相場戦略研究所

人生の裏街道をひそと歩んでいる職業相場師の独り言

相場戦略研究所の独り言

すべて表示

また第一投でメジナが釣れた

イメージ 1



3月13日(月)、14日(火)と東伊豆に釣りに行った。
最近は不調でメジナが釣れない。釣りに行くと海が荒れていることが多いんだよねー。
まぁ、気分転換と体力維持が最優先だから、釣りに行くことに意義があるのだ。

前日、よく眠れなかったせいか、30キロの荷物がこたえ、いつもより息切れが激しい。
釣り場に行くまでに結構体力を消耗してしまった感じだ。
こんな時は足がもつれて転びやすいので注意が必要だ。磯際で転ぶと海に落ちて命に関わるからね。

今回はまぁまぁの波の高で期待できそう。大潮で満潮は5時半である。
仕掛けを準備して3時45分に第一投。するとウキがスーと消しこむ当り。
あわせると小気味良い引きである。タモで取り込んだのは30センチのメジナだった。
こないだもコマセなしで第一投でメジナが釣れたが、その後はダメだったのが頭をよぎる。
案の定、コマセを撒いて本格的に釣り始めると当りはぴたっと止まってしまった。
仕掛けを換えたりして試行錯誤しても状況は変わらず。
ところが満潮の5時半ごろバタバタとメジナが3匹食ってきた。ただ、食いが浅いようで、針外れで2匹が海にポッチャン。
その内の1匹は32センチぐらいはありそうなメジナだった。あー、もったいない。
寝不足で体の切れが悪く、タモ入れに手間取ったのが敗因である。

電気ウキの夜釣りは不発で、7時前に納竿。寝不足で足がふらつくので大事を取ったのだ。
テントの中で晩酌して、9時に寝たら3時ごろまで熟睡。
何時も海では良く寝られるが、多分、波打ち際のマイナスイオンが良いのではないかと思っている。

翌朝は4時から釣り始める。よく寝たせいで気分が良い。
ただ釣りができないんじゃないかというくらい波が高くなっていたので、明るくなる直前の5時から竿を出すことにして、それまではコマセだけを撒いていた。
ところが、4時半ごろから雨が降り出し、徐々に強くなってきた。
次第に寒くなってきて竿を出す5時ごろには早くも戦意喪失状態。

それでも執念で釣り続けていると、6時ごろにサラシの中で仕掛けを張り気味にしていた竿先にガツンとくる当り。
23cmぐらいの綺麗な尾長メジナが向こう合わせで釣れ、少し気分が良くなった。
こいつはキスして放流。

降り続く雨の中で7時まで粘ったがキープサイズは出ず。
持ち帰りは前日釣った30cm2匹に終わった。

今日はこれらのメジナの刺身で一杯やる予定である。


  相場戦略研究所 http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1289/
  Weds.Cafe http://www.geocities.jp/wedscafe//


.


みんなの更新記事