ネットジャーナリスト新聞 世の中の騙しに騙されてはいけない!!

安倍晋三の保守・右翼は売国を隠すためのアクセサリー どこまで日本国民を苦しめるの? 戦争法案反対!

全体表示

[ リスト ]

埋め込み画像への固定リンク
「週刊文春」2007年03月22日号「"「従軍慰安婦」を米紙に "広報した" 安倍政権宣伝マン"」 

 従軍慰安婦問題で安倍首相への批判が世界に広がっている。ニューヨーク・タイムズが社説(三月六日付)で 
「アベは謝罪すべきだ」と非難し、八日には一面で「Sex Slaves(性の奴隷)」と刺激的な見出しで慰安婦の証言を掲載。 
クリックすると新しいウィンドウで開きます
全米のマスコミから世界に飛び火し、外務省が火消しに追われている。 
 それにしてもなぜ今従軍慰安婦が米マスコミで大きく取り上げられるのか。 
実は火付け役がいる。安倍首相の広報担当補佐官、世耕弘成氏だ。 
(中略) 
クリックすると新しいウィンドウで開きます
<統一教会の票で当選>
「慰安婦問題は下院で何度も提案されている人権問題のひとつにすぎず、誰も関心がなかった。 
それをわざわざ首相補佐官が各マスコミをまわるものだから、寝た子を起こしたのです。 
そもそも法的拘束力のない決議案なので放っておけばよかったんです」 
<日本国民に絶対に俺たちの秘密(破壊工作)を知らせてはいけない!>

 帰国後、世耕氏は安倍首相に「トータルで六十人に会いました」と報告。 
しかし、説得すべき議員には一人も会わなかったことはひた隠し。最近は記者たちに、 
「訪米中、慰安婦の問題は一切話してない」とウソをついている。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
世耕副長官「問題ない」 山谷氏と在特会元幹部写真
山谷氏と在特会は20年も付き合ってるのに問題ないんですかね。。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
安倍晋三と在特会の関西支部長のツーショット写真がネットで出回っている。だいぶ前に(新大久保での騒動の頃に)ブログの記事で書いたよね。安倍晋三は桜井誠とも懇意の私的関係であるはずだと。桜井誠とも昵懇だろうし、大川隆法とも昵懇の仲だろう。だって同志だもん。イデオロギーが同じ同志。
安倍晋三が退陣した2007年から、再び総裁選に出た2012年まで、この5年間の安倍晋三の動静を詳しく洗えばいい。それこそ、朝日の特報部が本来やらなくてはいけなかった仕事で、スクープの宝の山だった対象だ。いっぱい出てくると思うよ。安倍晋三、もう復活は無理だと誰もが思っていたし。
安倍晋三が退陣した2007年から、世論はぐっとリベラル寄りになる。福田政権に変わってハト派の勢いが増し、小泉構造改革と新自由主義が叩かれる時代の空気になった。その空気感のまま政権交代となる。鳩山政権。右翼にとって臥薪嘗胆の時代だった。このとき、安倍晋三の周囲で何が起きていたか。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事