そら豆&ピーナッツ

今は、真空管アンプが中心です。

6U8A(T)アンプ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

いきさつ

全回投稿の6RR8PPアンプの前ですが、情熱の真空管のホームペ―ジMiniーwattersに出会ったのがきっかけです。最初は、12BH7A、その次は6BQ7で作成しましたが思うような結果が得られず、駄目もとで(残っている真空管が6U6Aしかなかったのですが)試した見たところ、良い結果が得られました。

出力部は、5極管部を3結ににて使用しました。 
3結時のIp-Vp特性が手に入らなかったので「真空管活用自由自在」(誠文堂新光社発行)の既知の5極管特性から、それを三結にした場合の常数の求め方を参考にしIp-Vp特性図を作成し、エイヤーで負荷曲線を引き動作点を求めました。
それが思ったより実際の動作点に近くこれは使えると思った次第です。

音は全段差動ほどでないですが、低域から広域までバランス良いです。
出力は 0.45W(1kHz 5%時)
NFBは12dBです。

諸特性


イメージ 1




















全体の写真は、作り返しを繰り返しいるためいらぬところに穴がありお見苦しいですが以下の通りです。

イメージ 4



以下回路図、特性です。

イメージ 2

当初は、チョークを使用したリプルフィルタでしたが、FETのリプルフィルターに変更しノイズが減少しました。
イメージ 3
以上です。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事