ここから本文です
ネモトトラベルブログ −マニラ発 もっと楽しくなるフィリピン情報

Om Spa(イチオシ!)

いつもネモトトラベルをご覧いただきありがとうございます。
あけましておめでとうございます。
年末年始は日本でゆっくりと過ごしすぎて
ふっくらとしたtuntunです。


クリックのご協力をお願いいたします。
イメージ 15
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


日本でだらだら過ごしたせいで
体重がアップしてしましました・・・
その数字に衝撃を受け、
帰国してから毎日ジムで身体を動かしております。

そのご褒美として(←自分に甘すぎ)
私の一番のお気に入りのマッサージ屋さんに行ってきました。

Om Spa です!!!!
このお店は韓国人経営で、韓国人の芸能人も来店されてます。
客層もほとんどが韓国人!!
なので、毎回韓国語で話しかけられます・・・・(笑)
ツアーバンが停まってたのを見たことあるので
ツアーにも組まれているかもですので
予約が必要だと思われます。

マラテの薄暗い道にひっそりとあるOm Spa
Tuntunランキング(ホットストーンマッサージ部門)
No.1のお店です。(笑)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

入口はこんな感じです。
目印は青く光る看板です!!
入口の横にはちょっとしたテラス席が・・

イメージ 5

入るとすぐに受付があります。
こちらでメニューを決めることも可能ですが
予約の時点でメニューを聞かれることがあります。
もちろん受付でマッサージのメニューを見てから
決めることも可能です ^^

イメージ 6

受付の前には待合スペースがありました。
たまに飲み物サービスしてくれます。
こういった心遣いとてもいいですよね・・・


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9

いろんなメニューがある中
おすすめのメニューは、
LAVA STONE MASSAGE (use lavender oil)
90分のコースで800ペソ(+100ペソのチップ)
このクオリティでこの値段は安いと思います。

マッサージのお部屋は2階にあります。

イメージ 10

お部屋はすべて個室です。

薄暗いですがこんな感じになっております。

イメージ 11


イメージ 12

この衣類に着替えてセラピストを待ちます。

イメージ 13

セラピストは、お湯の入った桶をもってきますので
それで脚を洗ってくれます。
きれいになったぽかぽかの脚をタオルでぐるぐる巻きにされます。
これがまた気持ちがいいです??

そのあとは、オイルで脚から全身をマッサージしてくれます。
1時間弱ほどたったところで、他のセラピストがホットストーンを
届けに来てくれます。
ここがほかのお店と違うところ!
他のお店だと、自分のマッサージを担当している子が
席を外して取りに行ってしまうことが多いのですが
その間待たなければなりません。
ですが、OmSpaではそのようなことは起きません。

みっちりとマッサージをしてくれます。

背中から全身をホットストーンで暖めてくれます。
これが最高に気持ち良い!!!

肩こりがゴリゴリと石で押されて
少し痛いですがちょうどいい強さです。

最後に身体を拭いてくれて、終了です。



マッサージ後にはノニジュースをくれます。
初めて飲んだ時は、お・・・うん。って感じで
少し抵抗がありましたが、今はこれが楽しみっていうくらい
ノニジュースにはまってしまいました。
美味しいのにジュース知っている方いましたら
是非教えてください・・・・(^◇^)

イメージ 14





クリックのご協力をお願いいたします。
イメージ 15
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


イメージ 16
ネモトトラベルのホームページ




この記事に

開くトラックバック(0)

ディンタイフォン in BGC

いつもネモトトラベルブログをご覧いただきありがとうございます♪
pinacoです♪


今日は、世界中どこに行っても人気の
ディンタイフォンのボニファシオ店のレポートです!

イメージ 1


台湾に本店のある小籠包で有名なディンタイフォン♪

フィリピンでは、SMメガモールまで行かないといけませんでしたが
今は、ボニファシオハイストリートにもオープンしています♪

お昼時やお夕飯時になると、結構行列ができているのですが
店内は結構広いのと、意外と回転が早いのか

イメージ 2



行列から想像する程、待ち時間は長くありません。


イメージ 3


知らなかったんですが、ディンタイフォンて、
元々は小籠包のお店じゃなかったんですね!!
油問屋だったそうです。
油の売り上げが落ち込んだときに副業として始めた
食堂が始まりなんですって~!!!
きっかけって面白いですね!

食堂を始めて20年程で、ニューヨークタイムズの「世界の10大レストラン」
に選ばれて、それから知名度がぐんぐん上がったんだそうです!
その3年後に日本に海外初出店、世界中に店舗を増やして行ったそうです。

世界中、どこに行っても、ディンタイフォンは人気ですよね。

イメージ 4

小籠包、大好きなんです。。私。
自分でも作ってみたことあるんですが、
ディンタイフォンみたいに綺麗に作れませんでした笑。

イメージ 5

スタッフは、本場の点心師にレクチャーを受けているんでしょうか。
心底羨ましい。。笑

イメージ 6

どこの国で食べても、小籠包、みんな上手に手際よく包んでいて
関心して子供のように魅入ってしまいます。


18のヒダを入れるのがディンタイフォンの小籠包の特徴のようです。
1、2、3、4、、、リズムよく包んで行くのがコツなのかなぁ。
生地にも秘密があるのかもしれませんね!





ってつい小籠包に熱くなってしまうのですが、
小籠包考えた人、スゴイって思います。

特にディンタイフォンの小籠包は
皮が薄くて作るのも難しそうなのに綺麗に出来ていて。

まさに職人技っ!!

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 11


イメージ 9


イメージ 10

豚肉の小籠包の他にも色々な種類があって


イメージ 12

エビと瓜の入ったこちらの小籠包も人気があるようです。








ほんのり緑色が透ける程の皮に具材とスープが包まれています。


新しい感じ。

イメージ 13

コレはコレでちょっと変わり種で美味しいです♪
が、私はやっぱりポークが一番好きです♡

イメージ 14

席に着くと、オーダーしたものが出てくるまでの
前菜的なものを早速勧められます。

イメージ 15

今回、2種類持って来たので、コチラを選んでみました。

その名も、ディンタイフォンハウススペシャル(155ペソ)笑
茎わかめや春雨、もやしなどがナムルのように和えてあるもの。
美味しかったです♪

イメージ 16


イメージ 17

メニューから選んだ食べたいものを伝票に記入して
オーダーします♪

イメージ 18

中華の定番♪
空芯菜(155ペソ)

イメージ 19

酸辣湯 シングルサイズ(165ペソ)

辛いのとそうでないのと選べます。
辛いのにすると結構辛いですが
辛くないのにしてもコショウが結構効いていてスパイシーです

イメージ 20

ポークチョップのせチャーハン(290ペソ)

チャーハンはお店で食べるに限る!笑
このパラパラ感はなかなか出来なくて。。

イメージ 21

エビチリ(365ペソ)

イメージ 22

今なら台湾旅行当たるかも?!キャンペーン中!笑
1000ペソで1回のチャンスです♪
(1月31日までにボックスに投函した人が対象)


このお店の唯一あまり好きでなかった点は。。
お水が美味しくない。

だからか、ウーロン茶を頼んでみたことがあるのですが
それも美味しくなくて。。

今回は、お水とローズアイスティを♪

世界中で愛されているディンタイフォンですが、
小籠包は特に、国によって味が違って、

イメージ 23

やっぱり本場台湾が美味しいと思うのですが、

台湾人のお友達曰く
シンガポールよりはマニラの方が美味しい!
とのこと笑。

私的には、ポーク小籠包のない
インドネシアよりもマニラの方が美味しい!笑

マニラは世界の中でも意外とクオリティが高いのかも♪♪

みなさんは、どう思いますか笑?


クリックのご協力をお願い致します
イメージ 24
にほんブログ村 海外生活ブログフィリピン情報へ


イメージ 25
ネモトトラベルのホームページ



この記事に

開くトラックバック(0)

いつもネモトトラベルブログをご覧いただきありがとうございます♪
pinacoです♪


クリックのご協力をお願い致します
イメージ 26
にほんブログ村 海外生活ブログフィリピン情報へ


年越しブログでしたのに、
肝心の年越しそのもののことを書いていませんでした!

ホテルの年越しパーティに参加したので、

イメージ 1

その際の様子を少しお伝えして、このシリーズは終了です!

日本はクリスマスが過ぎれば一気にお正月モードへと
全てが一夜にして変わりますが、
ココはフィリピン。。

イメージ 2

クリスマスを過ぎてももちろんまだクリスマスを引きずっています♪♪

大きなクリスマスツリーが堂々と飾られていました。

イメージ 3

サンタクロースだっていました♪

まさかのサンタ遅刻!?

イメージ 4

ライブも行われました。

イメージ 5

カウントダウンが、スクリーンに映し出されて

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

ホテル内に4つあるレストランのうちの1つで

イメージ 13

ブッフェ形式のお食事を楽しみ(写真以外にももっと多くの食事がありました)

イメージ 14

踊ったり


カウントダウンと同時に、花火があがったり。。

盛り上がっていました。


花火は至る所でたくさんあがっていてとても綺麗でした☆☆
でも、このホテルの花火は。。
ちょっと残念な感じの花火で。。


待ち望んでいたみなさん、え??これがその花火?
と拍子抜けな感じでした。私も同感でした。

しかも、ゴルフ場の芝の上であげるって。。
危険じゃないの。。?!笑


ディナーブッフェ、ライブ、ささやかな?花火などがセットで
1人1800ペソ。

手軽に年越し気分を味わえるという意味では悪くはないですが、
個人的にはイマイチかなぁという印象。

ホテル?Dmallのシャトルバスが21時くらいで終了してしまうので
今回ホテルで過ごすことにしたのですが、
ホワイトビーチに行った方が、もっとワクワクするような
盛り上がりを感じられたかもな?と思いました。

イメージ 15


イメージ 16

ちなみにFairways and Bluewater Newcoast Boracayには4つの
レストランが点在しているのですが、3泊中、お昼か夜に

イメージ 17

それぞれ利用しましたが、どこもまぁまぁな感じでした。

イメージ 18

LAGUNA CAFEはアジアン&イタリアン。

すごーく美味しい♡♡わけではないですが、

イメージ 19

ちょこっと食べる分には。。フツウに食べられます♪笑


4時〜7時はハッピーアワーだったりして特定のドリンクが
通常の1杯分以下の値段で2杯飲めたり♪


イメージ 20

VENTANA

イメージ 21

ここのカフェは、私たちは朝食の際にも利用していたのですが

こちらもハッピーアワーをしていたので、マンゴー尽くし♡
マンゴーダイキリ&マンゴージュース&マンゴーケーキ♡


とかで楽しんでみたり笑
イメージ 22

イメージ 23

ゴルフのクラブハウス近くには、ゴルフコースを臨めるカフェも。

イメージ 24

ピザとかパスタとかドリンクがありました。

イメージ 25

お願いすれば、特別テーブルのセッティングもしてもらえるようでした?

選択肢が多いと楽しみ方がいろいろあっていいですね♪



最後に、このホテルについて。

トリップアドバイザーの口コミなどに書いてある良い点も悪い点も
それなりに納得できる感じでした。超一流ホテルのようにパーフェクトではないですが
スタッフの根本的な質は悪くなく、リクエストすればなんでも比較的早急に
対応してくれました。いつも笑顔でフレンドリーに接してくれるスタッフたちに
気分が悪くなったことはありませんでしたし、むしろ、
ちょっとしたことに腹を立てて、横柄な態度をとっている観光客の方が
見ていて気分が悪かったです。。
プライベートビーチやプール、スパやアクティビティなど、
素敵な部分が至らない点を補填できるかな♪

総体的にみて、コスパは良いのかなと思いました。

グループ旅行やお友達同士の旅行などには、とても向いていると思います!

あくまで個人的な感想ですが。




さてさて、8回にも渡ってしまいだーーーいぶ長かったですが、
ボラカイブログ、最後まで読んでくださってありがとうございました!

ボラカイ島旅行の何かしらの参考になれば良いなと思います♪

今年1年も皆様にとって素敵な1年になりますように?
Happy New Year!!!


クリックのご協力をお願い致します
イメージ 26
にほんブログ村 海外生活ブログフィリピン情報へ



イメージ 27
ネモトトラベルのホームページ




この記事に

開くトラックバック(0)

いつもネモトトラベルブログをご覧いただきありがとうございます♪
 pinacoです♪


イメージ 39
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


ようやくボラカイブログが終盤に。。
お付き合いくださってありがとうございます♡

今回はボラカイ島で体験したアクティビティをご紹介したいと思います♪

宿泊したFairways and Bluewater Newcoast Boracayでは
色々なアクティビティを楽しむことができました。

このホテルでなくても、アクティビティは色々なところで
申し込むことができると思いますので
内容の参考になればと思います♪


まずは、フィリピン人日本人両方のお友達におすすめされた
「アイランドホッピング」!!


イメージ 1

しかし、残念ながらこの日は、朝から大雨。。
事前に申し込みしていたのですが、予約時間の15時には雨は止んでいて
行ける場所は限られるかもしれないけれど、決行♪
とのことでしたので、行ってきました!


ホテルに、アクティビティ担当のような人(フィリピン人)が来て
ホテルからビーチまで電動トライシクルに乗せられ移動しました。

イメージ 2

ビーチに着くと、今度はボート担当(もちろんフィリピン人)に引き継がれ
そのアクティビティ担当のような人は消えて行きました。。

イメージ 3

正直、え。。こんな舟に乗るんだ?
という舟でした。

イカダと行った方が正しいかも笑?
いや、イカダではないんですが、イメージ的には
ボートとイカダの中間くらいの。。

沈むことはないんでしょうが、ポンポンポンポン。。と
エンジンの音がものすごい音で、
まぁ大きな波が来たらびしょ濡れになること間違い無しというか。。
木と竹で出来た舟でした笑。

イメージ 4

通常は、4?5つのビーチや島へ行くようでしたが
天候がイマイチで波が少々高かったりしたため
この日は、1つの島にだけ上陸することができました。



ボラカイを出た時はそこそこの青空でしたが、進むにつれ
波が高くなり、途中雨に降られたりで、気付いたら結構ビショビショ。

事前になんの案内も無く、私自身も何もリサーチしていなかったので

イメージ 5

私はショートパンツにTシャツ、ビーチサンダルでしたが
夫に至っては、ジーパンにTシャツ、運動靴。。笑

アイランドホッピングの内容には、シュノーケリングも含まれていました。。


アイランドホッピングは、水着&ビーチサンダル、タオル持参で!!
え??常識?!笑?!

天気が悪かったので、まぁ仕方が無いか、と割り切れたものの
天気が良かったら、そうはいかなかったと思うと。。
天候悪くて良かったような。。複雑な気分でした。

イメージ 6

ガイドブックでは違う名前で書いてあったのですが
ガイドさん?は「ココナッツアイランド」と行っていた島。

ココへは、波が高くて行けませんでした。

イメージ 7

そして、その近くの、クリスタルケーヴへ上陸。
入場料が別途かかります(200ペソだったかな?)

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

よく分からないオブジェたちを通り過ぎると、
「ケーヴはこちら」の標識が。

イメージ 13

進んで行くと、海が少し荒れていたのもあってかゴーゴー風がうなっていて。

イメージ 14

綱を掴みながら階段を下に降りて行くと、洞窟にバッシャーン!!と

すごい勢いで波が。。ちょっと怖かった〜〜!!

イメージ 15


イメージ 16

この写真じゃ全然伝わって無いと思いますが笑。。
自然は敵にしてはいけない。。と思うくらいの迫力でした。

イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19

イメージ 20


イメージ 21

のクリスタルケーヴには2つのケーヴがあって、
もう1つは少し行くのが大変でした。

イメージ 22

びしょ濡れの笑、セキュリティガードのようなお兄ちゃんが、
手助けしてくれました。



この小さな穴をくぐって向こう側へ。。


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25

この中へ大量の水が入って来たら。。って思うと怖いですが
多分ソレは大丈夫で、足下には水が溜まっていますが

イメージ 26

壁を伝いながら向こう側へ行きました。

イメージ 27

出たところにも波がバッシャーン!!

イメージ 28

無事に帰ってこられました♪

イメージ 29


イメージ 30

隣の島では、海へのジャンプをしていました。

水着だったらやってみたかったけど。。
水着でなかったのでできませんでした。





Fairways and Bluewater の残念なところを挙げるとすると
「夕陽が見られない」ところ。

サンライズの方角なので、サンセットが見られないんです。

シュノーケリングもジャンプもできなかった私たちは
2時間半の島巡りの時間をもてあましたので
天気はイマイチでしたが、シャングリラの方まで行ってみることに。


本当は、プカビーチに行ければ良かったのですが、悪天候により
立ち入り禁止になってしまっていて行けなかったので
シャングリラ前まで。

イメージ 31

イマイチな感じでしたが、ボラカイ島の周りを3分の2くらい?回れて
それはそれで楽しかったです♪

イメージ 32

それはそれで楽しかったです♪

イメージ 33


イメージ 34


行きは電動のトライシクルでしたが、
帰りはフツウのトライシクルに!

念願の乗り物に乗れて、ちょっと嬉しかったです笑♪

アイランドホッピング、結構楽しめました!
今度行く機会があれば、今度は
「晴れた日」に「水着」でトライしたいです♪♪


あ、ちなみに、今回のアイランドホッピングは
2人で2500ペソでした!

イメージ 35

他には、ホテル内でセグウェイ(30分)にも初挑戦♪

イメージ 36


イメージ 37

初めてでもちょっと練習すれば慣れて楽しめました♪

イメージ 38


乗馬を楽しんでいる人もいました♪
 
ジップラインも楽しそうでした!!
 
敷地が広いので、ホテル内だけでも色々なアクティビティが楽しめて
良かったです♪
 
 
 
ビーチやプールでまったり過ごすのも良いですが
ちょっとこういうアクティビティを旅程に取り入れるのも
エキサイティングでいいな♪と思いました!
 
 
 
海だと、バナナボートとかフライフィッシュ、
パラセイリングなども、どれも楽しそうでした!!

イメージ 39
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


イメージ 40
ネモトトラベルのホームページ



この記事に

開くトラックバック(0)

いつもネモトトラベルブログをご覧いただきありがとうございます♪
pinacoです♪


クリックのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ



Fairways and Bluewater Newcoast Boracayは


ビーチにあるスパ「Maris Spa」が人気のようです。

以前にお伝えしたBluewater Spaは予約なしでも大丈夫そうでしたが、
Maris Spaは予約をお勧めします。

繁忙期は特に、事前予約必須です!!


ロケーションがよく雰囲気があって素敵なスパです♡♡


施術ルームがそれぞれ別棟になっていて


プライベート感満載です!!




Maris Spaのメニューは2コースのみ。
2時間半のコースでスクラブあり($70もしくは3430ペソ)か
スクラブ無し($60もしくは2950ペソ)です。

こちらのスパの注意点は、カード支払いができないこと。
現金のみです。
何組か、現金の持ち合わせがなくてキャンセルされていくお客様を
見ました。。事前連絡なかったのかな。可哀想に。。




こちらが事務所兼受付になっていて、予約すると






「予約時間の10分前に来てください」と案内されます。
マッサージオイルとスクラブを選べます。




マッサージオイルは、グリーンティ・イランイラン・プラセンタ・
ラベンダーの4種。

スクラブは、コーヒー・海藻・ココナッツ・ストロベリー&抹茶
の4種です。


私は、プラセンタオイルと、ココナッツのスクラブを選びました♪


選ぶと、スタッフがコテージ風のお部屋へ案内してくれます♪


わくわく♡♡

中にはベッドと、その奥にジャグジー




そして、その奥の窓からはビーチが!!!


写真があまり上手に撮れていなくてガッカリなんですが!
テンションあがる感じですっ!!
あまり伝わらなかったらごめんなさい笑!






用意されていたショーツは、正直、え?コレ履くの?!
という感じではありましたが、

中にあるシャワールームでシャワーを浴びて




ジャグジーでしばらくリラックス♡♡
1人テンションあがって、プルメリアで遊んでしまいました?








お部屋にオイルとスクラブの説明書きがありました。


韓国人経営のスパとのことで、
英語、中国語、韓国語はあったけど、日本語はありませんでした。。


まぁ、このホテル自体、日本人の宿泊客が少ないので
仕方ないか。。



ホテルのお客様には、韓国人、西洋人が多かったです。
ジャグジー(20分くらい)が終わると、
セラピストがノニジュースを持って来てくれました。




ソレを飲んだら、スタートです♪

まず、スクラブで全身をマッサージ。
その後、麻布のような布にくるまれてしばらく放置。
そして、シャワーを浴びるように言われます。

シャワーを浴びたら、今度は、オイルマッサージです。
背面から始まり、前面も。
温かい湯たんぽのようなものも使っていました。

フェイシャルもあります♪

プラセンタクリームで仕上げていただき
かなり満足な感じで終了。


最後は、シャワーは浴びないでね、と言われます。


そして、ノニティがサーブされました。


少々お値段お高めですが、2時間半の内容等を考えると

利用する価値は十分あるのではないかと思いました!


終わって部屋から出た後は、清々しく



気分はサイコーでした♡♡

Fairways and Bluewater に宿泊の際は、是非♪♪






現金握りしめて行ってください?笑

ビーチを臨むスパで癒しのひと時が味わえます♡♡


クリックのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


ネモトトラベルのホームページ


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事