ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

※在庫の関係上、お一人様各色3台までのご購入でお願いします※
ACアダプタは各自ご用意下さい弊社ではご用意しておりません)※





※お知らせ※
販売時の製品情報はこちらのブログのみに記載しております。事前にこちらの記事を全てご確認下さい。



皆様、こん○○は。Hでございます。
大変お待たせ致しました!いまだ非常に多くの方よりご要望を頂いておりましたTA2020搭載デジタルアンプ『FX-AUDIO- FX202J』についてご案内致します


それでは本製品の概要についてご案内致します。まず『FX-AUDIO- FX202J』とは弊社NFJストアとFX-AUDIO-を語る上で外すことのできない代名詞的製品となっております。先代のFX202AやTA2020自作キットを元にユーザー様のレビューやご意見などを加味し、弊社オリジナルモデルとしてさらなる改良を加えたのが『FX-AUDIO- FX202J』でございます。

要点をまとめますとデジタルアンプICで評価の高いTRIPATH社のT級デジタルアンプIC『TA2020』を搭載し、大電流対応の空芯コイル大容量電源平滑コンデンサを備え、各種オーディオ向けパーツでチューニングしたのが初代FX202Aの特徴でした。FX202Jではさらに部品定数・仕様の見直しを行うと共に、完成品デジタルアンプとしては本製品のみともいえる5V独立給電機構を備えております。なおかつ弊社LittleSusieの元にもなった電源フィルター機構も備え、NFJストアのTA2020搭載デジタルアンプのフラッグシップ機を担うべく作りあげた製品でございます。

さて今回の再販にあたっては音質面に関しまし ては前ロットのユーザー様より 大変好評頂いておりましたので前回ロットの音質やパワー感などは変えず実質的に継続モデル扱いとしつつも機構部分をはじめとする細かい部分の改良を加え、信頼性を向上させることに重きを置き安定した品質を確保することに努めました
また、
検品時に細かい音質の差が出る為
劣化チェックを含め
全数1時間以上
通電チェックを経てから試聴テストを行うことにより前ロットと比べてもより精度の高い検品を行っております

ただ良いこと尽くめというわけでもなく、販売価格に関しては
残念ながら
変更せざるを得ない現状です。以前のブログ記事でも触れておりますように弊社におきましてはここ半年だけを見ても円安の影響が非常に大きく、なおかつ中国国内のインフレにより部品・製造コストも上がっております。さらに本製品に使用している部品の中でも中心を担う新品のTA2020ICを含むデッドストック部品の価格も高騰しておりますので販売価格へ反映せざるを得ません。恐れ入りますが、価格についてはご理解下さいませ。

もちろん先述の通り今回の再販にあたっては、より品質の安定化を図ることにより末永く本製品をご愛用頂けるように改良しております。
FX202Jは使用時のインパクトだけでなく
長期的にメイン機として使って頂けるような
コンセプトの
もと
時間をかけて調整し、煮詰めてまいりましたので、
初めてFX202Jをお求め下さる
方だけでなく、初めてデジタルアンプをお試しになられる方
にも満足して頂ける性能を備えたアンプだと自負しております。お持ちで無い方は是非この機会にお試し下さいませ


それでは『FX-AUDIO- FX202J』の詳細についてご案内します。



『FX-AUDIO- FX202J』内部画像※
イメージ 3

イメージ 4
※入荷ロットにより一部使用部品が異なります。


『FX-AUDIO- FX202J』の特徴●

・デジタルアンプICに定評のあるTripath社製『TA2020』を搭載!
 最大20W+20W(12V/4Ω時)クラスT(D級)デジタルアンプIC
弊社取り扱いのLP-2020A+別注モデルやデジタルアンプ自作キットでも採用されているように実績と定評のあるICを軸に備えております。

出力LPF段のインダクタに大電流対応の空芯コイルを採用!
その結果、パワフルかつ周波数特性の良い音質を実現しております

・ LPF段にEROMKT1826メタライズドフィルムコンデンサを採用
空芯コイルに加え、LPF段にはオーディオグレードとして評価の高いRoederstein社のERO MKT1826メタライズドフィルムコンデンサ採用しております。今回のFX202Jにおいても相性が良かった為、先代に引き続き採用にいたっております。(※コンデンサ容量は0.47μFの仕様です)

大容量電源平滑コンデンサを実装!(3本累計10,200μF!)
電源平滑コンデンサとして大容量の8,200μF(耐圧25V)×1本と1,000μF×2本電解コンデンサを 搭載しております。それぞれの得手不得手を双方でカバーした構成となっております。(2015/10 NEW)

・電源フィルター機構の実装、及び電源ラインのチューニングを実施!
電源入力部からICへの給電までの電源安定回路を多段に調整し、クリーンな電源にしつつ応答性の高い給電を実現させ高音質かつ力強い出力を提供しております。

あわせて電源周りでのチューニングを施し、入力された信号を歪み無く伝えるためにアナログ電源ラインの強化も図っております。

なお今回の増産分よりコモンモードコイル、及びノーマルモードコイルの線径をさらに太くすることにより電源のラインインピーダンスも低くなり、より高い電流入力に対応しております。(2014/12 NEW)

・ 入力段にニッセイ社タライズドフィルムコンデンサを採用
先代のEPCOS社のコンデンサ入手困難となってしまったことに起因しますが、今回のFX202Jにおける改良のえで異なるコンデンサの方が良かった為、変更することになりました今回は入力カップリングコンデンサにフィルムコンデンサ専門メーカーとして名高い日精電機社製のメタライズドフィルムコンデンサを採用しております。ちなみにバイヤーKが暖めていた部品とのことです。

主要部分の抵抗に米DALE製RNシリーズ(Milスペック準拠)を採用
アメリカ国防総省が公式にMilSPECの認定をした耐温度特性、耐衝撃性に優れた軍用機器対応の部品なのですが、高信頼で広帯域で癖のない音が出るとの定評あることからオーディオ向けでよく採用されております。なお詳細は後述しますが先代のFX202Aよりもゲインを抑えるように入力抵抗値の変更を行っております。

・各種信号入力端子は高耐久・低損失の金メッキタイプを採用!
スピーカー出力端子にはバナナジャックの差し込みと直接線を挟み込めるネジ式ターミナルの金メッキタイプを採用し、信号入力端子にも金メッキタイプのRCA端子を採用しております。

・本体ケース製造時にさまざまな処理を施し高級感を演出
ボディーはアルミ合金を採用し、パネルも高級感を出す為に厚めのパネルを採用しております。またそういった素材をCNCにて成型することにより、完成度を維持しております。またアルマイト加工による着色・表面処理を採用し、なおかつ質感を出す為にヘアライン加工を施しております。

パワーLEDを独立した専用LEDパネル基板に換装!(2014/12 NEW)
ボリュームつまみ背面部分のLEDを独立した専用LEDパネル基板に換装することにより、以前発生していた熱破損によるLEDの不具合を解消できました。こちらの不具合は従来モデルで弊社検品時に発見、抜き取っていたのですが弊社検品時の手間もかかっており、なおかつLEDの取り付け具合による微妙な明るさの個体差などもございましたので、地味かもしれませんが劇的な効果がございました。


※特記事項の無い部品に関しても部品選別により音質が左右されることを考慮し、出来る限り一流メーカー製の物を採用しております。但し入荷ロットによって使用部品が異なる場合がございます。もちろん音質などの方向性は変わりませんのでご安心下さい。


続きまして上記特徴から以前のFX202AからFX202Jへの改良点などを補足して箇条書きにご説明します


1.電源部入力からのコモンモードインダクタノーマルモードインダクタ大容量電解コンデンサIC直下にハイグレードバルクコンデンサを左右に配置、といった経路によりTA2020ICにクリーンで効率の良い電源供給を実現しております。
2.アナログ5V電源入力を三端子レギュレータを搭載することにより外部・独立給電を行い、クリーンで余裕のある電源供給を実現しております。更に同一給電だったデジタル5V電源との完全分離も実現しております。なおかつ、その平滑コンデンサにELNA製オーディオ上位グレードコンデンサのSTARGETを配置し、IC内部の前段増幅部分のポテンシャルを高めました。
3.入力カップリングコンデンサの変更に伴う出力周りのフィルター関係での微調整も合わせて実施しています。
4.上記(3.)の項目に伴い入力抵抗値も変更致しました。
5.ボリューム抵抗を高品質ALPHA electronics製のB10Kタイプを採用致しました。上記(4.)の項目との相乗効果により、先代FX202Aで個体差があった箇所を若干改善しております。
(こちらを実施することにより、極小音量仕様時のギャングエラー問題を軽減しております)


大まかな変更点は以上のとおりです。上記変更や概念などで回路も有る程度変更しております。特に先代FX202Aから電源周りの回路を強化することにより、Jモデルとしてふさわしい音質になっているのではないかと思われます。

ただ、回路等の改良に伴う音質の変化により、FX202Aで調整していた仕様では相対的に音が微妙な出方になった部分がございましたので、信号周りのパーツの変更などにより調整を施しております。ですから、出音の傾向としては前モデルの概念を進化させた音質となっていると思います。それが結果的に個性が前に出てしまった形になってるのではないかという懸念もございますが、聴いて頂ければ長期的に使って頂けるような製品に仕上がっていると思っています。

私H個人的な感としては、事務所BGM用として使用していた先代FX202A量産型ブラックから実際に入れ替えて使用しておりますが、違和感はございませんでした。むしろ聞き込んでいくことにより、良い点のほうが顕著かとは思います。実際、前回の販売時より半年ほどFX202Jを使用しておりますが未だに愛用しております。このあたりは実際にお使いいただいて、ご判断いただければと思います。


それでは最後に製品仕様と諸注意事項を記載しておきます。

★製品仕様★
デジタルアンプIC: TRIPATH社製『TA2020』
付加機能:ポップノイズ保護機能搭載(遅延リレー回路)
最大出力:20WX2@4Ω12V入力時
入力端子:RCA入力(金メッキ仕様)
出力端子:バナナプラグ対応金メッキスピーカー端子
サイズ:幅96mm×奥行150mm×高さ32mm(ノブ、端子類等含む)
電源:DC12V(外径5.5mm・内径2.1mmセンター+(プラス))
※電源は別売りです。お持ちの電源を流用される場合や別途電源をご準備される場合は電源の仕様が適合しているかご注意下さい。
※不具合は電源に起因していることがほとんどです。詳しくは後述の注意事項をご確認下さい。


付属品:なし(パッケージのみ)



★商品のお届け方法★ 
宅配便(弊社指定業者) 
送料一律:490円(※北海道・沖縄を除きます) 
北海道:790円 沖縄:1,260円 
※台数問わず、他商品同梱でも送料は固定です。 


■注意事項■

★過大な期待は禁物です!★
「FX-AUDIO-」ブランド製品はおかげさまで大変ご好評を頂いております。ただ弊社としましてはあくまでも「適正価格」で販売させて頂いていたつもりですが、以前の製品が入手困難であったことなどもあり、一部製品のユーザー様の転売にあたり実質プレミア化してしまっているような現状です。その為、「FX-AUDIO-」ブランド製品全般で価格に見合わないクオリティを期待される場合がございます。恐れ入りますが、極端にご期待頂いても、お応えする自信はございません。あらかじめ、ご理解下さいませ。

・ACアダプタをご自身でご用意する場合はスイッチング式で定格電圧12V、なおかつ確実に”2A以上”の容量を有している物をお使い下さい。
※電流は2A未満のものですと安定動作しない場合がございます。
※定格電圧以外でのご使用による破損は保証対象外です。
※不良とご連絡頂くほとんどが、お使いの電源が問題である場合が多いです。特にセンターピンの極性間違いは、本体を破損させてしまう場合がございます。規格などがわからない方は弊社で別途販売しているACアダプタをお求め頂くか、当製品のご購入をご遠慮くださいませ。
※トランス式ACアダプタ(AC100V専用と表示されている場合が多いです)はどういった特性を持っているかご存知の方のみ、自己責任でお使いください。表示が本製品の仕様を満たしていても電圧や容量が安定しない物や電力供給が不安定になる物がございます。またほとんどの場合で定格以上の高電圧を出力させてしまっている場合がございます。最悪製品を破損させてしまう場合もございますので、出来るだけご遠慮下さい。
※当製品は直流(DC)電源をお使い下さい。
※お車での使用は保証対象外です。またお車の電源が不安定であることをご存じない方は車内での使用はご遠慮いただくことをお勧めします。

・製品の仕様上、小音量時にギャングエラー(L/Rの片寄りが発生する等)が生じる場合がございます。こちらはアナログなボリューム抵抗を使用する製品である以上は回避不可能な問題です。恐れ入りますが、あらかじめご了承下さい。ただし、こういった場合はアンプ側のボリュームを出来るだけ大きめに回して使うことにより回避が可能ですので、可能であれば音源側で適宜調製してご使用頂くようお願いします。

・入荷ロットごとに一部使用部品が異なる場合がございます

純正パッケージの上からエアセルを巻いて出荷させて頂きます。梱包サイズ等の関係で、必要最低限の梱包となっております。

・当製品は弊社で独自の品質検査・動作チェックを実施することにより、不具合のある物は省いております。但し、弊社基準における許容範囲内のキズ等がある場合もございます。またボリュームノブの軽微な偏芯や傾きなどがある場合がございます。こちらに関してはご理解下さい。
 
・初期不良を含め、商品到着後一ヶ月間の製品保証をお付けします。
※基本的にボディ開封・分解後は保証対象外とさせて頂きます。
 また保証期間内に転売された場合は保証失効とさせて頂きます。
 問題の原因特定の兼ね合いでそういった保証とせざるを得ません。 
 恐れ入りますがご了承下さいませ。なおご了承頂いた上での
 分解は自己責任ですのでご自由にどうぞ。

※オフセット電圧は出荷時に調整済みですが、エージング完了後に再調整して頂くと効果的といったご意見が初期ロット品販売時に複数頂戴しております。但し、製品を分解する必要がございますのでご注意下さいませ。製品保証期間満了後の調整をお勧めします。

・最初から音が鳴らないということは弊社にて全数動作チェックをしておりますので、まずありえないと思われます。もしそのようなことがございましたら、弊社にご連絡下さる前にご使用の電源をお確かめ下さい。

・大変あり難い話ですが非常に注目度の高い製品かと思われます。ただ仕上がり等に未熟な点があるかもしれませんし、過大なご期待を頂戴してしまってもお応え出来るとはいえません。どちらかというとマニア向けの製品となっておりますのでこういった製品についてご存じない方や完璧を求める方は恐れ入りますが購入をご遠慮頂くことをお勧めします。
 
・弊社では調整や修理などのサポートは行っておりません。
 但し、初期不良に該当する場合は別途ご相談致します。


※上記注意事項をご理解・ご了承頂ける方のみ、お求め下さいませ。


最後になりましたが、今回のモデルより完全に日本仕様のパッケージに切り替えましたのでご案内いたします。

イメージ 2

おかげさまでFX-AUDIO-製品も種類が徐々に増えつつあり、本年は委託販売ではございますが店頭販売も実現いたしました。そうなってくると実際に実物を手にとって見られるケースも想定する必要がございましたので、弊社製品としての存在感を確立する上で日本仕様のパッケージングが必須でした。ネット販売では余り気にされる方はおられないかもしれませんが私H個人的にも手を入れたい箇所でしたので、今回のFX202JよりNFJストア完全オリジナルパッケージに変更いたしました。

ポイントとしましては「飛ぶ」という字を模したアイコンを創作いたしました。以前よりバイヤーに、製品に漢字を入れたい!といった要望をあげていたのですが実現に繋がらなかった為、ひとまずパッケージに導入してみました。製作サイドが日本人(バイヤーK)と中国人と漢字に馴染んだ人種なのですが、多くの日本人が横文字を好むのと同じでどうも漢字名を関した製品には抵抗があるようです。実は「飛ぶ」という字にはFX-AUDIO-の名前の由来が含まれておりまして、中国で製造していることから中国語の省略字体の「飛ぶ」という字にフォルティッシモを組み合わせてアイコンを作りました。当初はフォルテだったのですが、どうせなら「非常に」強いという意味をこめたほうがよい、というバイヤーKの助言もありこういったアイコンになりました。

また先日パッケージの部分画像を公開した際に常連様からもお問い合わせがあったのですが、弊社でも販売しているS.M.S.L社よろしく製品コメントを入れてみました(笑

Class-T digital Amplifer
Raw-end desktop audio

上段は見ての通りでトライパス社のICを使用していることからクラスT表記と致しました。気になるのは下段の箇所かと思いますが、一言で言えばジョークです(汗 某社はハイエンドと謳っておりましたが、さすがに弊社がハイエンドを名乗る勇気はございません(汗 かといって、「Low-end」というのも僭越ながらあまり似つかわしくありません。そこで、音の響きをもじって「Raw-end」という言葉を作りました。

「RAW」という単語は余りなじみが無いかもしれませんが、楽曲や画像、映像の製作の現場ではファイルフォーマットとしてよく使われている単語でして、「生の」とか「未加工」といった意味がございます。弊社で販売している製品の多くはデジタルアンプの特性でもあるクリアで解像感の高い音質を目指しておりますので、字の意味的にもあながち間違いではないので「RAW」という単語を選びました。

つまり、文字の響きだけでは「ローエンド」ですので最も廉価品、という意味になりますが、それに「RAW」という単語を組み合わせることにより、廉価であれども再現力の高い、つまりコストパフォーマンスの高い製品である、という弊社コンセプトを模倣したささやかなメッセージをこめております。一瞬誤植?と思われるかもしれませんが、何気にそんな意味がございます。自己満足かもしれませんが温かく見守って頂けると幸いです(汗

以上、今回も少々長くなりましたが『FX-AUDIO- FX202J』の概要についてご案内いたしました。後は、引き続き皆様にご満足頂ける製品であれば、と願うばかりでございます。


それでは『FX-AUDIO- FX202J』
今回も宜しくお願いします!
もちろん弊社お勧めの逸品です!




追加情報は当ページに加筆・修正する形で追記します。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事