混沌

ようこそ虚構と現実の世界へ

イメージ 1

日本は世界一の原子力密集地帯であり、建設予定を含めた大規模な原子力発電所群は、青森、静岡、福井、新潟、福島にある。
合計定格出力は、それぞれ6600メガワット、6100メガワット、14400メガワット、9000メガワット、13000メガワットである。
この様な原子力発電所群が地震やテロで壊滅した場合、放射能汚染でアジアの風下地域が永久立退き対象になる。

放射線は、私たちの身体の細胞を構成する原子や分子を電離することによって危害を与える。
この電離の影響が何時間後、あるいは何年後に現れるのかは、通常その被爆量によって決まってくる。
私たちが少量の放射線を繰り返し浴び続けても、その長期的な生物学的影響(癌、白血病、遺伝障害)は、一度に多量の放射線を浴びた時と同じように現れてくる。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ヨウ素131が人体へ及ぼす影響
ベータ線による甲状腺被曝が大きな問題となる。半減期は8日。
1万ベクレルを飲み込んだ時の内部被曝線量は220マイクロシーベルトになる。
1メートルの距離に100万ベクレルの線源があると、ガンマ線によって毎時0.06マイクロシーベルトの外部被曝を受ける。
チェルノブイリ原発事故では、30京ベクレルのヨウ素131が放出され、被曝者の甲状腺癌が多発した。

セシウム137が人体へ及ぼす影響
ガンマ線による被曝が問題となる。半減期は30年。
1万ベクレルを飲み込んだ時の内部被曝線量は130マイクロシーベルトになる。
1メートルの距離に100万ベクレルの線源があると、ガンマ線によって毎時0.1マイクロシ−ベルトの外部被曝を受ける。
チェルノブイリ原発事故では、広い地域が1平方メートルあたり50万ベクレル以上のセシウム137で汚染された。
そのような場所では、セシウム137のみから1年間に1000マイクロシーベルト以上の外部被曝を受ける。
事故直後は、多量の内部被曝により年間10000マイクロシーベルトをはるかに超える線量を受けていた。

ストロンチウム90が人体へ及ぼす影響
ベータ線による被曝が問題となる。半減期は29年。
1万ベクレルのストロンチウム90を飲み込んだ時の実効線量は280マイクロシーベルトになり、1万ベクレルのストロンチウム89を飲み込んだ時は26マイクロシーベルトになる。
二つの場合で線量が約10倍違うが、その原因はベータ線エネルギーと半減期の差による。
皮膚表面の1cm2に100万ベクレルが付着した時には、その近くで1日に100000マイクロシーベルト以上の被曝を受けると推定される。

プルトニウム239が人体へ及ぼす影響
アルファ線による内部被曝が問題となる。半減期は2万4000年。
1万ベクレルを吸入した時の内部被曝線量は83000マイクロシーベルト、飲み込んだ時の内部被曝線量は90マイクロシーベルトになる。
その差は大きいが、原因の一つは飲み込んだ時は体内に吸収されにくく、吸入した時は肺などに長く留まることにある。
体内に取り込まれた時の生物学的半減期は、骨で50年、肝臓で20年、生殖腺ではさらに長いと考えられている。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本では、年間5000マイクロシーベルトの被曝を超える原発労働者には、白血病労災を認定している。
毎時2マイクロシーベルトの場所に24時間留まると、累積で528マイクロシーベルト被曝する(外部被曝48+内部被曝480)
ここに1ヶ月留まると、胃のレントゲン撮影26回分を被曝することになる。

ベクレルからシーベルトに換算する方法

200ベクレル/kgの放射性セシウム137が検出された飲料水を1kg飲んだ場合の幼児の将来への影響は、
200ベクレル×0.13(*) = 26マイクロシーベルト

300ベクレル/kgの放射性ヨウ素131が検出された飲料水を1kg飲んだ場合の幼児の将来への影響は、
300ベクレル×0.22(*) = 66マイクロシーベルト

200ベクレル/kgの放射性セシウム137が検出された飲料水を1年間に250kgずつ3歳から4年間飲んだ場合の幼児の将来への影響は、
200ベクレル×0.13×250×4 = 26000マイクロシーベルト

300ベクレル/kgの放射性ヨウ素131が検出された飲料水を1年間に250kgずつ3歳から4年間飲んだ場合の幼児の将来への影響は、
300ベクレル×0.22×250×4 = 66000マイクロシーベルト

* 実効線量係数(経口):放射能の単位であるベクレルから生態影響の単位であるシーベルトに換算する係数。
核種、化学形、摂取経路、年齢により規定される。

セシウム137の変換係数(マイクロシーベルト/ベクレル)は、胎児で3.2、0歳で0.32、1〜14歳で0.13、15〜大人で0.065。
ヨウ素131の変換係数(マイクロシーベルト/ベクレル)は、胎児で5.5、0歳で0.55、1〜14歳で0.22、15〜大人で0.11。
......欧州放射線リスク委員会(ECRR)の勧告から引用

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

WHOが定めた水道水の放射線基準値は
 ヨウ素(I-131)    10(ベクレル/L)
 セシウム(Cs-137)  10(ベクレル/L)

コーデックスが公表している国際貿易上の食品の放射線基準値は
・ヨウ素(I-131)     100(ベクレル/kg)

公衆に対する放射線量の限度(ICRP)
年間1000マイクロシーベルト.........国際放射線防護委員会の勧告(ICRP Publication 26,1977)による

*自然界から受ける放射線を除く


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


チェルノブイリ事故後の周辺地域の避難基準
年間1ミリシーベルトを超える地域の住民には、移住権利が発生する。
年間5ミリシーベルトを超える地域の住民には、移住義務が発生する。

この記事に

開く コメント(48)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

原子力発電所は、数多くの実証されていない理論上の原理に頼って運転されている。
ある種の安全装置は、コンピュータモデルによる脆弱な試験結果に基づいてつくられている。
また多くの構成要素は放射線にもろい材質から作られているため、腐食が起こって亀裂が生じ、冷却水漏れが発生する。

放射能が強すぎて修理が困難な破損箇所に対して、原子力産業は、必要な修理の一部を省略するという手法を作り出した。
コンピュータ上の計算によって、配管やその他の部品は不必要だという結論を導くのである。
このような操作を技術者たちはフィックスと呼んでいる。

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

1986年の深夜、チェルノブイリ原子力発電所4号炉が爆発した。
定格出力:1000メガワット、永久立退き面積:1万平方キロ、経済損失:60兆円。

原子力発電所の弱点は、使用中または使用済み核燃料を冷やし続けなければならない事である。
原子炉または貯蔵プールの冷却機能が停止すると、炉心溶融(メルトダウン)を引き起こす可能性がある。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

官僚の系譜3

イメージ 1

◎内務系官僚出身の歴代公選知事
 愛知県:青柳 秀夫、桑原 幹根、仲谷義明、鈴木礼治
 秋田県:佐々木喜久治
 石川県:中西陽一、谷本正憲
 茨城県:友末洋治、竹内藤男、橋本昌
 岩手県:阿部千一、増田寛也、達増拓也
 愛媛県:青木重臣
 大分県:細田徳寿、平松守彦、広瀬勝貞
 大阪府:赤間文三、岸昌、中川和雄、木村良樹、太田房江
 岡山県:西岡広吉、加藤武徳、長野士郎、石井正弘
 沖縄県:西銘順治、仲井眞弘多
 香川県:増原惠吉、金子正則、
 鹿児島県:重成格、寺園勝志、金丸三郎、鎌田要人、土屋佳照、伊藤祐一郎
 神奈川県:内山岩太郎
 岐阜県:梶原拓、古田肇
 京都府:木村惇、荒巻禎一、山田啓二
 群馬県:北野重雄、伊能芳雄、神田坤六、小寺弘之
 佐賀県:沖森源一、古川康
 滋賀県:武村正義
 静岡県:小林武治、斎藤寿夫、石川嘉延
 島根県:原夫次郎、澄田信義
 千葉県:友納武人、川上紀一
 東京都:安井誠一郎、鈴木俊一
 徳島県:圓藤寿穂、飯泉嘉門
 鳥取県:石破二朗、平林鴻三、片山善博、平井伸治
 富山県:高辻武邦、石井隆一
 長崎県:高田勇
 長野県:吉村午良、村井仁
 奈良県:野村万作、奥田良三、柿本善也、荒井正吾
 新潟県:金子清、泉田裕彦
 兵庫県:岸田幸雄、金井元彦、坂井時忠、貝原俊民、井戸敏三
 広島県:楠瀬常猪、永野嚴雄、宮澤弘、竹下虎之助
 福井県:小幡治和、羽根盛一、北栄造、栗田幸雄、西川一誠
 福岡県:土屋香鹿、亀井光、麻生渡
 福島県:石原幹市郎
 北海道:町村金五、高橋はるみ
 宮城県:三浦義男、高橋進太郎、山本壮一郎、浅野 史郎
 宮崎県:安中忠雄、二見甚郷
 山口県:田中龍夫、小澤太郎、橋本正之、平井龍、二井関成
 山梨県:吉江勝保、横内正明
 和歌山県:木村良樹、仁坂吉伸

◎内務系官僚出身者の再就職率:95%
 民間企業:+500人/年
 特殊法人:+400人/年

◎内務系官僚出身の歴代閣僚
 内閣総理大臣:幣原喜重郎、吉田茂、芦田均、岸信介、中曽根康弘
 外務大臣:重光葵、岡崎勝男、椎名悦三郎、大来佐武郎、木村俊夫、川口順子、町村信孝
 大蔵大臣:下条康麿、矢野庄太郎、林義郎、武村正義、尾身幸次
 法務大臣:石井光次郎、牧野良三、小原直、郡祐一、古井喜実、奥野誠亮、秦野章、長尾立子、住栄作、瀬戸山三男、後藤田正晴、松浦功、高辻正己、小林武治、田原隆、保岡興治、森山眞弓、野沢太三、長勢甚遠
 文部大臣:前田多門、下条康麿、大達茂雄、灘尾弘吉、荒木万寿夫、赤松良子
 通産大臣:佐々木義武、熊谷弘
 農林大臣:田子一民、周東英雄
 建設大臣:益谷秀次、戸塚九一郎、西村英一、小沢辰男、亀井静香
 運輸大臣:吉野信次、大橋武夫、森山欽司、新谷寅三郎、木村睦男、細田吉蔵
 郵政大臣:小金義照、平林鴻三、古池信三、福田篤泰、大西正男、神崎武法、片山虎之助
 厚生大臣:鶴見祐輔、神田博、塩見俊二、吉武恵市、斎藤邦吉
 労働大臣:増田甲子七、牧野隆守、岡野裕
 自治大臣:川島正次郎、(渋谷直蔵、山崎巌、早川崇、古屋亨、山本幸雄、石破二朗、村田敬次郎)
 国家公安委員長:正力松太郎、大麻唯男、大久保留次郎、村井仁、泉信也、渋谷直蔵、山崎巌、早川崇、古屋亨、山本幸雄、石破二朗、村田敬次郎
 防衛庁長官:大村清一、杉原荒太、砂田重政、船田中、藤枝泉介、小瀧彬、西村直己、増原惠吉、有田喜一、大村襄治、加藤紘一、野呂田芳成
 科学技術庁長官:足立篤郎、宇田耕一、長田裕二、前田佳都男
 環境庁長官:大木浩
 経済企画庁長官:久保田真苗、堺屋太一
 行政管理庁長官:金井元彦
 宮内庁長官:藤森昭一
 北海道開発庁長官:鹿島守之助、伊江朝雄
 内閣法制局長官:吉國一郎、味村治、秋山収
 内閣官房長官:(増田甲子七、岡崎勝男、椎名悦三郎、木村俊夫、後藤田正晴、森山眞弓、武村正義、加藤紘一、熊谷弘、町村信孝)、細田博之

◎内務系官僚出身の歴代国会議長
 衆議院議長:幣原喜重郎、益谷秀次、船田中、石井光次郎、灘尾弘吉
 参議院議長:松平恒雄、佐藤尚武、河井彌八、木村睦男、土屋義彦、長田裕二、原文兵衛、木村睦男、江田五月

◎内務系官僚出身の歴代最高裁判所判事
 沢田竹治郎、栗山茂、齋藤悠輔、小林俊三、入江敏郎、池田克、奥野健一、齋藤朔太郎、草鹿浅之介、長部謹吾、岡原昌男、下田武三、天野武一、高辻正己、藤崎萬里、横井大三、鹽野宜慶、角田禮次郎、長島敦、高島益郎、藤島昭、大堀誠一、中島敏次郎、味村治、根岸重治、高橋久子、井嶋一友、福田博、大出峻郎、亀山継夫、横尾和子

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

官僚の系譜2

イメージ 1

「逆コースの最たるもの」との折紙をつけられながら、いま着々と名称を内務省と変えながらその準備は強引におし進められている。
右手に警察をもち、左手に防衛軍を握る時代もそう遠いことではない。

◎内務省復活を待望
 内務省の復活を最も強く待望しているのは自治庁である。

 内務省解体で総理庁の一課に過ぎない自治課に圧縮されてしまった地方局は、曲りなりにも国警本部という体裁をとれた警保局に比べても惨めなものだった。

 地方財政委員会、選挙管理委員会という行政委員会が時勢に押されて次第に後退していくにつれて、自治課も徐々に大きくなり、選任大臣を持つ自治庁にまで発展した。

 ここまでのし上がってくれば、次に狙うのは知事官選、内務省の復活が当然日程に上がる。

◎戦前派で占める警察庁
 占領軍が日本に進駐を開始してきた騒然たる情勢のなかで、時の内務大臣山崎巌は「治安維持法は勿論、治安警察法を廃止する考えは全くない」と言明した。

 しかし、特高警察の廃止など一連の総司令部の指令に驚いた内務省は、地方制度、警察制度の改正は必至と考えるように変わり、先手を打って自主的な改革で新しい情勢に対応しようとしたが、すべての警察改革草案は、憲法草案と同様、一顧もされず、総司令部の勧告、指令に基いて青写真通りの新警察法が誕生した。

 旧警保局官僚は、新警察法の公布と同時に、いかに新警察法を改正するかの研究に没頭した。
 その後、講和発行とともに、警察法の改正は公然とさけばれ、遂には乱闘国会という未曾有の混乱ののち成立した。
 その改正は、自治体警察の思想は抹殺され、国家警察一本を狙ったものであり、警察官僚は見事に失地回復を成し遂げたのである。

◎地方行政を牛耳る人びと
 明治初年の廃藩置県以来、官尊民卑の風習は中央から地方の一小村にいたるまで、官員さんが長と名のつく椅子にあぐらをかいていた。高文をとった内務官僚を最上級とするかれらは、天皇の名を使い、日本帝国の威厳を肩にひけらかせて国民を鼻であしらってきた。

 それが戦後、とくに地方首長公選の制度が占領軍の至上命令で布かれてからというものは、米の供出にしても、官選知事は一粒でも多く出させれば大手柄だったが、公選知事では逆に一粒でも少なく供出させることが手柄となった。
 情勢一変、まさに大変革だった。

 しかし、知事公選の実績をみる時、知事独裁に徹底し、人事はすべて知事ごのみに配属され、選挙資金が出そうなポストには直系をつけるとか選挙スローガンを担当して見事なし遂げれば直ちに論功行功章が行われるが如きである。

 こういう観点から地方政界に、また地方公吏として活躍する人のうち、官選時代に生まれ育てられながら、新しい公選時代にも花を咲かせている内務官僚の分布図をみるのも無駄ではあるまい。
 全国の知事のうち、内務省出身者は13名、内務系に属す厚生、外務、通産出身は七名に達している。

 内務省の力は分散され、かつての地方局は名を自治庁と変えても、地方交付税、地方起債など財政面でガッチリと首根っこを握り、各省ことに文部、建設、厚生また補助金制度などのヒモつきの金で各地方を操る。

 こうなっては各地方とも副知事、総務部長などには内務官僚をもってこなければならない。
 個人的なつながりというよりも、官僚閥の連帯感が、何かと仕事をスムーズに運び、知事の色合い如何は関係なしに行われる。
 内務官僚出身者は、知事のワンマン行政に辻褄をあわせ、割り切って権力の影にまわり、思う通りの行政をやり通す影武者だ。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事