ここから本文です

書庫全体表示

学校で馬鹿になる話

漫画『日本人の知らない日本語2』(作:蛇蔵&海野凪子)には、次のような話が出てくる。


 日本の学校に子供を通わせる外国人のお母さんたちが共通して驚くこと
 ━━ それは

  子供の描く太陽が赤い!!


イメージ 1



日本では「太陽といえば赤」が普通だけれど、
日本以外の多くの国では、夕日でもない限り、
昼間の太陽は黄色や白か、金色などで描くという国がほとんど。
「赤」派は非常に少数派ということなのだ。

じつを言うと、私も子供の頃、太陽は黄色で描いていた。
自分で空にある太陽を見て、そう見えたので、当然のように黄色で描いていて、赤で描こうなどとは全く思わなかった。
(もちろん今描くとしても黄色だ)


私の場合、確かに「太陽は赤」で描くのが当たり前みたいなことを指摘された記憶はあるけど、あまりしつこく言われたり、まして描き直すように強制されたことはないのだが、
ネットでちょっと調べてみると、いわゆる帰国子女の人が日本の幼稚園で
「ここは日本だから赤で描きましょうね」
と先生から言われた話があったりして、
学校でも、生徒も教師も「赤」で描くのが当然と考えていて、それに何の疑問も持っていないような場合が多いようだ。

なかには、逆に教師が「太陽は赤くないだろ」と言って赤で書くことを禁止し、それ以来誰も太陽を描かなくなったというウソのような話もあった。


まぁ太陽の色に関しては、みんな小さい時分から世間一般の「常識」というものを子供は子供なりに身につけているということだと思う。

「太陽の色」みたいなことだけでなく、人間関係や身だしなみについても、そういう常識があったと思う。私は小学校に上がった時に、皆が当たり前のように身につけている、そういった「常識」が気味悪く感じられたことを、なんとなく今でも覚えている。まぁいろいろとあった。いま言わないけどね。

もちろんまわりから見れば、こんな「世間ずれ」した私のことは気持ち悪かっただろうと思う。


でも、もっと問題なのは教師の態度だと思う。
学校、それも学年が低ければ低いほど、教師の権力は絶大なものだ。
それなのに、いいかげんな「信念」で生徒たちの考えを縛ったり、不当に行動を制限したり何かを強制したりするのはひどいと思う。


世代や地域で違いはあるかもしれないが、私が小学生の頃はひどかった。

給食を全部食べ終わるまで、休み時間も午後の授業が始まっても食べさせ続ける。
というか、そういう場合は大抵食べるのが遅いのではなく、どうしても食べられないもの(たとえばチーズとかコンニャクとか)があって、その特別なモノが食べられなくてずっと困っているのに、まわりが放置して晒し者にするのだ。
これって大変なことだよね。

あと、だいたい父兄から信頼の厚い「いい先生」ほどひどいことをしていたように思う。
登校拒否ぎみの生徒のことを皆の前で「○○さんは欠席が多いので、本当は上(の学年)にあがれないんですが、私がお願いして上がれるようにしてもらいました」とか言ったり、「今日○○さんは歯が痛くて欠席するそうです」と言って笑いものにしたり、そういうことを平気でしていた。

給食のことも含めて、そんなことをしている人間が何の制裁も受けずに教師を続けていられたことが、今考えると腹立たしくて仕方がない。


子供の頃の私の見立てでは、小学校の先生というのは、要はただのおじさんやおばさんが資格を取っただけの、ただの俗物だった(俗物と言う言葉は知らなかったけどね)。
子供たちをうまくあしらって、自分の仕事をさっさと済ませることだけ考えている普通の大人だ。


たぶん今の小学校もたいして変わってないと思う。
モンスター・ペアレントがどうとか言われているけど、少なくとも昔の教師は大抵モンスター・ティーチャーだった。


最近テレビなどで、学校でケンカした子供を仲直りさせる時に、
教師が「ごめんね」と「いいよ」というセリフを明らかに無理やり言わせているような場面を平気で映していることがあるけど、
あれは映している人も放送に流すことを許可している人も何とも思わないのか。正気なのか。
あんなことしてたら心歪むよ。


「しんどい」と言ったら「みんなしんどいんだから頑張りなさい」と言うのもおかしいけど、それが教師の使う常套句であり、学校の常識だ。
(よく似ているのが、医療関係者が使う「もっとひどい症状の人もいるのだから、それくらいなんともないでしょう」みたいな言葉)


学校なんか行ってたらみんな馬鹿になるよ。
ホントにそう思う。

あ、それから、道徳教育でいじめはなくならないよ。
馬鹿じゃん。


全然まとまってないけど今日はこれくらいで。
太陽の色の話はどっか行っちゃったけど。

ほなね。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事