ここから本文です
よしもと芸人 おかけんた・ブログ
〜アート愛好家の芸人〜おかけんたのブログ




 人の手が加わる事で物質が変化する際に起こる現象や関係性をテーマにした展覧会


フランスを拠点に活動する若手フランス人作家5組による展覧会



2本立て!




★ tear 大成 哲  ある視線 -フランス人作家によるグループ展- in OSAKA Art 7ten企画  TEZUKAYAMA GALLERY 〔24日(土)まで、12:00-19:00、日月祝休〕 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F TEL06-6534-3993 ★



まずは、大成 哲 氏の作品から。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

    大成 哲 作品 


インスタレーション左側の作品は、初日に手を加えたもの。


「光と影」、「創造と破壊」、「感覚と理論」、「主体と客体」

画像5は、折り目をガラスで表現した紙ひこうき。


対称の美学がそこにはあります。





続いては、若手フランス人作家による作品。




イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


    展示作品




出展作家:
Bertrand Planes, Julien Levesque, Émilie Duserre, Brodbeck & de Barbuat, Marc-Antoine Garnier



パリや大阪などの川を漂うリモコン式のハトの映像や、駅や酒場などの日本の都市の光景をスローモーションで見せる映像。

フランスの若手作家が今感じている社会問題を題材にした作品の数々。

日本人とフランスの概念や思考、コミュニケーションなどのちょっとした視点がオモシロイ展覧会。


是非 

























本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事