My Simple Life

これから暑くなってきますね。

全体表示

[ リスト ]

ハッラーン(ハラン)  Harran

 
ハッラーン(ハラン) Harran、別名カルラエ Carrhae は
古代シリア地方の北部にあった都市の名で、現在はトルコ南東部のシャンルウルファ県にあたる。
古代メソポタミア北部およびシリア北部の商業・文化・政治・宗教の中心都市であった場所で、
現在は非常に貴重な考古遺跡となっている。
ハランは旧約聖書で、アブラハムがカナンの地に移る前に住んだ場所ともされている。
 
イメージ 9
 
地中海沿いにある都市国家ティールの交易相手の中には、
シリアやパレスチナの諸都市とともにハランの名も見られる。
 
ハラン、カンネ、エデンとシェバの商人たち、
アルシュルとキルマドは、お前と取引を行った。
エゼキエル 27・23
 
また大プリニウスによれば
ハランの特産品は Stobrum の木から採れる香りのよい粘液であったとされる。
ハランの街はメソポタミア神話の月の神シンの祭儀の中心であり、
バビロニア時代のみならず古代ローマ時代までその崇拝は続いた。
 
イメージ 1
 
ハランはローマ時代には「カルラエ」と呼ばれ、その遺跡はこの地方に今も残っています。
紀元前53年に、ローマ共和国とパルティアの間で行われた
カルラエの戦い古戦場でもあります。
 
ハッラーンの街はローマ時代からサービア教徒の時代、
イスラム教や十字軍の時代まで存続し、イスラム世界の学問の中心としても栄えたが、
モンゴル帝国の襲来で廃墟と化し、以後、再建されることはありませんでした。
 
イメージ 10
 
ハッラーンはトルコとシリアの国境に近く、古代にはエデッサの名で知られた
シャンルウルファの街から南東へ44kmほどの位置にあります。
 
シャンルウルファからハッラーンまでの道は、
トルコ南東部の農業の中心である灼熱のハッラーン平原をまっすぐ伸びています。
 
イメージ 11
 
古代メソポタミア文明の都市としての最盛期には、
ハッラーンは南のダマスカスからの道と、
ニネヴェとカルケミシュを結ぶ道が交わる地点にあり、
古代オリエントにおいては戦略的に非常に重要な地であったのです。
 
イメージ 12
 
なおかつ、ハランやエデッサはユーフラテス川やその支流バリフ川の上流の平原にあり、
土壌は肥沃で雨量もメソポタミア南部より多く、農耕が早くから行われた地です。
 
イメージ 13
 
アッシリアの粘土板文書において、ハランは「ハラヌ」の名で、
紀元前1100年ごろのティグラト・ピレセル1世の時代以来頻繁に現れている。
 
ヒッタイトのシュッピルリウマ1世は、
ハラン付近を支配していたフルリ人のミタンニ王国を破り、ミタンニの王にシャッティワザを
擁立して条約を交わしたが、シュッピルリウマ1世の息子でカルケミシュの副王ピヤシリは
ミタンニ征服の途上でハランを焼き払った。
 
イメージ 14
 
ハランは紀元前763年にも略奪されたが、新アッシリアの帝王サルゴン2世により復興された。
 
ハランはさらに、紀元前612年に新バビロニアとメディアにより
首都ニネヴェが奪われた後にアッシリアの亡命政権の首都となったが、
紀元前609年にネコ2世の古代エジプトと同盟を結んだが、
アッシリアがバビロニアとの戦い(カルケミシュの戦い)で敗れて以降に滅亡した。
 
イメージ 15
 
ハランにあり古くからの崇敬を集めていた月神シンの神殿は、
新アッシリアのアッシュールバニパルや新バビロニアのナボニドゥスなどにより何度も再建された。
ローマ時代のシリアの歴史家ヘロディアヌス(紀元170年 - 紀元240年頃)も
ハランにあった月の神殿について言及している。
 
イメージ 2
 
旧約聖書のハラン創世記11章31節、12章4-5節では、
テラが息子アブラハム、孫のロト(ハランの息子)、アブラハムの妻サライとともに、
カルデアのウルからカナンの地に向かう途中にハラン Harran に至り、そこにとどまった。
 
テラは息子アブラハムと、ハランの息子で自分の孫であるロト、および息子アブラハムの妻で
自分の嫁であるサライを連れて、カルデアのウルを出発し、カナン地方に向かった。
彼らはハランまで来ると、そこにとどまった。
テラは205年の生涯を終えてハランで死んだ。
創世記 11・31
 
イメージ 3
 
テラはハランで没し、アブラハムは75歳の時にハランを出てカナンに向かった。
学者たちは聖書のハランを現在のハッラーンと同定している。
同じく創世記27章43節では、ハランにはラバンが住み、その妹リベカはイサクと結婚した。
 
後に、イサクの双子の息子エサウヤコブは対立し、ヤコブは
カナンを出てハランに住むラバンのもとへ逃げ、ラバンのところで働き20年を過ごします。
 
イメージ 4
 
私の言うことをよくよく聞き、急いでハランに私の兄ラパンのところへ逃げて行きなさい。
創世記 27・43
 
イメージ 5
 
テラの息子でロトの父ハランは地名のハランと間違われやすいが、
二つはヘブライ語での綴りが違う。
 
イスラム教では、人名のハーラーン(ハラン)は地名のハッラーンと結び付けられている。
 
ユダ王国のヒゼキヤ王の時代、ハランはアッシリアに対し反乱を起こし、アッシリアに再征服される。
ハランに与えられていた特権の多くは奪われたが、サルゴン2世が後に回復した。
 
イメージ 6
 
私の先祖たちは、ゴザン、ハラン、レシェフおよびテラサルにいたエデンの人々を打ち滅ぼしたが、
これらの諸国の神々は彼らを救いえたであろうか。
列王記下 19・12、 イザヤ書 37・12
 
イメージ 7

メディア、ペルシャ、ギリシャ、ローマ新アッシリアが崩壊に向かう最中、
ハランは、その最後の王アッシュール・ウバリト2世の本拠となったが、
紀元前609年に新バビロニアの王ナボポラッサルの軍勢に包囲され征服されました。
その後はハランはメディア王国の一部となり、さらにアケメネス朝ペルシャが引き継ぎました。
 
その支配は紀元前331年、
マケドニア王国のアレクサンドロス大王の軍勢による征服と入城まで続いた.....
 
 
イメージ 8
 
 
☆ 記事はウィキペディア(Wikipedia)を参考にして書いています。
☆ アップしてある画像は、外国サイトより借用して表示しています。
 
 

閉じる コメント(17)

今日のは、ちょっとと難しいです。
何回か読んでみます。ポチ

2011/8/24(水) 午後 5:34 つるつる好き

顔アイコン

メソポタミア文明は学校で習ったきりで、今改めて読んですごいなと思いました。やはり写真がものをいいますね、目に新鮮に飛び込んできますよ。
ぽち。

2011/8/24(水) 午後 6:18 bonbondaruma

顔アイコン

オリエントの世界の興亡に興味があります。
遊牧民族でしょうか、彼らの行動半径が大きいのに驚きます。
長い年月を掛けて、キャラバン隊のように移動したのでしょうか?
ロマンがありますね。

2011/8/24(水) 午後 6:38 カワラヒワ

顔アイコン

円錐形の建物は当時の物なのでしょうか?
地震などの災害にも耐えて来たのでしょうね
大したものですね
ぽち

2011/8/24(水) 午後 7:16 [ エイトマン ]

こんばんは。

トルコの風景、変わっていますね。
ポチ☆

2011/8/24(水) 午後 7:23 まいめろにゃん

顔アイコン

ま・・・まさか・・・
トルコまで行ったのでは・・・(笑)
でも、いかにも、私のトルコの雰囲気ですね〜!
歴史もある街!行ってみたい!!

が・・・ケバブでがまんします(笑)ポチ!

2011/8/24(水) 午後 8:25 JACK

建物が独特ですね。
暑くないのかな?
一度と合って見たいです

2011/8/24(水) 午後 8:58 sironamaco

顔アイコン

教会で創世記を熱心に教えていただいたのですが、言葉だけでしょう。
このように写真があるといいですね。 ポチ!

2011/8/24(水) 午後 9:07 [ 白いカラス ]

砂漠でもないし草原でもないし 生活しにくそうなんだけど。
今は 現代的な生活をしてるのだろうか? ☆P

2011/8/24(水) 午後 10:37 らん

遺跡って不思議なムードを醸し出していますよね!
その場所に立つと、
気が遠くなりそうです‥

2011/8/25(木) 午前 3:24 [ セコイ ]

顔アイコン

聖書には疎いのですが…
でも昨年トルコを旅したので、紀元前のはるか昔から続くとてつも長ーい歴史の国だとは理解できます。四方八方からの侵略の仕合っこの、栄枯盛衰の歴史…そんな歴史の塊の国、でもありました。

イスラム色濃い街コンヤと奇岩で知られるカッパドキアの中間にあるスルタン・ハヌという小さな町が東西の交易で栄えた地のひとつであり、当時の隊商宿が保存状態良く残っています。さらに、トルコはシルクロードの終着地…

そして、“今”がある…
その“今”を正しく知るための歴史でもある…
私には易しくはないけれど、疎いコトを補って頂けて… ポッチ♪

2011/8/25(木) 午前 11:03 [ りーりっこ ]

シリア国境近くですね。
アララト山にノアの箱舟を見に行く当地ツアーに行ったことがありますがここまでは行きませんでした。
エルズムから戻ってサフランボルの木造の家を見て帰りました。
珍しい写真にポチ!

2011/8/25(木) 午後 0:22 安寿

名称や人物の名前はところどころ思い出すのもありますが
ほとんど忘れていますよ〜(汗)
なんだか街に人が住んでいるような感じもしますが
あくまで遺跡で、だれもいないのでしょうか。

2011/8/25(木) 午後 11:40 やまやま

つるつる好きさん、
馴染みのないものだから、理解できない時はスル―をしても構いませんから、
ここは古代の聖書の舞台になった遺跡がどのようになっているかを、
書いている書庫です。

................................
☆ Bonbondarumaさん、
学生時代にメソポタミアの歴史を習いました、改めて勉強してみると
また、新鮮ですね。
画像は、ネットで検索してここから借りています。

................................
☆ カワラヒワさん、
古代にはオリエントは文明の進んだ国ですが、国とり合戦が激しくて
次から次と帝国が変って行きました。
変っていく帝国を見ると面白いかもしれませんね。

................................
☆ エイトマンさん、
円錐形の建物は、現在でもこの地方の民族が住んでいる家だと思います。
私がトルコのカッパドキアに行った時も、形は違いますがこのように
円錐形の形の岩をくり抜いた家に住んで居られました。

2011/8/26(金) 午後 4:57 seu

にゃんさん、
トルコの風景も、ヨーロッパや東洋にもない風景がたくさんありますよ。

................................
☆ JACKさん、
トルコのハランまでは、観光で行くのはとても危険ですよ。
私は2度トルコに行きましたが、行ったのは安全なカッパドキアまでです。
画像は無いので、ネットから借用しました。

................................
☆ Sitonamacoさん、
カッパドキアにも土の家がありますが、夏は涼しくて冬は暖かいそうです。
ただ、お手洗いが外にあるので冬にトイレに行くと寒いので困ると
言っていました。

................................
☆ 白いカラスさん、
私も教会では熱心に創世記を教えてくれましたが、それが終わると
あっという間に旧約が終わってしまいました。
どうも、教会では創世記が大切な章のようですね。

2011/8/26(金) 午後 4:58 seu

Runさん、
この辺りは砂漠に近いし、トルコは土全体が何となく乾燥していて緑が
少ないから、緑のあるところには羊の放牧がよくされています。

................................
☆ Sekoiさん、
遺跡って不思議な感じを与えますね。
崩れかけた建物が、どのような形をしていたのか考えると想像の域を
越えていきますね。

................................
☆ りーりっこさん、
私も2度、トルコに行きました。
やはり何度行っても素敵なのはイスタンブールですね。
カッパドキアにも行きましたが風化した石の柱のことを思い出すと
ついつい男性を思い出してしまいます。

聖書に書かれている町と、現在の町とは随分と名前も変わってきていますが、
それでも古代からのものは、現在でも伝えられていますね。
興味を持って頂いてありがとうございます。

2011/8/26(金) 午後 5:17 seu

安寿さん、
アララット山にノアの箱舟を見るツアーってるのですか初めて知りました。
歴史の遥か遠く昔の神話的な出来事なのに、舟って実在しているのでしょうか
何となく信じられない気分です。

................................
☆ やまやまさん、
遺跡は誰も住んではいませんが、円錐型の盛り土のようなものは
この街の住宅で、現在でもこの地方の民族の方たちが住んで居られます。
防空壕のようですが........

2011/8/26(金) 午後 5:22 seu

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事