ここから本文です
よしもと芸人 おかけんた・ブログ
〜アート愛好家の芸人〜おかけんたのブログ
 



 現代幻想



ここにあり 





★ 林勇気展 Image data Gallery Yamaki Fine Art  〔30日(土)まで、11:00-13:00/14:00-19:00、日月休〕 神戸市中央区元町通3・9・5・2F TEL078-391-1666 ★



今回は映像と平面で構成された展覧会、まさに 「Image data」  。




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7





イメージ 8





素晴らしい展示ですので、是非 




“ image data ”
x軸(幅)とy軸(高さ)のなかでデジタルデータの画像は存在している。
そこにz軸(奥行き)の情報を与える。
画像の奥行きは表面の幻影の中にしかなく、
1mm、1pxの厚みもない事が明らかになる。
x、y、zの無限の広がりのなかに発光しながら浮かんでいる。
人や社会、時代を動かす力を内包している画像。
私たちは何をみているのだろうか。それらは何処へ行くのだろうか。
現代の存在、関係性、次元、知覚の有り様が立ち上がってくるかもしれない事を期待しながら、そのような問いかけをしていきたいと考えている。

林 勇気
 
【作家略歴】
1976 京都市生まれ
1997 映像の制作を始める
【個展】
2016 京都芸術センター(京都)
2015 安治川倉庫 FLOAT (大阪)、Gallery TRI-ANGLE (宝塚大学 / 兵庫)、HAPS 東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス (京都)、trace (京都)、ギャラリーほそかわ (大阪)
2014 シアターカフェ(愛知)、神戸アートビレッジセンター(兵庫)
2012 柏プラネタリウム (千葉)、南山城村AIR 青い家 (京都)
2011 兵庫県立美術館(兵庫)、sample white room (奈良)、E&Cギャラリー(福井)
2010 ギャラリー名芳洞 blanc(愛知)、ギャラリーヤマキファインアート (兵庫)
2009 neutron tokyo(東京) (‘12)
2008 ギャラリー揺(京都)(‘13)、世田谷ものづくり学校 IID gallery(東京)
2007 gallery neutron(京都)(’08、’09)

【主なグループ展】
2016 「美術と音楽の一日 rooms」(芦屋市立美術博物館 / 兵庫)、「第2回 PATinKYOTO 京都版画トリエンナーレ2016」(京都市美術館 / 京都) 「アートバーゼル香港2016」招待 (HKCEC / 香港)
2015 「映像芸術祭 MOVING 2015」(HAPSで個展、京都芸術センター / 京都)
2014 「あなたがほしい i want you 」(大阪府立江之子島文化芸術創造センター / 吹田歴史文化町づくりセンター浜屋敷)、「窓の外、恋の旅 -風景と表現」(芦屋市立美術博物館 / 兵庫)
2013 「FILMS D’ANIMATION #1」(MAISON POPULAIRE / フランス)
2012 「恵比寿映像祭 映像のフィジカル」(BYTで参加 東京都写真美術館 / 東京)
2011 「Human Frames」(Kunst im Tunnel/ドイツ、Substation/シンガポール)
2007 「トランスメディアーレ」(ドイツ)、「新進アーティストの発見 in あいち」(愛知芸術文化センター / 愛知)
2006 「AMUSE ART JAM」(京都文化博物館 / 京都)「トロント・リール・アジアン国際映画祭」(カナダ)
2004 「アウト ザ ウインドウ」(国際交流基金フォーラム / 東京、Project Space ZIP / 韓国)
2003 「STARTART001」(細見美術館 / 京都)、「香港国際映画祭」(香港)、「アジアン・アメリカ国際映画祭」(アメリカ)
2002 「イメージフォーラムフェスティバル」(新宿パークタワー / 東京、横浜美術館 / 神奈川、他)


















本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事