ここから本文です

書庫FX-AUDIO-関連

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

こんばんは!
おまたせしております、『FX -AUDIO-  TUBE-01』ですが、
細かい部分で仕様変更がございますので、こちらにてお知らせいたします。
4月3日販売分からこちらの仕様となります。

【外観変更点】リアパネルに 「MADE BY NFJ & FXAUDIO」 レタリング追加
イメージ 1

【内部変更点】
使用する電源の違いで大きく音質に影響する場合が有りましたので、使用電源の種類に左右されないように回路を一部改良しております。


2016年43日 21:00 〜

真空管ラインアンプ 『FX-AUDIO- TUBE-01』
販売数量:ブラック 100台/お一人様1台限り


○関連商品のご案内○
      
 

◎新品◎デッドストック80年製

※在庫少なくなっております。
現在再入荷見込みはございません。
お早めにどうぞ!!



イメージ 2

★新入荷商品★
ミルスペック(軍用グレード)







新商品も続々入荷中です。
順次更新しておりますので随時ご確認ください。

この記事に

FX-AUDIO-ブランド初の真空管ラインアンプ
イメージ 4

オーディオ好きの方であれば誰しもが一度は真空管式のオーディオ製品を所有したい、使ってみたいと一度は興味を持たれたことがあるでしょう。しかしながら、真空管を使った製品は高額であることが多く、興味を持ちつつもハードルが高いものなってしまっています。
その中で、『低価格で本格的な真空管式高音質オーディオを誰でも気軽に楽しんで頂けるように』と弊社が提案するアイテムがこちらです。

日本でこの価格は業界初ではないでしょうか?
そして扱いやすい低圧の12V単電源入力で高圧正負電源駆動を実現!

見掛け倒しの真空管ルックオーディオではなく、しっかりとしたオーディオ製品として高音質な仕上がりになっています。

キッチリとしたラインアンプになると下は数万円から、上は数十万という世界のなか、この音質でこの低価格は業界的に大きな衝撃となるのではないでしょうか?

もちろん、大容量、高電圧トランスを使ったものと比べると音質面で劣る部分もあるかと思いますが、価格に対しての音質面や満足度といったコストパフォーマンスについては、自信を持ってお勧めできる仕上がりとなっております。

かんたん・シンプル・低価格 なのに高音質!これらのコンセプト全てが1つに詰め込まれたおすすめの逸品です。

イメージ 1


【ご使用方法】
CDプレーヤーやDAC、シリコンプレイヤー等のソース側機器とアンプとの間に当製品を入れてご使用下さい。
AUDIO INPUT:CDプレーヤーやDAC等のアナログ出力端子へ接続
AUDIO OUTPUT:パワーアンプ・メインアンプ等のアナログ入力端子へ接続

【ご注意】
真空管といえば柔らかい音、良い意味で緩い音というイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、音を緩くしたいというような用途で購入の方はハッキリ言ってお勧めしません。
音質的には緩い音ではなく、下から上までかなりフラットで、歪み率も低く解像度の高い本格オーディオライクな音になります。
※もちろん、ゲインを最大付近まで上げて通せば音が歪んでくれますので、面白くも出来ます。


『FX-AUDIO- TUBE-01』製品の特徴

・真空管式ラインアンプ
 真空管『6J1』を使用し、NFJ独自設計・独自開発回路を採用

・DC12V駆動
 独自設計の昇圧電源モジュールを開発した事により、今まで製品としてはなかった、低圧単電源入力、高電圧正負電源駆動を実現!
 低電圧で単純にシグナルを通すだけの見掛け倒しではなく、オーディオレベルとして十分高音質でお楽しみいただけます。

・ディスクリート構成昇圧電源モジュール
 電源モジュールをディスクリート構成で構築することにより、設計通りの高精度による、安定した電源供給を実現しました。
 
・電源ノイズクリーナー&ノイズ対策回路
 弊社で定評のあるバルクキャパシタシステム『Little Susie』の概念を一部取り入れたクリーナー回路により、ノイズを最大限抑えたクリーンな電源を昇圧モジュールに供給しています。
 また、基板の電源ラインの取り回しを独自設計し、外来ノイズ・電源ノイズの混入を 最大限プロテクトし、高SN比を実現!

・真空管交換可能
 標準付属の真空管は5000時間タイプとなっており、十分な期間ご使用になれますが、サポートの一環として予備管の販売をご購入者様へ向けて行っております。
 その際、ミルスペックより更に上の高精度・特級品(ミルスペック選別グレード)をご用意。

 ※低価格品にありがちなリユース品ではなく、新品(デッドストック)を使っていますので、破棄値など気にせず使用開始できます。

・アルミ合金ボディー
 ヘアライン加工ボディと削り出し成形のフロントパネルで高級かつ重厚な存在感を演出。

・ハイグレードオーディオ部品を採用
 音質に影響する重要な部品に関しては日本、欧州メーカー品を採用することで品質を高めています。
 【PCB基板】高級オーディオ製品に採用されている銅2oz配線のFR-4材の金メッキ基板を採用
 【コンデンサ】
   BCコンポーネンツ製(旧PHILIPS、現VISHAY)メタライズドフィルムコンデンサ:入出力カップリングに採用
   Panasonic製 シリーズFJ:バルクキャパシタ部に特注仕様の超低ESR・高リプル電流耐性コンデンサを採用
 【抵抗類】すべて挿し込みのアキシャルタイプ金属皮膜抵抗1%を使用し、精度・信頼性・施工性を向上
 【入出力端子】高品質金メッキRCA端子を採用

イメージ 2

イメージ 3




【製品仕様】
電源:定格DC12V 電流1A以上推奨 
DCジャックサイズ:外径5.5mm 内径2.1mm(センタープラス仕様)
出力基本インピーダンス:600Ω
入力感度:100mV-2000mV
最大出力:2800mV
歪み率:0.1667% @BW:20Hz-20kHz
SN比:97dB@1kHz
周波数特性:20Hz-35KHz
※50Hz:-0.2dB 150Hz-3.5kHz:0dB 20kHz:-0.2dB※
サイズ:高さ30㎜(真空管含めた最大60mm)×幅95㎜×奥行き99.5㎜(※突起部含まず)
本体重量:290g
付属品:真空管2本

★ACアダプタは付属しておりません★ 
上記仕様に準拠した電源をお持ちで無い方は別途ご用意いただくか、
弊社で販売している汎用ACアダプタをお求め下さいませ。


この記事に

イメージ 1
2015年11月25日水曜日21時より販売開始!





 販売価格:8,980円(電源別売り)
 
 
 
お一人様各色2台までの購入でお願いします※
在庫や作業の関係上お一人様あたりの販売数量は制限させて頂きます。



※お知らせ
販売時の製品情報はこちらのブログに記載しております。事前にこちら記事を全てご確認下さい。
 
 

FX-AUDIO-ブランドのフルデジタルアンプフラッグシップモデル機FX-AUDIO- D802』のご案内です

本製品はリモコン付きハイレゾ対応デジタル3系統入力のフルデジタルアンプです。かなり初期の頃から構想はありましたが技術的な兼ね合いもあり、実際開発に着手したのは1年半ほど前からとなります。複数ラインナップ3機種を並行して開発に着手し、試作を重ねていくうちに602が試作段階でお蔵入りとなったりしながらも、最終的に製品として仕上がったのがD302とD802の2機種となりました。

D302はご存じの通り、低価格のエントリーモデルD302Jとして先に発売いたしました。そして今回のD802は初期開発段階からNFJの手を入れていくことで、音質面、機能面、操作性、性能を重視したフラッグシップモデルとして投入しております。

またオリジナルプログラムMCUをNFJ仕様にしたり、出力段にオーディオハイグレードタイプのフィルムコンデンサを配置することにより、更なる音質向上を実現するなど、フラッグシップモデルとして一切手を抜かないクオリティとなっております。

この製品を心待ちにされていた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実際にD302J発売時にご要望が多かった製品です。今回はJ品番なしの「D802」として前倒しで発売いたしますので、その分お買い得になっております。この機会にぜひ一度お試しください!


『FX-AUDIO- D802』外観図※
イメージ 3


イメージ 2


『FX-AUDIO- D802』の特徴●

・フルデジタルアンプIC STMicroelectronics製「STA326」搭載
デジタル入出力に対応したICを使用することにより、入力からアンプICまでをフルデジタル化することでデジタル音源の劣化を最小限にし、
デジタルアンプのメリットを最大限に引き出しています。
最大80W×2chの出力
※) DC32V入力時の最大出力。12V入力時は15W×2chとなります

・ギャングエラーのない電子ボリューム (100Step)
アナログボリュームではどうしても出てしまうギャングエラー(左右のボリューム誤差)を排除し、小音量での定位が安定します。100段階の細かいボリューム調整が可能です。

・トーンコントロール機能 (調整範囲±12dB/±14ステップ)
デジタルトーンコントロール機能により、アナログなトーンコントロール回路でありがちな信号の損失を回避しつつ高音質なトーン調節が可能です。

・16種類のイコライザープリセット設定
デジタル制御のイコライザー機能により16種類のプリセットからお好みの設定が可能です。

※プリセット一覧:Flat/Rock/SoftRock/Jazz/Classical/Dance/Pop/Soft/Hard/Party/Vocal/Hip-hop/Dialog/Loudness1/Loudness2/Normal

・デジタル入力3系統を装備 (ハイレゾ対応)
光デジタル/同軸デジタル/USB の3系統デジタル信号入力に対応。FX-AUDIO- DAC-X5J/DAC-X6Jなどで実績のあるVT1630」をUSBレシーバー(USB DDC)として搭載(最大24bit/96kHz)し、光/同軸入力に対し、デジタルオーディオレシーバーとして旭化成「AKM4113」を搭載(最大24bit/192kHz)。信頼の日本メーカー旭化成エレクトロニクス社のDIR(DAI)を採用致しました。

・有機ELインジケータを搭載
最新のTVにも搭載されていることで話題の超低消費電力 有機ELインジケータを装備し、入力系統/ボリューム/トーンコントロール/サンプリングレート等、あらゆるステータスを表示します。またNFJオリジナルMCUを搭載しており、起動画面でNFJオリジナルであることを主張します。

・リモートコントロール機能搭載
小型赤外線リモコンが標準付属。電源ON/OFF、入力切替、トーンコントロールなどのアンプの操作すべてを離れた場所から操作可能です。

・ハイグレードオーディオ専用部品採用
本体基板の音質に影響する重要な部分のパーツに惜しみなハイグレードオーディオ用部品を採用しました。

【WIMA/ERO コンデンサ】
オーディオ用ハイグレード高級コンデンサを惜しみなく搭載しています。

【MIDEN大型防磁インダクタ】
大電流量対応でインピーダンスによる歪みを低減。オーディオ専用品として最適なインダクタを採用しました。

【nichicon大容量コンデンサ】
STA326のメーカー標準仕様の数倍以上の容量を確保し、安定性化、高音質化を狙いました。

【金メッキ仕様USBターミナル】
耐久性や導電性に優れた金メッキ仕様の特注部品を採用しました。

・高級感あふれるアルミ削り出しパネル、アルミボディを採用
FX-AUDIO-製品共通の仕上げで小型ながらも存在感があります。 


『FX-AUDIO- D802』仕様● 

ブランド:FX-AUDIO- 
 
型番:D802ハイレゾ対応三系統デジタル入力フルデジタルプリメインアンプ) 
 
デジタル入力端子:三系統(パネルスイッチ/リモコンで切り換え) 

1.USB接続 
  USB Bタイプ端子 USB2.0対応 USBオーディオクラス1.0準拠  
  対応サンプリングレート:最大24bit / 96kHz 
  対応OS:Windows 8&7&Vista (32bit/64bit)/ MacOS X / 9.1 etc...
  ドライバ:不要(OSの標準ドライバが自動で割り当てられます) 
  ※上記対応OS以外にも動作可能なOSや機器はあるようですが、動作確認しているもののみ記載しております。
 
2.オプティカル接続(TOS-LINK・角型光/最大24bit 192kHz対応)  
 
3.コアキシャル接続(同軸・RCA端子/最大24bit 192kHz対応)  
  
アナログ出力端子:バナナプラグ対応金メッキスピーカー端子 
 
※対応インピーダンス:4Ω〜16Ω 

リモコン仕様:赤外線リモコン(操作範囲:最大5m前後)


電源仕様  
定格電圧:DC12V〜32V(DC12V/電源容量2A以上推奨)  
DCジャックサイズ:外径5.5mmφ2.5mmセンタープラス仕様)  
※上記電圧以外の電源は絶対に使用しないで下さい。 
 また上記電圧以外での使用による破損は保証対象外です。 

★ACアダプタは付属しておりません★ 
上記仕様に準拠した電源をお持ちで無い方は、弊社で販売している 
12V2A汎用ACアダプタ、及び変換プラグをお求め下さいませ。 
※D802はセンターピン2.5mm仕様です。ご注意下さい。※ 

 
サイズ:幅103㎜×高さ35㎜×奥行き178㎜(※突起部含まず)
 
重量:約700g(本体のみ)
 
付属品:リモコン(テスト電池入り)、パッケージ、簡易説明書
※パッケージの表記は「D802J」となっております。 
 
 

■注意事項■
 
★弊社「FX-AUDIO-」ブランド製品おかげさまで大変ご好評を頂いております。ただ弊社としましてあくまでも「適正価格」で販売させて頂いていたつもりですが、弊社一部製品おいて入手困難であったことに起因しプレミア化してしまっている現状がございます。かといって、極端にご期待頂いても、お応えする自信ございません。恐れ入りますが、あらかじめご理解下さい

☆D802は電源電圧の選択範囲が広い為、必要な出力によって電源電圧を変えていただく事で幅広い用途でお使いいただける仕様です(※)
しかし構造上、電圧を上げることでの音質向上は望めませんし、逆にホワイトノイズが目立ってしまう場合があります。※ 電源電圧が上がるほど出力が高くなります。)

その為、弊社では家庭用で一般的な小型〜中型スピーカーでのご使用の場合はDC12Vの電源を推奨しております。音量調整が100Stepと決まっているため、高電圧になればなるほど1Stepあたりの調整音量が大きくなり、微調整が効きにくくなってしまいます。

下記を目安に、環境に合わせた電源をお選び頂くようお願いします。

・ニアフィールド、1部屋のみでのご使用の場合(大音量含む):DC12V
・一軒家にお住まいで家全体で聴けるようにする際(大音量含む):DC12〜24V
・比較的広いホールや野外などで使用する場合(大音量含む):DC24〜DC:32V

※スピーカーの能率・出力にもよりますが、一般的な高能率スピーカーでの使用を想定しています。


※本製品は電源が付属しておりません。ユーザー様各々でご準備頂く必要がございます。らかじめご了承下さいませ。

※本製品はDSD、及びサラウンド入力(ドルビーデジタル等)はサポートしておりませんデジタル信号入力(※USB除く)時は、事前に音源側をPCM出力に設定しておくようにして下さい

※PCとのUSB接続時はOS等の設定が必要な場合がございます。またスマホやタブレットとの接続は端末自体やソフトウェアの相性により認識できない場合がございます。

※光ケーブルで接続する際、ケーブルや音源機器側と相性が出る場合がございます。認識されない場合は異なるケーブルや他の音源機器でご確認下さい。

・USB入力時をはじめご使用の環境入力機器の仕様により、ノイズ等が聞こえてしまう場合がございますほとんどの場合でこちらの原因は本製品自体ではなくホスト機器側の性能及び設定による問題によるものですこういった現象は本製品に限ったことではございませんので、あらかじめご了承下さい

・製造時の傷や色むらなどが少なからずございます弊社検品時に出来る限り間引いておりますが全く傷が無いわけではございません

・付属リモコンの電池はテスト電池です。反応が悪い場合は新しい電池をご用意ください。
 
・当製品を使用した際におきた機器などの故障破損、及び、事故、負傷等の損害についての補償は対応できません

・純正パッケージの上からエアセルを巻いて出荷させて頂く場合がございます梱包サイズ等の関係で、必要最低限の梱包となっております。

・当製品は商品到着後1ヶ月間の初期不良保証をお付けしております但し上記事項に抵触する問題は初期不良として対応が出来ない場合がございますまた分解、改造時は保証を含め一切の対応が出来かねますあらかじめご注意下さいませ。 


※上記注意事項をご理解・ご了承頂ける方のみ、お求め下さいませ。 


 

それではご検討、宜しくお願いします!

弊社お勧めの逸品です!   






※当ページは適宜加筆・修正します。




この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
2015年11月4日水曜日21時より販売再開!

販売価格:5,480円(電源別売り)
※2015年11月販売分より下記理由により価格改定を行いました※

1)回路・機能の最適化と音質部品を更に追加してみました。
★更なる高音質化と歪み率の改善を実現しております★

2)製造上で接続端子類全てを手作業での取り付け
に変更しています。
★信頼性・品質の向上に寄与しております★










※お知らせ
販売時の製品情報はこちらのブログみに記載しております。事前にこちら記事を全てご確認下さい。


皆様、こん○○は。Hでございます。
大変お待たせ致しました!表題の通り『FX-AUDIO- DAC-X5J』についてご案内致します。


まず『DAC-X5J』の概要を簡単に申し上げますと最大24bit/192kHzのハイレゾ対応の単体DAC、兼ヘッドフォンアンプでございます。特徴としてはUSB端子と角型の光デジタル端子、同軸デジタル端子の3系統デジタル入力に対応し、出力インターフェースにLINE OUT(RCA端子)と、独立したヘッドフォンアンプ(3.5mmステレオ端子)を搭載した小型ながらも機能を集約しつつ高いコストパフォーマンスを実現した製品です。

なお『DAC-X5J』は以前大変ご好評を頂戴し完売した「DAC-X3J」を増産にあたり単純に継続させるのではなく、ユーザー様のご意見を反映する形で最上位機種「DAC-X6J」のノウハウを加えてUSB接続時もハイレゾ(24bit/96KHz)に対応させた「DAC-X3J」の後継、上位機種として新たに開発した製品でございます。

従来のDAC-X5Jはかなりの数量を生産したにもかかわらず全て完売してしまい多くのユーザー様より再販を切望頂いておりました。それは最上位機種「DAC-X6J」の販売を開始してからも同じでした。しかし毎度のことながらそのまま増産するわけでなく、従来機で頂戴していたユーザー様のご意見などを元に改良を加えることにより、搭載IC等の構成こそ変わらないものの品質・信頼性の向上と大幅な音質のグレードアップを実現しました。

なお弊社では『DAC-X5J』ハイレゾ音源対応DACの標準機(DAC-X6Jは旗艦機)として位置づけしておりますのでコストパフォーマンスを重視しておりお求め易い価格設定をしております!僭越ながらビギナーからマニアまで幅広いユーザー様にお役立てできる逸品だと思いますので、是非この機会に『FX-AUDIO- DAC-X5J』をお試しください!



続きまして『FX-AUDIO- DAC-X5J』の詳細についてご案内します。


『FX-AUDIO- DAC-X5J』外観画像※
イメージ 2


『FX-AUDIO- DAC-X5J』内部基板画像※
イメージ 6


イメージ 5



『FX-AUDIO- DAC-X5J』ブロック図※
イメージ 3
※RCA端子出力時はボリューム抵抗を経由しない設計です。 



『FX-AUDIO- DAC-X5J』の特徴●

・新設計に伴い従来機と比べ大幅に性能・音質向上を実現

◎従来機から根本的に回路設計を変更し、あわせて効果の高いパーツの配置に見直すことにより大幅な音質向上を実現しました。

◎USBインターフェース部で回路設計上、基板面積に制約があった為に音質が犠牲になっていた部分を別基板という手法で改善しました。

◎DAI-IC部分で採用していたメーカー推奨の回路設計だと特定の使い方をした際に挙動が不安定になることがありましたので、独自に別途ICと回路を追加することで改善しました。

◎IC周りのリセッティングにより大幅な省電力化を実現しております。それに伴いヒートシンクも必要ない位に発熱も減りましたが万全を期して従来と同様に設置しております。

◎ヘッドフォンアンプ部では16Ω〜100Ωのヘッドフォンをメインターゲットとし、そのレンジで最良の音質を実現できるような部品・設計に変更しました。こちらはFX-AUDIO-ブランド内でのDAC-X5Jの立ち位置を決めたことから、そういった仕様に変更しました。

◎音声信号ラインに搭載しているオーディオ専用コンデンサを従来機より上位タイプに変更しております。更に一部の箇所は専用品(カタログ外)の物も採用しています。(※2015年11月分より)併せて音声ラインに使う抵抗器もブランド部品及び高級品に変更いたしました。実際の音質を体感していただければご納得頂ける仕様を盛り込んでおります。


イメージ 4

こちらの画像はヘッドホン出力部分での周波数特性、及びS/N比の計測値です。オペアンプを通した状態でこちらの数値を叩き出していますので、驚異的にS/N比の改善が実現しております。

従来機も設計的には同じでしたが、回路の配線周りやその位置関係の影響が大きく、また基板面積が不足していたことの影響が一番大きかったのではないかと考えております。ですから回路図や設計はそのままで大幅に配線や配置を変更し、回路の改良をかけております。

その結果、従来機よりもS/N比で10db前後向上し、周波数特性も良くなっております。あわせて使用するヘッドフォンのターゲットレンジを絞ったことにより効果的に音質改善が実現できております。


・低価格ながらハイレゾ対応USB-DAC/ヘッドフォンアンプを搭載

本製品は一般的な光/同軸のデジタル入力だけでなくUSB入力にも対応し、それぞれがハイレゾに対応しております。なおかつ本製品には独立して音量調整が可能なヘッドフォンアンプ機構を備えております。

本製品のヘッドフォンアンプはシンプルながらも十分な性能を保持しており、しかもDIP、ソケット方式のオペアンプを使用した回路構成ですので幅広くご活用いただけるようになっております。なおオペアンプには弊社キット等で実績のあるTi社製低雑音オペアンプNE5532Pを採用しております。

またボリューム抵抗には台湾アルファ電子工業製の部品を使用し、信頼性を確保しております。あわせて様々なヘッドフォンの特性に対応できるよう、あえてAカーブではなく音量変化が均一なBカーブ品を使用しております。

なおかつHPA出力にインピーダンスの高いヘッドホンをご使用されている方の為に、本体内部にゲイン設定を設けております。こういった機能を設けることにより使用するヘッドフォンに応じてオペアンプの性能を最大限発揮できるように工夫しております。一般的には触る必要は無いと思いますが、ジャンパーソケットで簡単に設定変更が可能になっております。

※ゲイン設定を変更したりオペアンプを換装する際はケースを分解しなければいけませんので保証対象外となります。あくまでも自己責任にてご検討下さい。

●ピン設定方法●
現在のジャンパーソケットデフォルト位置から2個とも隣に移動させればハイゲイン設定となり、インピーダンスの高いヘッドホンでも十分ドライブ可能。


※参考情報(自己責任です)※


・小型ながらも三系統デジタル入力に対応し、ラインアウトも搭載

一般的な光/同軸に加えてUSB入力に対応しております。またボリューム抵抗を通過しないラインアウトも搭載しております。


・DAC ICにCIRUSS LOGIC社のハイレゾ対応IC「CS4344」搭載

DACを担っているICはシーラスロジック社のCS4344を採用しております。この部品でDAC自体の音質・性能が大きく判断される部分だと思いますが、CS4344は懸念されるような問題がなく、概ね音質も十分高く、分離も良い感じで出力されております。なおかつ小型ICながらもこちらのチップの性能は最大24Bit192KHz対応で、優れたクロックジッター耐性により高音質を実現しております。


・USBレシーバはハイレゾに対応したIC「VIA VT1630A」を搭載

本製品はハイレゾ(最大24bit/96kHz)に対応したUSBデジタルオーディオインターフェイスICとして、VIA社のオーディオ用フラッグシッップICシリーズである「Vinyl Envy」の『VT1630A』を搭載しております。「Vinyl Envy」シリーズのICはいわゆるオーディオカードの主要ICとして有名メーカー各社がこぞって使用していることからうかがい知れるようにオーディオカードが求める高音質、安定性、信頼性を兼ね備えた製品です。


・同軸/角型光入力は24bit/192kHz(USBは24bit/96kHz)に対応

シーラスロジック社のDAC-IC「CS4344」を採用することによりハイレゾ(最大24bit/192kHz/USBは24bit/96kHz))に対応しております。


・高級感あふれるアルミ削り出しパネル、アルミボディを採用

フロントパネルの加工はCNCで行っており、アルミ削り出しの風合いはそのままでアルマイト処理を施すことにより特徴的な質感を演出しております。


・機能を集約した超コンパクト設計(W75㎜×H30㎜×D100㎜)

以上の通り、様々な機能を有しながらも合理的な基板設計を行うことにより非常にコンパクトな筐体に納めることができております。




『FX-AUDIO- DAC-X5J』仕様●

ブランド:FX-AUDIO-

製品型番:DAC-X5J(ハイレゾ対応D/Aコンバーター/ヘッドフォンアンプ)

デジタル入力端子 
1.オプティカル接続(TOS-LINK・角型/最大24Bit192kHz対応) 
2.コアキシャル接続(同軸・RCA端子/最大24Bit192kHz対応) 
  S-PDIFデジタルソース入力 
※1と2は排他使用して下さい。また同時にシグナルを入力しないでください。
3.USB接続(最大16Bit/192kHz or 24bit/96kHz 対応) 
  USB-Bタイプ端子 USB2.0対応 USBオーディオクラス1.0準拠 
※1or2と同時接続時はUSB端子が優先されます。

対応OS:Windows 8&7(32bit/64bit)/ MacOS X / 9.1 etc...
※Windows Vista / XP / 2000使用時はハイレゾ非対応となります。 

ドライバ:不要(OSの標準ドライバが自動で割り当てられます)

※ハイレゾ音源使用時はOSのサウンド設定をはじめソフトウェアの設定が必要な場合がございます。 

※USB端子からの給電のみでは動作致しません。 


アナログ出力端子 
1.LINE出力(LINE OUT)-金メッキRCA端子 
2.ヘッドホン出力-金メッキ3.5mmステレオミニジャック 
 パネルジャック凹み部サイズ:直径11.4㎜×深さ3.2㎜
※こちらのサイズは工業規格(JISC6560等)に準拠したうえで大きめの設計になっております。ただ、規格外の太目のプラグを採用しているヘッドフォンが多数ございますので、そういったヘッドフォンを本製品に接続する場合、ささりが甘く接触不良に陥る場合がございます。こういった場合は、ヘッドフォン側のプラグの加工、もしくは延長ケーブルの使用/加工で対処して頂くようお願いします。

※対応インピーダンス:16〜300Ω(ヘッドホン出力使用時)
上記インピーダンス範囲外でお使いの際は、本来の性能が発揮出来ない場合がございます。


各種インジケータ 
前面:機器動作LED(色/通電中常時点灯)  
背面:USB動作LED(色/USB接続時:赤点灯-使用時:赤点滅) 


電源仕様 
定格電圧/最大電流:DC12V/500mA以上推奨 
DCジャックサイズ:外径5.5mmφ2.1mm(センタープラス仕様) 

★ACアダプタは付属しておりません★ 


サイズ:高さ30㎜×幅75㎜×奥行き105㎜(※突起部含まず)

重量:約186g(本体のみ)

付属品:簡易説明書



■注意事項■

★弊社「FX-AUDIO-」ブランド製品はおかげさまで大変ご好評を頂いております。ただ弊社としましてはあくまでも「適正価格」で販売させて頂いていたつもりですが、複数の製品において入手困難であったことなどがあり、実質プレミア化してしまっている現状です。ですから、極端にご期待頂いても、お応えする自信はございません。恐れ入りますが、ご理解下さい。

※本製品は使用前のエージングを必須とします。生産段階での検品で連続稼働通電テストを行っておりますが、初回使用時はさらに一時間程度通電させた後でお使い頂くことをお勧めします。

※本製品はサラウンド入力(ドルビーデジタル等)は、サポートしておりません。デジタル信号入力(※USB除く)時は、事前に音源側をPCM出力に設定しておくようにして下さい。

※ヘッドフォンアンプ機能を使用する際、ボリュームは必ず最小位置に合わせて下さい。当製品は必要以上の音量を出力することが可能ですので、初回使用時は小音量でお試し頂き、徐々に適正な位置まで調整して下さい。あわせてUSB入力時は、PC側のボリュームにもご配慮下さい。

※各ケーブルを抜き差しする際は、本体をしっかりと固定した状態でプラグに水平方向の力のみがかかるように行なってください。斜め方向の力をかけると端子を傷める恐れがございますので、ご注意下さい。

・ヘッドフォンアンプ機能使用時は音量調整用にアナログなボリューム抵抗を採用している以上、ギャングエラー等が原因による特定ボリューム位置で左右のバランスの片寄りが生じる場合がございます。また当製品はヘッドフォンなどを接続して使用する為に個人の聴覚差が大きく影響します。こういった場合は音源機器側でバランス調整などを行うなど、ご自身で対策をお願いします。

・USB入力時をはじめご使用の環境や入力機器の仕様により、ノイズ等が聞こえてしまう場合がございます。ただほとんどの場合でこちらの原因は本製品自体ではなく製品の異常ではございません。当製品の設計、構造的に非常に低ノイズな製品ではございますが、PC/接続機器側由来のノイズは除去しきれない場合がございます。特にヘッドフォンアンプ機能使用時にカナル型イヤホンや高性能ヘッドフォンを接続すると、性能のよさが裏目に出てしまう場合がございます。あらかじめご了承下さい。

・本製品は製品の設計上、若干本体が熱を持ちます。全く熱を持たないわけではございません。 

・製造時の小傷や色むらなどがある場合がございます。弊社検品時に程度のひどい物は出来る限り間引いておりますが全く傷が無いわけではございません。

・当製品を使用した際におきた機器などの故障・破損、及び、事故、負傷等の損害についての補償は対応できません。 

・当製品は商品到着後1ヵ月間の初期不良保証をお付けしております。 但し、上記事項に抵触する問題は初期不良として対応が出来ない場合がございます。また分解、改造時は保証を含め一切の対応が出来かねます。あらかじめご注意下さい。 

※上記注意事項をご理解・ご了承頂ける方のみ、お求め下さいませ。



以上、簡単ではございますが『FX-AUDIO- DAC-X5J』についてご案内致しました。


最後にバイヤーから少しコメントがございますので掲載致します。

※  ※  ※

今だから話せるのですが、DAC-X3Jからのユーザー様のニーズを合わせる為に開発中のX6JのUSBDAC部分を持ってきてDAC-X5Jが登場した訳です。販売価格とその性能で大変ご好評頂いたのは私としては嬉しい限りですが、弊社のこの価格帯のラインナップとしての位置付けと、その価格帯で出来うる最適な構成とカスタマイズを施して完成形に持っていけるよう最善の努力を尽くしました。今回の新DAC-X5Jは皆様にご満足頂けるものに仕上がったと思っております。


余談ですがコストを考える上でやはり、音質・品質・性能との関係性が出てきます。コストをかければもっと良いICが存在し、もっと良い性能を実現でき、もっと良い音質を追求していくことは可能です。けれどもそれに伴いコストも変わってきます。

その中でもスペック上(数値的な意味合い)での性能を上げるのは小さなコストで実現できます。実際にそういった製品も存在していますし、ユーザー側として見た時にその性能を音質としてみるのか、スペックとしてみるのかで、その価値が変わってくると思います。

今回のDAC-X5Jに関しても、ケースや生産・検品・輸送コストなどの細かいことは考えずに音質や使い勝手を犠牲にすれば数値的には同じスペックでコストは半分以下まで落とすことが可能です。かといってそれは弊社のコンセプトではありませんし、多くのユーザー様がそれを望まれているとも思えません。

ですから色んな部分でギリギリのやりくりをすることでスペック・音質・価格のバランスを取った製品作りに努めています。今後はパッケージの小型化や影響のない部分でコストの圧縮もしていくつもりですが、現状では色々改良していく上でのコストが予算以上になってしまっています。更に販売価格も余裕を持たせていない状態でしたので、昨今の円安に拍車を加えるように中国側の物価・人件費・輸送コストの急激な変化に対応出来ない状態に陥っています。それでもいろんな所を削って真面目に取り組んできているつもりです。

一部の方はご理解いただいていると思いますが、弊社の販売価格でこの音質を実現できているのには相応の訳があるわけで、少しでもわかってもらえるとうれしく思います。

※  ※  ※


以上、DAC-X5Jのご案内でした。

本製品は様々な用途でご活用頂ける製品になるかと思いますので、ぜひお試し下さいませ! 


それでは今回も宜しくお願いします! 
弊社お勧めの逸品です!

※DAC-X5J関連記事掲載URL※ 
(掲載下さり、誠に有難うございました!)


この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
2015年6月30日火曜日21時より販売開始!

(電源別売り)


※在庫の関係上、お一人様につき3台までのご購入でお願いします※
当製品は在庫や出荷準備等の関係上、販売台数を抑えさせて頂きます。恐れ入りますが、ご容赦下さいませ。


※お知らせ※
販売時の製品情報はこちらのブログのみに記載しております。事前にこちらの記事を全てご確認下さい。



皆様、こん○○は。Hでございます。
表題の通り、こちらでは最大出力160W+160Wを誇るST製のハイパワーデジタルアンプIC『TDA7498E』を搭載したデジタルパワーアンプ『FX-AUDIO- FX1002J』についてご案内致します。


まず最初に誤解のないように申し上げますが本製品は先日まで販売していたFX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版設計、使用部品については同じでございます。表面上はパネル刻印の型番に日本専用モデルである「コードJ」を付与させただけの違いです。バージョンアップしているわけではございませんのでご注意下さい。

以前より申し上げておりますようにFX1002A自体は
FX-AUDIO-との共同開発品で何度も改良を重ねて出来上がった製品でした。その為、今までは同一生産ラインで製造を行っておりましたが、
 より
日本側のニーズを反映した物を提供をすべく生産品質の安定化と向上を目指して製造工場自体を変更し、「コードJ」専用ラインでの製造に変更しました。ユーザー様からはわからない面だとは思いますが、弊社内では製造品質が大幅に向上しております。そのうえで型番に「コードJ」を冠した日本専用モデル『FX1002J』としてリニューアルして販売を再開することになりました

なお
『FX1002J』
の概要は後述しますが、音質や性能については先代の
が僭越ながら大変ご好評を賜っていた製品ですので弊社としては安心してお勧めの出来る製品でございます
但し、本製品は弊社取り扱いの他のデジタルアンプと比べても高出力で、なおかつ他社様にて別途電源のご準備をいていただく必要がございますので、お使い頂ける方は少し限定されてしまうかと思います。

その代わりにFX202Jをはじめとする20Wクラスのアンプでは賄えない力強い音を体感して頂ける非常にポテンシャルの高い製品と自負しております。
今お持ちのアンプで力不足に感じられる方や、よりしっかりとした音を求められる方にはお勧めの製品です。
是非この機会にお試し下さいませ


それでは『FX-AUDIO- FX1002J』の詳細についてご案内します。

『FX-AUDIO- FX1002J』パネル外観画像※
イメージ 2
※パネル色以外は共通の為、パネル画像はブラックのみと致します※ 


『FX-AUDIO- FX1002J』内部基板画像※
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

 
FX-AUDIO- FX1002J 特徴●

・NFJ独自の部品設定、チューニングを施した日本専用モデル
先代FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版と同様に日本ユーザー向けの部品設定(詳細は後述)、チューニングを施した上で日本向け専用の製造ラインで製造した日本専用NFJオリジナルモデルとなっております。

最大160W出力に対応したSTMicroelectronics社製『TDA7498E』搭載!
最大160W+160W36V/4Ω時)デュアルBTLクラスDデジタルアンプIC

出力段LPFにデジタルアンプ専用高出力対応大型防磁インダクタ搭載
音の歪みも少なくパワー感も強烈で、アンプICの最大出力に耐えうる
部品を採用しております。
※使用インダクタ:Miden製防磁インダクタ「HPFS1719A-330」
 インダクタンス:33μH /最大許容電流:12.0A/インピーダンス:0.0228Ω

オペアンプを二個使用し左右チャネルで独立した前段回路を搭載
2個のオペアンプを左右各1個ずつ配置した前段回路を組み、音量はオペアンプの部分で調整するといった設計にすることにより、ボリューム抵抗で発生しがちな音質劣化を防いでおります。

また、標準搭載のオペアンプにはデジタルアンプICの音質との相性に定評がある、J-FETタイプのTi製『TL082』を2個搭載しております。こちらは好みに応じてオペアンプを変更できるよう、標準でソケット式にしておりますから、標準では無難なチョイスをしています。
※オペアンプ交換はケース開封を伴う為、保証対象外になります。

・高出力に耐えうる大容量平滑コンデンサを搭載!
電源の平滑コンデンサにBCコンポーネントの「048 50V 3300μF」を2個
搭載し、LM317で生成したオペアンプ用の電源にはnichicon製FWPanasonic製の電解コンデンサを搭載することにより、電源を安定供給させております。

ポップノイズ対策にミューティングリレー機構を搭載

EVOX、ERO(Roederstein)等ビンテージフィルムコンデンサを採用
※要所要所にNFJ供給部品を含む高品質部品を採用しております※

出力段LPFにはEVOXの『CMK(J品)』ERO『MKC』といったデッドストックのメタライズドポリカーボネイトフィルムコンデンサをはじめとしたオーディオ用途に最適な部品を使用することにより、解像感の高い音質を壊すことなく出力できるようにしております。

あわせて入力段では、入力カップリングコンデンサは音声入力段にnichicon製「MUSE ES BP」を採用しております。こちらは弊社他製品でも採用実績のある評価の高いオーディオ専用グレードの無極性タイプの電解コンデンサです。弊社外でも入力カップリングコンデンサとしてよく採用されている
定評のあるコンデンサを採用しております。また、デジタルアンプIC入力段
には同じく実績のあるドイツWIMA製MKSシリーズのオーディオグレード品を採用しています。

さらに、音声ラインや重要部分に使用している全てのレジスター(抵抗)にアメリカDALE製の製品を採用しております。レジスター部分での音質劣化も極力防ぎ、高出力で音質の良いアンプとして仕上げるべく部品を選別しております。その他にも日本向け量産型の生産に伴い、提供部品は増えております。

高級感あふれるアルミ削り出しパネル、アルミボディを採用

高出力でもコンパクト設計(W96㎜×H32㎜×D168㎜)


それでは製品仕様、及びお取引に関係する諸注意を記載しておきます。

★製品仕様★
デジタルアンプIC: STMicroelectronics社製『TDA7498E』
付加機能:ポップノイズ保護機能搭載(遅延リレー回路)
最大出力:160WX2@4Ω36V入力時
入力端子:RCA入力(金メッキ仕様)
出力端子:バナナプラグ対応金メッキスピーカー端子
電源:DC24V〜36V(外径5.5mm・内径2.5mmセンター+(プラス))
※電源は別売りです。お持ちの電源を流用される場合や別途電源を
 ご準備される場合は電源の仕様が適合しているかご注意下さい。
 特にパチンコ台の電源などを流用される場合は、AC(交流)と
 DC(直流)を勘違いしないようにくれぐれもご注意下さい。
★弊社では対応電源の販売は行なっておりません。ご注意下さい!★

付属品:なし

★商品のお届け方法★ 
宅配便(弊社指定業者) 
送料一律:490円(※北海道・沖縄を除きます) 
北海道:790円 沖縄:1,296円 
※台数問わず、他商品同梱でも送料は固定です



■注意事項■

★過大な期待は禁物です!★
「FX-AUDIO-」ブランド製品はおかげさまで大変ご好評を頂いております。ただ弊社としましてはあくまでも「適正価格」で販売させて頂いていたつもりですが、以前の製品が入手困難であったことなどもあり、一部製品のユーザー様の転売にあたり実質プレミア化してしまっているような現状です。その為、「FX-AUDIO-」ブランド製品全般で価格に見合わないクオリティを期待される場合がございます。恐れ入りますが、極端にご期待頂いても、お応えする自信はございません。あらかじめ、ご理解下さいませ。

※本製品は電源は付属しておらず、また弊社では別途ご用意しておりませんので、ユーザー様各々でご準備頂く必要がございます。あらかじめご了承下さいませ。
 
・製品の仕様上、小音量時にギャングエラー(ボリュームが完全に絞りきれない、L/Rの片寄りが発生する等)が生じる場合がございます。こちらはアナログなボリューム抵抗を使用する製品である以上は回避不可能な問題です。恐れ入りますが、あらかじめご了承下さい。ただし、こういった場合はアンプ側のボリュームを出来るだけ大きめに回して使うことにより回避が可能です。ただ、それだと音量が大きくなりすぎる場合もございますので、音源側で適宜調製して頂くようお願いします。

・標準搭載のオペアンプを変更できるようにソケット化しておりますが、基本的に保証対象外の行為です。また、ケースを開封した場合はその時点で保証が消滅致します。その為、オペアンプ交換は自己責任になることをあらかじめご理解下さいませ。

・使用電源は絶対に製品仕様を満たした物をお使い下さい。
※表記電圧以外でのご使用による破損は保証対象外です。

・純正パッケージの上からエアセルを巻いて出荷させて頂きます。梱包サイズ等の関係で、必要最低限の梱包となっております。

・当製品は弊社で独自の品質検査・動作チェックを実施することにより、不具合のある物は省いております。但し、弊社基準における許容範囲内のキズ等がある場合もございます。またボリュームノブの軽微な偏芯や傾きなどがある場合がございます。
 
・本製品は多くの部品が差し込み部品となっておりますので組み立て時の部品ゆがみなどがある場合がございます。もちろん動作や音質には一切関係ございません。

・初期不良を含め、商品到着後一ヶ月間の製品保証をお付けします。
※原則、ボディ開封(分解)後は保証対象外とさせて頂いております。問題の原因特定の兼ね合いでそういった保証とせざるを得ません。恐れ入りますがご了承下さいませ。なおご了承頂いた上での分解は自己責任ですのでご自由にどうぞ。
 
・弊社にて全数動作チェックをしておりますので、最初から音が鳴らないということはまずありえないと思われます。もしそのようなことがございましたら、弊社にご連絡下さる前にご使用の電源をお確かめ下さい。

・当製品を使用した際におきた機器などの故障・破損、及び、事故、負傷等の損害についての補償は対応できません。

・弊社では調整や修理などのサポートは行っておりません。但し、初期不良に該当する場合は別途ご相談をお受け致します。


※上記注意事項をご理解・ご了承頂ける方のみ、お求め下さいませ。



以上、『FX-AUDIO- FX1002J』についてご案内致しました


それではFX-AUDIO- FX1002J宜しくお願いします!

もちろん弊社お勧めの逸品です!




追加情報は当ページに加筆・修正する形で追記します。

この記事に

開くトラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事