そら豆&ピーナッツ

今は、真空管アンプが中心です。

6RR8(T)PPアンプ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

6RR8(T)PPエミフォロ追加

久しぶりのアップである。
6RR8(T)全段差動をペルケさんのエミフォロ対応にしてみた。
結論から言うと
出力が1.5倍 1Wが1.5Wになった。A2級動作効果てきめんである。
6RR8は感度が高い球でもともと動作に無理があったのかもしれない。A2級動作が生かされた形。
1.5Wあればメインのシステムとして使用可能である。
歪率特性です。うちのシステムではこれ以下の歪率は測定不可能です。
イメージ 1

一応回路図を参考までに

イメージ 2

実は出力アップした以上に音の変化が大きいです。
高音から低音まで明瞭になり、ベールが一枚取れ見違えるような音になりました。
低音はしまった低音で、これまで得られなかった低音です。
高音は明瞭になり定位も決まっています。
今後メインのアンプとして使用します。


この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

TENの6RR8をNECに置き換えてみました。

NECはヒーターがよく見えとても明るいです。
以前のTENが隠れていたためとても対照的です。
特性は、出力が0.9Wから1Wにふえました。
音も元気になったように感じます。周波数特性的には変わりありません。

明るい音で気に入っています。当面デスクトップのメインシステムで使用予定です。

イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6RR8三結全段差動PP(2)

6RR8三結全段差動PPの続報です。
まずは回路図です。ぺるけさんの全段差動回路を6RR8用にフィティングしました。
初段のFETは2SK30Y、リプルフィルターのFETは3067です。
6RR8は、オークションで落札したものをシングルアンプで実装し選別しました。
イメージ 1

次に周波数特性です。中途半端ですが0.27W時の特性です。
出力 5%歪(1kHz)  0.9W
残留雑音       0.38mV以下
NFB          8dB  利得 7.0 
イメージ 2
歪率は、WGとWSを使用し測定しています。
10kHzの歪率が2回折り返しています。初めての現象です。(解析中)
当初は期待していなかったのですが、出てきた音は最高です。分解能、定位、低域が良いのが特徴です。また、省エネですので夏でも使えそうです。今日は、この辺で  次に続く...





この記事に

開く コメント(0)

初めての投稿です。色々不手際があると思いますがよろしく!
早速ですが、真空管アンプが趣味で昨年から復活しました。
ぺるけさんの「情熱の真空管」に刺激されて勉強させていただきました。
「真空管アンプの素」も購入しました。全段差動アンプを作り楽しんでおります。
イメージ 1

回路は、全段差動のコピーですが、最終段は、6RR8です。
音はとても気に入っております。
詳細は次回に投稿します。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事