ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
2014年1月7日水曜日21時より販売再開!

販売価格:6,980円(電源別売り)


※在庫の関係上、お一人様につき3台までのご購入でお願いします※
当製品は在庫や出荷準備等の関係上、販売台数を抑えさせて頂きます。恐れ入りますが、ご容赦下さいませ。



 ※上記リンクは販売先管理ページへのリンクです。ご注意下さい※ 


※お知らせ※
販売時の製品情報はこちらのブログのみに記載しております。事前にこちらの記事を全てご確認下さい。



皆様、こん○○は。Hでございます。
表題の通り、こちらではST製のデジタルアンプIC『TDA7498E』を搭載した、最大出力160W+160Wのハイパワーデジタルアンプ『FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版』についてご案内致します。


さて本製品についてご案内する前に先日まで販売しておりましたFX1002A量産型は大変ご好評を賜り、全数完売致しました。もちろん在庫の推移状況に合わせて増産を進めていたのですが、FX1002Aは他社様でもご好評のようで複数のお店で販売されているのを確認しており、そういった状況であっても弊社取り扱い品をお選び下さる方の為に弊社独自で上位パーツを組み込んだ『NFJ追加カスタム版』として増産することに致しました。

『NFJ追加カスタム版』
の概要としましては、以前よりユーザー様からのフィードバックを頂いていた
使用環境の大半が高出力での使用ではなく、小さめの室内のリスニングや
ニアフィールドでのご使用が多かったことから、そういった環境での使用にも対応できるセッティングに変えるべく
出力フィルター部分を調整しなおしました。また
その際に、デッドストック品であるEVOX CMKのJグレード品を使用いたしましたので
音質も更に向上しております。
そういった調整により室内でのリスニングでも聴きやすく解像感も高くなり、
芯の有る音質が体感いただけるかと思います。

なお本製品は弊社取り扱いの他のデジタルアンプと比べても高出力で、なおかつ別途電源のご準備をいていただく必要がございますので、お使い頂ける方は限定されてしまうかもしれません。ただその代わりに、20Wクラスのアンプでは賄えない力強い音を体感して頂けると思います。実際に使用されている方も弊社他製品と比較して本製品をメインにされていることが多々あることから非常にポテンシャルの高い製品となっております

もちろん今回の再販にあたり
『NFJ追加カスタム版』
となっていることから、FX1002Aをお持ちの方からお持ちで無い方まで幅広くお楽しみいただけるようになっていると思います。今お持ちのアンプで力不足に感じられる方や、よりしっかりとした音を求められる方にはお勧めの製品です。
是非この機会にお試し下さいませ
 


それでは『FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版』の詳細についてご案内します。


FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版外観画像※
イメージ 2イメージ 3









※パネル色以外は共通の為、詳細画像はブラックのみと致します※
イメージ 4
 


『FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版』内部基板画像※
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

 
FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版 特徴●

STMicroelectronics社製『TDA7498E』搭載!
最大160W+160W36V/4Ω時)デュアルBTLクラスDデジタルアンプIC

出力段にデジタルアンプ専用大型・高出力防磁インダクタを採用!
音の歪みも少なくパワー感も強烈で、アンプICの最大出力に耐えうる
部品を採用しております。
※使用インダクタ:Miden製防磁インダクタ「HPFS1719A-330」
 インダクタンス:33μH /最大許容電流:12.0A/インピーダンス:0.0228Ω

・2個のオペアンプを使用した前段回路を搭載!
2個のオペアンプを左右各1個ずつ配置した前段回路を組み、音量はオペアンプの部分で調整するといった設計にすることにより、ボリューム抵抗で発生しがちな音質劣化を防いでおります。

また、標準搭載のオペアンプにはデジタルアンプICの音質との相性に定評がある、J-FETタイプのTi製『TL082』を2個搭載しております。こちらは好みに応じてオペアンプを変更できるよう、標準でソケット式にしておりますから、標準では無難なチョイスをしています。
※オペアンプ交換はケース開封を伴う為、保証対象外になります。

・高出力に耐えうる大容量平滑コンデンサを搭載!
電源の平滑コンデンサにBCコンポーネントの「048 50V 3300μF」を2個
搭載し、LM317で生成したオペアンプ用の電源にはnichicon製FWPanasonic製の電解コンデンサを搭載することにより、電源を安定供給させております。

要所要所にNFJ供給部品を含む高品質部品を採用!
出力段LPFにはEVOXの『CMK(J品)』ERO『MKC』といったデッドストックのメタライズドポリカーボネイトフィルムコンデンサをはじめとしたオーディオ用途に最適な部品を使用することにより、解像感の高い音質を壊すことなく出力できるようにしております。

入力段では、入力カップリングコンデンサは音声入力段にnichicon製
「MUSE ES BP」を採用しております。こちらは弊社他製品でも採用実績のある評価の高いオーディオ専用グレードの無極性タイプの電解コンデンサ
です。弊社外でも入力カップリングコンデンサとしてよく採用されている
定評のあるコンデンサを採用しております。また、デジタルアンプIC入力段
には同じく実績のあるドイツWIMA製MKSシリーズのオーディオグレード品を採用しています。

さらに、音声ラインや重要部分に使用している全てのレジスター(抵抗)にアメリカDALE製の製品を採用しております。レジスター部分での音質劣化も極力防ぎ、高出力で音質の良いアンプとして仕上げるべく部品を選別しております。その他にも日本向け量産型の生産に伴い、提供部品は増えております。

日本国内での量産型販売に伴う製品改善、改良を実施!(後述)

◎FX1002A試験販売品からの変更点◎

『FX-AUDIO- FX1002A量産型』からの改善点

・回路の見直しによる全体的なS/N比の向上!

・出力側で+−上下にSBDを配置し音質を向上!

・三端子電圧レギュレータLM317に品質の高い部品を選別!
 より安定したクリーンな電源の供給が可能に! 

・前段の回路・採用部品の見直し、最適化により全体的な音質が向上!

・対応電源電圧範囲を広く設定しておりましたが、実用上の効果の高い部分が
 限定されていた為(DC24V-36V低い電圧部分の設定を省略しました。

・DCジャックを台湾メーカー製GND多接点・銀メッキ芯タイプに変更!
大容量電解コンデンサを2個手前に配置している構造上、DCプラグの抜き差しを頻繁にする環境の場合に、コンデンサに電荷が溜まる際の突入電流により端子部がパチッと火花が光る症状が試験販売品ではございました。試験販売品でもDC端子は高出力対応品でしたので使用上の問題ではなかったものの、精神衛生上良ろしくないといったご意見を頂いておりましたので対策致しました。

特殊使用例を想定した対策

・VRが最大時に入力信号接続時のサージなどを受けた場合の対策を施工
※VR最大で使える環境の方が限定的だった為

・スピーカーケーブルの長さが大幅に長かった場合、高出力時に保護回路が誤動作してしまう不具合を対策
※常識範囲内での長さ想定だった為



以上の簡単ではございますが『FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版』特徴をご紹介致しました。僭越ながら増産にあたるカスタムにより、さらに洗練されていっていると思われます。なお肝心の音質に関しては、是非ご自身の耳でご確認下さい。


それでは製品仕様、及びお取引に関係する諸注意を記載しておきます。

★製品仕様★
デジタルアンプIC: STMicroelectronics社製『TDA7498E』
付加機能:ポップノイズ保護機能搭載(遅延リレー回路)
最大出力:160WX2@4Ω36V入力時
入力端子:RCA入力(金メッキ仕様)
出力端子:バナナプラグ対応金メッキスピーカー端子
電源:DC24V〜36V(外径5.5mm・内径2.5mmセンター+(プラス))
※電源は別売りです。お持ちの電源を流用される場合や別途電源を
 ご準備される場合は電源の仕様が適合しているかご注意下さい。
 特にパチンコ台の電源などを流用される場合は、AC(交流)と
 DC(直流)を勘違いしないようにくれぐれもご注意下さい。
★弊社では対応電源の販売は行なっておりません。ご注意下さい!★

付属品:なし(パッケージのみ)

※パッケージ画像※
イメージ 8
※パッケージに「Class-T」の表記がございますが、「Class-D」の誤植です。ご容赦下さいませ。


★商品のお届け方法★ 
宅配便(弊社指定業者) 
送料一律:490円(※北海道・沖縄を除きます) 
北海道:790円 沖縄:1,260円 
※台数問わず、他商品同梱でも送料は固定です



■注意事項■

★「弊社監修のFX-AUDIO-」ブランド製品はおかげさまで大変ご好評を頂いております。ただ弊社としましてはあくまでも「適正価格」で販売させて頂いていたつもりですが、以前の製品が入手困難であったことなどもあり、一部製品のユーザー様の転売にあたり実質プレミア化してしまっているような現状です。ですから、極端にご期待頂いても、お応えする自信はございません。恐れ入りますが、ご理解下さい。

※本製品は電源は付属しておらず、また弊社では別途ご用意しておりませんので、ユーザー様各々でご準備頂く必要がございます。あらかじめご了承下さいませ。
 
・製品の仕様上、小音量時にギャングエラー(ボリュームが完全に
 絞りきれない、L/Rの片寄りが発生する等)が生じる場合がございます。
 こちらはアナログなボリューム抵抗を使用する製品である以上は
 回避不可能な問題です。恐れ入りますが、あらかじめご了承下さい。
 ただし、こういった場合はアンプ側のボリュームを出来るだけ大きめに
 回して使うことにより回避が可能です。ただ、それだと音量が大きく
 なりすぎる場合もございますので、音源側で適宜調製して頂くよう
 お願いします。

・標準搭載のオペアンプを変更できるようにソケット化しておりますが、
 基本的に保証対象外の行為です。また、ケースを開封した場合は
 その時点で保証が消滅致します。その為、オペアンプ交換は
 自己責任になることをあらかじめご理解下さいませ。

・使用電源は絶対に製品仕様を満たした物をお使い下さい。
※表記電圧以外でのご使用による破損は保証対象外です。

・純正パッケージの上からエアセルを巻いて出荷させて頂きます。
 梱包サイズ等の関係で、必要最低限の梱包となっております。

・当製品は弊社で独自の品質検査・動作チェックを実施することにより、
 不具合のある物は省いております。但し、弊社基準における許容範囲
 内のキズ等がある場合もございます。こちらに関してはご理解下さい。
 
・初期不良を含め、商品到着後一ヶ月間の製品保証をお付けします。
※原則、ボディ開封(分解)後は保証対象外とさせて頂いております。
 問題の原因特定の兼ね合いでそういった保証とせざるを得ません。 
 恐れ入りますがご了承下さいませ。なおご了承頂いた上での
 分解は自己責任ですのでご自由にどうぞ。
 
・弊社にて全数動作チェックをしておりますので、最初から音が鳴らない
 ということはまずありえないと思われます。もしそのようなことが
 ございましたら、弊社にご連絡下さる前にご使用の電源を
 お確かめ下さい。

・当製品を使用した際におきた機器などの故障・破損、
 及び、事故、負傷等の損害についての補償は対応できません。

・弊社では調整や修理などのサポートは行っておりません。
 但し、初期不良に該当する場合は別途ご相談をお受け致します。


※上記注意事項をご理解・ご了承頂ける方のみ、お求め下さいませ。


最後になりましたが、バイヤーKより少しコメントを預かっておりますので、この場を借りてご案内いたします。

※  ※  ※

少し前の話ですが、FX1002AはどうしてJ番号が無いのか?、というご質問がございました。当アンプは当初の試作ロットこそ中国側の設計で始まりましたが、弊社ブログやKのブログの過去の記事をご覧いただければご理解いただけると思われるように弊社主導での大幅な設計の変更やコンセプト設定によりバージョンアップしていっておりまして、当初の試作ロットと比べると全く別物となっております。

その後、中国側でテスト販売を繰り返し、不具合部分や音質を向上させるギミックを試しつつ、最終的に納得いく形となった後に弊社での販売開始となっております。

ただ、出力が高い分繊細な部分で個体差が出やすいので、「弊社基準での検品」にて音質に関して問題が有る物や外観の傷など目立つ物などは中国側での販売とし、基準に満たした個体はNFJによる日本国内での販売とし、現在は在庫の均衡を保っております。そういった意味でも、日本側と中国側との基準の差が大きいことはございますが、それをこういった形で共有、対応している事は弊社しか出来ないことかもしれませんが、ひとつの方法かと思います。

※  ※  ※


以上、今回も少し長くなりましたが『FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版』についてご案内致しました。試験販売品をお求め頂けなかった方はもちろん、よりハイパワー製品を検討されている方は、ぜひお試し下さいませ!


それではFX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版を宜しくお願いします!もちろん弊社お勧めの逸品です!




追加情報は当ページに加筆・修正する形で追記します。






この記事に

  • 顔アイコン

    今回も購入致しました。もともと良いアンプですが、今回のカスタム版の音がどんなだかがとても楽しみです_(._.)_。

    [ m_c**ji ]

    2014/12/25(木) 午前 1:40

    返信する
  • DC36V4オームの電源ってどこで手に入れるのん?おせーて下さいませ…。

    [ bam*i*00082*00 ]

    2014/12/25(木) 午前 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    > bam*i*00082*00さん

    私の場合 リサイクルショップで ジャンク品の箱の中から 必要とする規格の 良さそうな AC アダプターを 探し出します。

    念の為 売り場の コンセントに挿して パイロットランプを 確認します。 もし 電圧とか 変更したい場合は、NFJ で 売っている DC-DC コンバーターを お使い下さいませ。

    コツは なるべく 出力 電流が 大きいものが 良いですよ。

    [ リモネン ]

    2014/12/31(水) 午前 5:34

    返信する
  • 顔アイコン

    秋月に行ったら、この製品はうちで扱ってないから、部品はないといわれた。現物持って行ったけど、相手にしてくれなかった。どこで買えばよいか、具体的に教えてください。電源のこと。よろしくお願いします。

    [ sirousagi ]

    2015/1/8(木) 午後 4:49

    返信する
  • 車載したいんですが、dc-ac 12v→100v、acアダプター 100v→24v 以外に良い方法ありますか?
    できれば12v→24v〜36vにしたいです。

    [ 金子 ]

    2015/1/8(木) 午後 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    m_c**ji 様

    いつもお世話になっております。
    今回もご期待に副えたようでしたら幸いです。


    bam*i*00082*00 様
    sirousagi 様

    既に別ルートで回答済みかと思われますが、
    お心当たりが無い場合は別途ご一報下さい。
    (※リモネン様フォロー有り難うございました!)


    金子 様

    いつもお世話になっております。
    頂戴したコメントには弊社からは回答いたしかねますが、
    こちらのコメント欄よりも弊社掲示板の方が有識者の皆様が
    ご覧になられておられますからそちらでお尋ねいただいたほうが
    良いかもしれません。もちろん回答があるとはいえませんが、
    そちらをご検討下さいませ。



    それでは皆様、今後とも宜しくお願いします!

    [ 株式会社NorthFlatJapan ]

    2015/1/8(木) 午後 9:03

    返信する
  • 顔アイコン

    何十年ぶりに、オーディオにはまりました。
    電気については素人なので、プラスマイナスも怖いし不安で
    FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム購入を何度も
    ためらいました。少し前、Lepai NFJエディションを購入して、
    評判通り!!!!!!欲が出てFX1002A聞いてみたくなり…
    たまたまネットで見たNEC ACアダプタ 24V/2.5A中古,
    (ADP1002)ーーー何の加工もせずに使えます。
    愛用していた、LS-K711がこれほどはっきり変わるとは
    思いませんでした。今まで楽器の音が聞こえていたはずの
    ドラムシンバル、ハイハット繊細でキレがよく、
    ベースはマイルドでありながら音の艶、深く伸びのある音
    サイドギターのかすかなピッキングまで・SPの回りを音が包み
    何倍にも感じます、音に厚みがある感じ。
    どれも新鮮に聞こえます。昔手放した、マッキントッシュ・
    ラックスマンのアンプを超えているかも!何か嬉しくて
    次の期待は、ハイブリッドな真空管タイプのものを出して頂きたく。
    よ・ろ・し・く・お願い致しま〜す!
    (もちろんリーズナブルなお値段で 削除

    [ バオバブ ]

    2015/2/27(金) 午前 10:50

    返信する
  • 顔アイコン

    ああ-,久しぶりにLCFメ-他-

    [ osa*ki*ama ]

    2015/4/18(土) 午後 7:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事