マニラにすむとはおもわんかった

記事を全部読みたい方はファン登録をされますと読むことができます。

全体表示

[ リスト ]

年末ボラカイ(長文)

こんばんは。新年早々、またも猫が妊娠してくれました。唯一の雌猫なので、隔離していたつもりでしたが、どこで犯されたのだろう私がマニラ生活をはじめたばかりの頃に拾った猫なので、もう6歳近い高齢出産なので、心配してましたが、母子共々疲れてはいるようですが無事で、ほっとしてますなんせ母体が気になるので、これで最後にしませんとな。2年ぶりぐらいの出産でした。他は雄猫だが、どうも自分が父親だと思っているのが何匹かいて、妙に世話を焼いてます

母猫が警戒してるため、赤ちゃん猫は3匹か4匹かで、どちらか数えてないが、うーん引っ越し、大丈夫なのかね今の家のオーナーは、猫が14匹で犬も何匹かいるので気にされてないのだが、一般的、具体的にどうなんだろハリソンマンションは追い出されてるし、その際はマリバイのような環境悪いとこで、月に2万ペソ出すと言って管理人は入れたがっていたが、オーナーには話になりませんなと一蹴されてますコンドでもないマリバイの治安悪そうな普通住宅に2万ペソも出すと言ったのに、家賃踏み倒しや、共同生活当たり前のフィリピン人と比べても、よっぽど嫌だったのだろう

2万ペソなんて家賃は、一家族ではなかなか払わないし(税込みで世帯収入月に10万ペソ近くは必要なので)、少人数でそんなカネ払えるなら、マカティのコンドに住むか、フィリピン人なら家を買うでしょう。ウォルターマートの斜め前の巨大コンドのべーコンのスタジオタイプでも、月に14,000ペソまで落ちてますし、部屋はかなり選べるようです

ベーコンは、建設当時から、誰がこんな高級感あるコンドに住めるんだろと思っていたが、私の部下が住めるようならしれてます。私も猫がいなければ、軽く入居できますが、今の収入が続くのならという前提ですから、固定費は上げたくないので、パスするでしょう。年金生活や固定収入があるなら良いが、現地採用やスモールビジネスの場合、雇用や収入の安定性に疑問符がつきますので、なるべく固定費は許せる最低限に抑えるべきです。現地採用なら月に10万ペソもらっていても、それが、たまたま今現在、雇用に恵まれただけなら、月に5千ペソのアパートがよろしいかもしれません。見栄なんて食えませんからね。なおベーコンは入居者は外国人が多いようです。

さて私がマニラに住んでるのは、生活のためです。セブは経験や技術のない日本人は、とことん買い叩かれてますし、ラグナやカビテの日系企業に、ツテもありません。日本語以外に取り柄もコネもない日本人に、簡単に職を提供してくれ無理すれば生活できる給与をくれるのは(稼ぎ的に日本人女性とはなかなか結婚できないが、経済力普通かそれ以下のフィリピン人女性には、お金の面でははねられません)、マニラのBPOぐらいでしょう

まあ、これは変わりつつあり、外資系のコールセンターなんかは、とにかくコストカットしたいので、人件費や地価も安い地方都市に、徐々にシフトしてきています。日本人の雇用も、かなり近い将来、もっとバラけるでしょう。

マニラは説明不要で、ストレスがたまり心休まることない街ですリラックスしたいと思えば、男ならよし来たベ○カフェとかあるが、まぁその場で羽目をはずしても、後味としては、面白くもない

南国セレブなら、やはりボラカイでしょうと、今回の年末も出かけたわけですボラカイの面白いところは、わざわざ年末の芋洗いの時期でなくとも、金曜のエアアジアの最終便でカリボに向かい、カリボで中級程度のホテルに泊まり土曜の朝にボラカイ到着土曜丸一日と、日曜夕方までリゾートしても、エアアジアのマニラ行き最終便に間に合うので、会社を休まずに遊びに行けますエアアジアの夜便は、とても安く買えることが多く、ポケットフレンドリーなので、これは美味しい私はバリ島の方が好きだが、バリ島には、そんなに気軽にはいけません

さて今回は行きは前回同様に、スカイジェットここはとんでもなく安いセールを、度々してくれます。今回は、年末という事もあり、外国人の乗客が多かったです。実は自業自得のトラブル発生二世のスクールIDをどこかで無くしたことに、空港で気付きました空港には2時間前に到着したが、これは焦りました。オロオロした後で、手段として、家に他のIDを取りに帰ろうとなります。家まで、タクシーを使いますが、年末のリベルタッドは、超渋滞で全く動かないので、トライシクルに乗り換えます。家で二世のパスポートをゲットして、タクシーでまたもドメスティック空港に戻ります。この往復を1時間以内にして、間に合ったかと思うが、チェックインカウンターがないし要するに、ギリギリアウトでしたスカイジェットの職員に、どうにかなりませんかと頼んだら、次はやらないようにと注意されたが、なんとか飛行機に乗れました二世と離れた席にされたが、ほぼ満席だったのでやむないのでしょう。

イメージ 1


カティクランの港も、多国籍の長蛇の列。年末はやっぱ違うなあ。中国人、白人に混じってというか、かなり日本人もいます。世界最高のビーチの名前は、ダテじゃないよなかつては秘境島であったそうだが、あまりに秘境だと、不便ですし、ボラカイはビーチも、風景も魅力的だと思います。飯はイマイチだが、これは仕方ない。フィリピンにも、秘境島で美しいビーチもあるが、ケソン州のどこそこで降りて、トライシクルに乗り継いで、そこでクーヤなんとかさんにテキストをしてバンカーの値段を交渉して、島にわたって、そこからリゾートまで徒歩1時間ですさすがにこれはハードル高いですまあ、ここまで来たらマニアの世界です。手頃、ハードル低いという点で、ボラカイは良いもう冒険旅行したい年齢でもないので、治安や安全性など気遣ってしまいます。

ボラカイ行きのバンカー。以前はなかったが、今回は乗船名簿を書かされます帰りは、多少揺れました。この透き通る海は、最高ですな

イメージ 2


目の前に見えるのが、ボラカイ島。

イメージ 3


こちらは、私達の泊まった1泊1,500ペソの安宿スーパーピークシーズンで、この宿泊代は、助かります。しかも4人まで泊まれます。ホワイトビーチは目の前、ミニマートは隣。しなかったが、ダイビングショップも隣という絶好の立地で、ステーション3からすぐにあります。まあ部屋はトイレと水シャワー以外に何もないが、寝に帰るだけですからね。

イメージ 4


ちなみに、ボラカイでも1つ失敗ATMで残高照会たまたま日本人の家族連れが私の後ろで、日本語で少し会話しました。それでホワイトビーチを歩いてたら、その家族連れと再会。あなたの名前は?と聞かれたので答えると、なんとまたATMのカードを機械の中に忘れてたようで、私に届けてくれましたこれは、ほんとに助かりました。これなかったら、マニラに帰れなかったところでしたもし並んでいたのが日本人で、たまたま会話してなければと思うと、ゾッとしますささやかでも、お礼がしたいので、もし万が一ご覧頂いていたら、コメントください

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事