ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
2014年9月3日水曜日21時より販売再開!


販売価格:500円(コンデンサ別売り)


販売数量:99組


お一人様につき3組までの購入でお願いします※
在庫や出荷作業等の関係上、お一人様あたりの販売数量は制限させて頂きます。恐れ入りますが、ご容赦下さいませ 



※上記リンクは販売先管理ページへのリンクです。ご注意下さい※



※お知らせ※ 
販売時の製品情報はこちらのブログのみに記載しております。事前にこちらの記事を全てご確認下さい。 



皆様、こん○○は。Hでございます。

いまや弊社代表的製品のひとつになったノイズフィルター搭載バルクキャパシタボードキット、通称『Little Susie(リトルスージー)』のバリエーションモデル『LittleSusieⅡ』のご案内します。


最初に『Little Susieシリーズ』について改めてご案内致します。本製品は至ってシンプルな製品で、電源入力初段でコモンモードコイルを配置しターゲットを絞った部分のノイズを除去しつつ、後段で準備しております超低インピーダンスタイプのバルクキャパシタ群で大幅にノイズレベルを吸収させることで『電源クリーナー』的な役割を担う製品でございます。現在も併売中の「LittleSusie」、既に販売を終了した「「LittleSusie」 for LXA」のいずれも多くの方々に効果を実感して頂き現在もご好評を頂戴している製品です。

今回新たに仲間入りした『LittleSusieⅡ』はメインの電解コンデンサのサイズをワンサイズ大き目のΦ10mm対応にし、コモンモードコイルの線径を太くすることにより大電流に対応させました。そのことにより、より高性能/大容量のコンデンサを使用できることにより、さらに使用範囲を広げられる目的とした製品です・

その他は従来モデルと同じく入出力部分に小容量の電解コンデンサ配置し、立ち上がり特性を考慮した異種のフィルムコンデンサ(パスコン)を役割別に置くことにより、効果的なノイズ除去を実現しています。

ただ本製品の構想はかなり以前からあったものの弊社で適切なコンデンサをなかなかご用意することができず販売に漕ぎ着けるのに時間を要してしまいました。その為、弊社で思案した結果、今回の『LittleSusieⅡ』に関してはメインの電解コンデンサは別売りのベースキットとして販売させて頂くことにいたしました。

なお詳細は商品ページに記述いたしますが理想的なコンデンサを使用したパーツセットもご用意しております。ただ数量があまり潤沢とは言えません。そこでご注意頂きたいのですが、ご自身でコンデンサを調達される場合は低ESRで高信頼のグレード品をお選び下さい。『Little Susieシリーズ』小容量で超低インピーダンスタイプのバルクコンデンサ群でノイズレベルを大幅に吸収させる目的と接続機器の駆動力のポテンシャルを最大限発揮させる目的がございます。

時折バルクコンデンサは大容量コンデンサ1本で良いのじゃないか?、といった疑問を持たれる方がおられますが、本製品の電解コンデンサ部はバルクコンデンサとノイズフィルターの二つの意味を持っております。新たにベースキットといった販売させて頂く上で誤解のないようあえて申し上げさせて頂きます。


それでは、引き続き製品仕様等をご案内致します。


◆『Little SusieⅡ』の特徴◆

・従来のLittleSusieベースでΦ10mmのコンデンサを搭載可能に! 
 
・オーディオ用として最適なノイズフィルターを搭載。 
 
・コモンモードフィルターにトロイダルコアを採用し!銅線の線径を 
 さらに太くし、より大きな電力供給に対応
 
・省スペースな小型基板の為、取り付け場所の確保が容易です。


Little SusieⅡ』製品仕様●

製品名:ノイズフィルター搭載バルクキャパシタボードキット『Little SusieⅡ』

最大入力電圧:使用するコンデンサに準拠します 

基板サイズ:50㎜×50㎜


Little SusieⅡ』キット内容◆

基板:Little SusieⅡプリント基板×1

端子:5.08mmピッチ2Pinターミナルブロック×

フィルター:1mHコモンモードトロイダルコイル(強化版)×1
※リードの絶縁部分を避け、半田メッキされている部分に半田を施工してください。


対応コンデンササイズ:
 
Φ10mmサイズ×13

Φ5mmサイズ×

※こちらのコンデンサは低ESR品の使用を推奨します※


フィルムコンデンサ:

・nichicon製 YX フィルムコンデンサ 50V 0.1uF(日本製)×


※説明書や回路図はご用意しておりません※ 
ただご覧の通り、非常にシンプルな設計です。 パターン上の極性を間違えずに完成例の写真通りに組み立てて頂くだけですので、ハンダ付けの練習用としてもちょうど良いくらい簡単なキットですので気軽にお楽しみ下さい。 

☆関連製品のご案内☆ 

イメージ 2イメージ 3












こちらの変換コネクタをご利用いただくと、LittleSusieⅡを手軽かつ便利にご活用頂けます。もちろん同梱可能ですので、ご検討下さいませ。



■注意事項■

※使用電源の最大電流量に関しては、使用するコンデンサの総容量
 によって異なります。後述の目安を参考にお使い下さい。
使用電源の目安:8,600μF→1.5A以上の電源を推奨

※弊社TA2020自作キットPart.4と組み合わせて使用する際、
 LittleSusieに既にコモンモードチョークコイルが搭載されて
 おりますので、アンプキット側にオプションのコモンモードチョーク
 コイルは実装させずに使用頂くことをお勧めします。

当製品はDIY自作キットですのでご自身で部品を組み込む必要が
 ございます。弊社キットの中では比較的難易度は低くなっておりますが、  慣れておられない方や初心者の方は、半田ごての取り扱いにくれぐれも
 ご注意下さい。

・当キットは自作キットという性質上、基本的に製品保証はございません。

・先述の通り説明書等はご用意しておりません電子機器を製作したことが
 ない方や電気的知識をお持ちでない方、商品写真を見て印刷の記載が
 わからない方はご購入をご遠慮ください。弊社では製作時のサポートや  説明書の配布などはしておりませんのでご注意下さい。
 
※上記注意事項をご理解・ご了承頂ける方のみ、お求め下さいませ。


★NFJユーザー交流掲示板のご案内★

上記注意事項の通り、弊社では製作時のサポートなどは行なっておりませんが、おかげさまでたくさんのユーザー様が弊社製品をご活用されておられます。また弊社ではサポートが出来ない代わりに、ユーザー様同士の情報交換をお手伝いする為に、掲示板をご用意しております。ユーザー様のキット製作例やトラブルシューティングなど、非常にたくさんの情報がございますので、弊社キット組み立て時はこちらの掲示板も参考にして下さい。

※現在は試験運用中です。ご覧になる前にリンク先記載の
 注意書きに必ず目を通してから、ご覧下さいませ。


以上、簡単ではございますが製品についてご案内致しました。
新しいLittleSusieⅡを是非お試し下さい!


それではご検討、宜しくお願いします!
弊社お勧めの逸品です!


※追加情報は当ページに加筆・修正する形で追記します。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事