ここから本文です

書庫全体表示

2016/09/26 [追記]

現行ロットは部品の変更がございます。
下記記載の部品と実際の商品の使用部品は異なります。
予めご了承のうえお求めください



イメージ 1


販売数:99セット以上

※弊社出荷作業の関係で、販売数量は適宜調整させて頂きます※

今回も、お一人様につき3組までのご購入でお願いします。


※お知らせ※
販売時の商品情報はこちらのブログのみに記載しております。事前にこちらの記事を全てご確認下さい。



皆様、こん○○は。Hでございます。

表題の通りこちらでは、
『NFJ仕様50W+50W(ST製TDA7492搭載)デジタルアンプ完成基板』
についてご案内させて頂きます。こちらの製品は大変ご好評を賜り、完売してしまっていた製品の再入荷、リニューアル品となっております。


さて、こちらの製品についてですが簡潔に申し上げれば「メインアンプモジュール」でございます。デジタルアンプとしては比較的パワーのある部類のICを使用しており、余裕のある出力が可能な製品でございます。前ロットで有効活用して下さっているご報告は多数拝見させて頂いておりますので、今回の再販に至っております。

また本製品のポテンシャルだけでなく販売価格もご好評を賜った一因となっております。当製品に使われているアンプICはS.M.S.L社の完成品アンプでも採用実績がございますが実勢価格が5,000円以上となっておりますので、NFJならではのコストパフォーマンスを重視した製品でもございます。また現在は前ロットを販売していた当時よりも関連商品が増えておりますので、より楽しんで頂けるのではないかと思われます。

さらにリニューアルにあたり上位部品に変更を行ない、なおかつ前回ロットのユーザー様のフィードバックを元に改良も加えておりますので、よりお使い頂き易くなっております。お試しになられたことの無い方は是非お試し下さいませ!


それでは、引き続き製品仕様等をご案内致します。


イメージ 2

イメージ 3
 

◆『TDA7492デジタルアンプ完成基板』リニューアル内容

・電源平滑コンデンサにSANYO ME-WA 25V 1800μFを採用!
 前回の標準仕様では東信の低インピーダンス品を採用しておりましたが
 リニューアルにあたり、初回限定版と同じSANYO WA( 低インピー
 ダンス・高リプル・長寿命品)を採用致しました。こちらは弊社で単品
 販売も行なっている部品で、上位グレードであるWXのもう一つ上の
 モデルでございます。もちろん単品でも安定した人気を誇っております。

・出力LPF部のフィルムコンデンサを一部変更!
 出力段のローパスフィルターを再度見直し、0.22uF部分のフィルムコンを
 前回のPILKORからイタリアメーカーのAV社(現ARCOTRONICS社)製
 のR82に変更致しました。その結果、価格影響を抑えつつも音質の
 向上に貢献しております。

・ユーザー様のフィードバックによる製品改良を実施!
1、ヒートシンクのアーシング対策を施しました!
 フィードバックでご意見頂いていたようにヒートシンクのGND接続に
 レジストマスクをあけてネジ接触部があたるように基板を変更しました。

2、ゲインの初期設定を変更致しました!
 要望の多かったゲインの初期設定は今回から一番低い設定に
 変更致しました。なお、本来のゲイン設定でも問題なく出力できる部品
 チョイス・アンプ設計となっておりますので、出力を取りたい方や大型の
 スピーカーシステムを持っておられる方は設定を変更して頂くことを
 お勧めします。

※裏面のシルク印刷ではデフォルトのマークのゲイン位置が従来のままに
 なっておりますのでご注意ください。設定は半田でジャンパーさせる
 だけで大丈夫です。


以上、今回はユーザー様視点からの変更点を含めて改良致しました。
なお当製品は高出力駆動を前提としたICの持っている最大出力の中で具合の良い範囲でできる限りポテンシャルを高めるコンセプトの為に部品をチョイス・設計変更した物となっております。ですから、環境的に可能であればそういった使い方もして頂きたい製品ではございます。

ただ、ニアで聴く際には内部ゲインが上がると一緒にノイズフロアも上がったり、歪率の関係もございますので、今回はユーザー様のニーズに近づけた変更にさせて頂いていると思います。弊社としましてはコンセプトの押し付けは出来るだけ避けたいところですので、コンセプトは文章だけに致しました。それが良い結果になることを期待しております。

なお、その他に頂いた情報の中で面白いものも複数ございましたが、データシートでは記載されていない部分で実際そういう想像通りの構造であればよいのですが、内部の解釈をしなければいけなく、不確定な部分ではございましたので今回は保留させて頂いております。他製品同様、今後もユーザー様のフィードバックは参考にさせて頂きますので、これからもお気軽にご意見下さいませ。


引き続きまして、本製品の特徴などをご案内致します。


●『TDA7492デジタルアンプ完成基板』の特徴●

・最大50W+50W出力可能なST社製TDA7492デジタルアンプICを採用
複数のメーカーの完成品アンプで使用されているICで音質等に定評がございます。弊社では、あえて完成品モジュールとすることにより、コストパフォーマンス命!を地で行く製品に仕上げております。

・大型ヒートシンクの搭載
高出力の割には発熱の少ないデジタルアンプICですが、現実的な出力以上の高出力にも対応できるよう大型のヒートシンクを搭載しております。また今回よりヒートシンクのアーシング対策を施しております。

入力カップリングコンデンサにオーディオ用上位グレード部品を採用
 ルビコン製メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサを採用
標準で上位グレードのオーディオ機器でよく採用されており、特性の良いコンデンサを採用致しました。その結果、高出力でも全域で透明感のある音質を提供することが可能になっております。

5パターンのリードピッチ幅を設定
入力カップリングコンデンサ部分は元々、5mm幅のみのリードピッチでしたが、拡張性を高める為、5mm/7.5mm/10mm/12.5mm/15mmの5パターンリードピッチ幅を独自に設定しております。

・電源平滑コンデンサに日本メーカーの高信頼品を採用
 SANYO ME-WA 25V 1800μFを2本使用
先述の通り定評のある部品を採用しております。さらに標準品では直径10mmの1本仕様になっていた設計を、最大でφ12.5mmサイズのコンデンサを2本配置できるように基板を改良しています。しかも、2本を寝かせる設計にすることにより、製品サイズを薄くさせることが実現できております。

・出力LPF部のフィルムコンデンサに
 EVOX製フィルムコンデンサ MMK 250V 0.1uF ×4本搭載
 
AV(現ARCOTRONICS)製フィルムコンデンサ 
R82 63V 
0.22uF ×2本搭載
数種類のフィルムコンデンサを試し吟味した結果、現在の仕様になりました。ちなみにEVOXのコンデンサはバイヤーKお気に入りです(笑

4パターンのゲイン設定を明記しております(※保証対象外)
基板改造が必須の為、保証対象外にはなっておりますが基板裏面にシルク印字で設定内容を明記しております。(※デフォルト:21.6dB)

・日本メーカー製高出力対応防磁SMDインダクタを搭載!
NFJ仕様ではSMDタイプのインダクタの品質が大幅に向上しており、日本メーカー製ダブルラインタイプの高出力(3A程度)対応の防磁SMDインダクターを使用しています。こちらが音質面で一番効果の大きかった部分で、音の解像感とパワー感を大幅に改善することに貢献しております。

※販売価格が有る程度決まっていた為、かなり限られた予算で最善の部品を選択する必要がございました。また、性能と信頼性を重視する上で日本メーカーの部品をチョイスしたかった為に自問自答を繰り返した結果、リユース処理済品を採用することになりました。インダクターは基本劣化などの心配はほとんどございませんのでご安心下さい。ただ、一応リユース品ですので、あらかじめご了承下さいませ。



●製品仕様●

・対応電源電圧:DC 8−24V
※ユーザー様からは20〜24V付近の物を使用した方が音質に好影響が
 出ているとご報告を頂いております。

・サイズ:縦71mm×横61mm×高21mm
設計段階で高さを抑えることにより、メール便出荷を可能にしました。

※メール便出荷をご希望の場合は規定サイズ制限ギリギリになっている為、プチプチ一重のみの必要最低限の梱包しかできません。
その為、当製品をメール便出荷にする場合は理由を問わず、一切の保証をお付けできかねます。輸送中の破損等が心配な方は宅配便での発送をお勧めいたします。

・重量:約78g


●注意事項●
・当キットは比較的パワーのある製品のため、信号ラインの引き回しなど
 には十分留意して施工して頂くことをお勧めします。

・カットタブが残っている場合がございます。必要に応じて割ってから
 ご使用下さい。

・ヒートシンク固定ネジは既に調整済みです。仮にご自身で調整する場合 は、左右で均等に且つアンプICに圧力がかかり過ぎないように締める
 必要がございます。締めすぎた場合アンプICが破損しますので、ご注意 下さい。また、比較的低発熱なICとはなっておりますが、ケースへの組み 込み時など使用環境によっては熱対策(ケースの穴あけ等)も考慮して
 下さい。

・モノラル出力も可能なようですが、データシート上では記載されており
 ません。ご自身でわかる方のみ施工してください。
 なお、製品の使用方法に関するお問い合わせ等は一切お受けしており
 ません。あらかじめご理解下さいませ。

・完成基板ですので接続方法などはいたってシンプルですが、説明書等は
 付属しません。電子機器を製作したことない方や電気的知識をお持ち
 でない方、商品写真や上記説明文を見て理解が出来ない方は恐れ
 いりますがご購入をご遠慮くださいませ。なお、弊社では製作時の
 サポートや説明書の配布などはしておりませんのでご注意下さい

※nn様、その節はご準備下さり有り難うございました。


・在庫の関係上、お一人様3個までとさせて頂きます。ご了承下さい。

・電子部品の販売ですので基本的に保証はございません。
 但し、宅配便出荷時で組み込み前に著しい基板上の問題がある
 場合は、別途ご相談下さい。但し、メール便出荷時は一切の保証は
 ございません。

・弊社では説明書等はご用意しておりません。電子機器を製作したことが
 ない方や電気的知識をお持ちでない方、商品写真を見て印刷の記載が
 わからない方はご購入をご遠慮ください。弊社では製作時のサポートや 説明書の配布などはしておりませんのでご注意下さい。


※上記注意事項をご理解・ご了承頂ける方のみご落札くださいませ。

★NFJユーザー交流掲示板のご案内★

上記注意事項の通り、弊社では製作時のサポートなどは行なっておりませんが、おかげさまでたくさんのユーザー様が弊社製品をご活用されておられます。また弊社ではサポートが出来ない代わりに、ユーザー様同士の情報交換をお手伝いする為に、掲示板をご用意しております。ユーザー様のキット製作例やトラブルシューティングなど、非常にたくさんの情報がございますので、弊社キット組み立て時はこちらの掲示板も参考にして下さい。

※現在は試験運用中です。ご覧になる前にリンク先記載の
 注意書きに必ず目を通してから、ご覧下さいませ。



それでは改めて『NFJ仕様50W+50W(ST製TDA7492搭載)デジタルアンプ完成基板』のご検討を宜しくお願いします!

弊社お勧めの逸品です!


★おすすめ関連部品のご案内★





※追加情報は当ページに加筆・修正する形で追記します。



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事