、バルボに感染していたかどうかは判断できないという もしバルボのキャリアになっていたら・・・?? 私の不安に獣医師は、バルボにキャリアという言葉は適当ではないと言った   バルボウィルスはまず口・鼻から体内に入り嘔吐 体を蝕みながら徐々に下っていき重度の下痢・血便 そしてウィルスは体内に留まる事無く全て排出され、その後は感染力をもたないのだという  なので今回の便にウィルスが検出されなければ、あられも我が家の3兄弟も 他の猫との接触に問題ないと判断できるという   人間で例えると「はしか」が妥当かもしれない 感染力が強く症状も重いが、ワクチン接種で予防が可能 でもワクチンで予防した場合、抗体は徐々に薄れ 大人になる頃には感染する可能性もでてくる でも実際に「はしか」を発症した場合 抗体は体内でしっかりと形成され、一生「はしか」に感染する事は無い そして完治した後は、感染源になる事もない   動物病院には2匹の看板猫がいて、現在16歳という高齢だがとっても元気 私たちの胸の高さまであるカウンターにも軽々とジャンプする いろいろな重症患者が通ってくるが、重い病気には一度もかかった事がないという 本来の生命力もあるが、それとなくウィルスに触れて生きている環境で さまざまな病気に対する強固な抗体が、体内に作られているらしい 放し飼いにしている猫が丈夫だというのは、きっとそんな理由で いろんなウィルスが蔓延している環境では生き残れるのは 強い生命力を持った子だけ ウィルスに負けてしまう弱い子は、外で成長していく事が出来ない だからノラで長生きしている子はとっても強く逞しい子   そして・・・その血を継いでいる我が家の子達は、きっととっても強い生命力の持ち主 「大丈夫ですよ」と強く励まされた   りんりんさんの元で・・・生き残る事が出来たムタ君とキキちゃんの事を思った バルボのキャリアなんかじゃないよ とっても小さな体でバルボに打ち勝った、強くて逞しい強運の子だよ きっとバズー君もメイちゃんもシータちゃんも見守ってくれてる 3匹も分まで・・・強く幸せに生きていって欲しい  そして・・・バズー君・メイちゃん・シータちゃんが命を懸けて教えてくれた事 決して無駄にしちゃいけないよね    どうか思いが届きますように・・・  バズー君・メイちゃん・シータちゃんのご冥福を心より強く祈る   

この記事に

開く コメント(8) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事