JA1BVA齊藤さんのブログ

アマチュア無線機やアンテナの製作日記、国内旅行、小笠原旅行などを発信します。

基本的な区分(私的まとめ)

 スプリアス関連の法律による経過措置の終了が近づき、 どの送信機が使用できなくなるか、どれが使用できるのか、まとめてみました。 1 自作機 (JARL登録機種、技適番号のない送信機、外国機)  ① 平成17年11月30日以前に保証を受けた送信機は、平成34年12月1日     以降、使用できない。  ② 平成17年12月1日以降に保証を受けた送信機は、再免許の継続により、     永久に使用できる。 2 技適番号のある送信機  ① 平成19年11月30日以前に製造された送信機 (旧 技適番号機 )は、     平成34年12月1日以降、使用できない。     また、この送信機による開設、およびこれを増設できるのは、平成29年11すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事