反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

全体表示

[ リスト ]

 ケンジゴトウの殺害ニュースでアップを中断した「安倍首相談話についての海外の論評」を取り上げたい。

 今日(1月31日)の産経新聞【緯度経度】で古森義久記者が、「『謝罪は非生産的』論調じわり」と題して、アメリカでは安倍首相の談話でアジア諸国への侵略の謝罪を要求する動きがある一方で、謝罪すべきではないという論調も現れ始めたと報じていた。

 どれどれと古森氏の引用したウォールストリートジャーナルを早速チェックしてみると、「安倍首相は第二次界大戦を回顧する談話で謝罪の言葉を省略するかもしれない」と危惧する論調など、相変わらず非難調の主張が目につく。

PM Abe’s Statement for WWII Memorial May Drop Words of Apology (1/26/2015)

ドイツはナチスヒトラーの悪行を謝罪したのに日本は本気で謝罪していないとか相変わらずの調子である。

しかし古森氏の取り上げた論文も見つけた。
今後もこのような頼もしい記事が8月までにたくさん出て来て欲しいものである。
いま日本では左翼メディアが安倍首相は村山談話を踏襲せよと圧力を掛けているからである。

WSJ(2015/1/13)
For Japan, a Difficult Art of Saying It’s Sorry
In East Asia of Nationalist Agendas, Further War Apologies May Do Little Good


(日本にとって「御免なさい」というのは至難の業
東アジアのナショナリストのアジェンダで、これ以上謝罪しても良い事はない)


As the 70th Anniversary of World War II approaches, Japan may offer more wartime apologies. The WSJ's Andrew Browne explains why that is unlikely to appease China and South Korea.
By Andrew Browne


 (戦後70周年が近付くにつれ、日本は戦争の謝罪をまたするかも知れないが、中国と韓国を宥める事は出来ないとWSジャーナルーのアンドリュー・ブラウン氏は説く)

This year, which will mark the 70th anniversary of the end of World War II, we’re likely to hear a chorus of voices urging Japan to behave more like Germany, the model penitent.

(第二次世界大戦から70年目の今年、ドイツのように謝罪せよと日本に促す合唱の声が高まりそうである)

(中略)

First, it’s simply not true that Japan has been parsimonious with its official apologies.

(しかし、まず第一に、日本が公式の場で謝罪をしたがらないというのは事実ではない)

・・・と日本は宮沢、村山が再三再四謝罪を表明したが、中国と韓国は全然納得していないと説く。

その上で、謝罪は政治的に危険だと説くジェニファー・リンド氏の著作を引用している。

Moreover, apologies are politically risky, says Ms. Lind: They often provoke a backlash in countries making them.

(その上、謝罪することは政治的に危険だ。謝罪すると国内に跳ね返ってくる)

最後にアンドリュー・ブラウン氏は結論づける。

Even if Japan adopts Germany as its model to heal the wounds of World War II in Asia, the question is whether China and South Korea would then act more like France, a model of forgiveness.

(たとえ、日本が第2次世界大戦の傷を癒そうとドイツを手本にしても、問題は中国と韓国がフランスの様に許してくれるかどうかである)

許すはずがない。日本を永遠に攻撃するカードは絶対に手放さない。
日本が謝罪すればカードは有効と見ていつまでも温存する。
だからもう無意味な謝罪は金輪際しないことだ。


産経新聞(2015/1/31)
中韓への謝罪は非生産的…「どんな表明あっても日本に不満述べる」 米識者から続々

 安倍晋三首相の戦後70年談話は謝罪の表明を含むべきか。オバマ米政権は国務省報道官の言明などでその表明を望む意向をちらつかせる。だが同じ米側でも民間の識者の間では、日本のこれ以上の謝罪表明は不毛であり、中韓両国との関係改善や和解には寄与しない、との意見も目立ってきた。

 米大手紙ウォールストリート・ジャーナル13日付は、同紙コラムニストで中国やアジアの専門家のアンドリュー・ブラウン氏の「日本にとって謝罪表明は難しい技だ」と題する論文を掲載した。同氏は安倍首相が70年談話で日本の戦時行動を全面的に謝罪して、中韓両国との関係改善や東アジアでの和解を図るべきだという声が米国でもあがっているが、「事態はそんなに簡単ではない」と論じる。

 同氏はそのうえで、日本がすでに当時の宮沢喜一首相や村山富市首相らが数え切れないほど謝罪を述べてきたことを強調し、それでも中韓両国との「関係改善」や「和解」をもたらさなかったと指摘した。とくに「中国は共産党政権が反日感情を政権保持の支えにし、『謝罪しない日本』を軍拡の正当化の理由に使っている」から、日本の謝罪は決して受け入れないというのだ。

ブラウン氏は同論文のなかで米ダートマス大学准教授の若手日本研究学者ジェニファー・リンド氏の近著「謝罪国家=国際政治での謝罪」から「安倍首相がなにを述べても中韓両国を満足させはしない」という見解をも引用していた。「とくに中国は日本からどんな謝罪の表明があっても、不満を述べ続ける」というリンド氏の予測が強調された。

 リンド氏はここ数年、米国の大手紙誌への寄稿で日本の「謝罪の危険」を説き、以下のように述べてもきた。

 「日本の戦時の行為の対外的な謝罪は非生産的であり、やめるべきだ。謝罪は国内的な分裂をもたらす」

 「日本は戦後の民主主義確立、経済繁栄、平和的努力などを対外的に強調すべきだ」

 「中国共産党が自らの統治の正当性を支えるために国内の反日感情をあおってきたことは周知の事実だ」

 米国のウェスリアン大学教授の国際政治学者アシュラブ・ラシュディ氏は近著で国家による謝罪一般について「謝罪は相手の許しが前提となり、心情の世界に入るため、そもそもの謝罪の原因となった行為の責任や歴史の認識を曖昧にしてしまう」と主張し、謝罪の効用自体を否定していた。
米オークランド大学教授の日本研究学者ジェーン・ヤマザキ氏は近著「第二次大戦への日本の謝罪」で、戦後の日本は異様なほどの回数、謝罪したとして、他の諸国は対外的な国家謝罪は自国の立場の国際的な低下、自国民の自国への誇りの傷つけ、もう自己を弁護できない自国の先人への不公正などの理由により、しないのだと報告していた。

 ヤマザキ氏はさらに、日本の国家謝罪を外交手段とみるならば完全な失敗だとして「首相レベルで中韓両国などに何度も謝罪を述べたが、関係は改善されず、国際的にも日本が本当には反省していないという指摘が消えていない」と論じるとともに、「謝罪が成果をあげるには受け手がそれを受け入れることが不可欠だが、中韓両国は歴史問題での日本との和解の意図はない」と結んでいた。

 さあ安倍首相はこうした見解をどう受け取るか。(ワシントン駐在客員特派員・古森義久)
********************************** 
安倍談話で謝罪するな
思う方はクリックを!  
  
『にほんブログ村』政治ブログランキング
 
『FC2ブログランキング』 
**********************************

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

「日本を永遠に攻撃するカードは絶対に手放さない」のが当然です。「ドイツを手本にしても・・」と比較に上げられること自体が、日本と現在生きる日本人を自ら毀損していることに気付くべきと常々思っています。私(=キリスト教の教義を知る者ですがクリスチャンではありません)ども日本人は、「原罪」を負ってこの世に生まれたわけではありません。

2015/2/8(日) 午後 8:30 [ benrathseit1990 ] 返信する

顔アイコン

分かりやすい、中韓は許す気も無いクセに謝罪しろと喚くのです。
日本は謝罪する様な事もハナからしていませんが此れまでの馬鹿
内閣が謝り続けて来たツケは高い。しかし安倍内閣では謝罪せず、
事実を発信するだけで世界は日本を見る目が変わるはず。

2015/2/8(日) 午後 9:09 [ みつまめ ] 返信する

顔アイコン

ランクリ・ポチ^

2015/2/8(日) 午後 11:15 エンヤス 返信する

顔アイコン

こんにちは。
中国と韓国は共通の事案が多くて中韓とひとくくりで表現されるのですが中国はともかく韓国とは戦争どころか一緒に戦った仲間なので談話に関する中韓のセット表記を誤解して使っている人がいますので注意が必要です。

2015/2/9(月) 午前 5:58 [ asa**jp ] 返信する

顔アイコン

どうせ謝罪するなら、占領軍に押し付けられた占領憲法を70年間も守り通してきた
日本の不明を恥じて謝罪したらどうだろう。
国際法違反すら自覚せず、アカく染まったGHQがわずか1週間で作った
チンケな条文を後生大事に守ってきた見識のなさは人類史上の恥辱に他ならない。 削除

2015/2/9(月) 午前 10:10 [ くるみ ] 返信する

顔アイコン

国内の政治浄化のた民主党員、共産党員、福島瑞穂、辻本晴美、舛添都知事、等々要らない。

2015/2/9(月) 午前 11:11 [ rai*oxy* ] 返信する

顔アイコン

謝罪なんて無意味でしょう。そもそも謝罪する理由がありません。そういう事を日本政府はしっかり世界に発信して欲しいですね。外務省もしっかりして欲しいです。あまりにも弱腰です。転載させて頂きます。

2015/2/9(月) 午後 3:15 [ 暢気な家主 ] 返信する

顔アイコン

#村山談話は継承するな!!
戦前は植民地支配の帝国主義の時代
植民地でないのは
世界で日本、タイ、エチオピアだけ
日清日露戦争で
合法的に中国大陸の権益を得た
条約に基づいて軍を派遣
朝鮮台湾は国際承認の併合
謝罪の理由はない。国際常識は謝罪厳禁。
独逸が謝罪したと言うがそれは真っ赤な嘘。
独逸が謝罪したのは600万人の計画的なユダヤ人虐殺に対してであり、戦争に対しては謝罪していない。補償もしていない。
補償したのはユダヤ人の財産を略奪した事に対してのもので、強奪した財産を返しただけの事。
独逸は普通の戦争をしただけで、裁判も受けていない。二ユンベルグ裁判はユダヤ人600万人を計画的にガス室に送った共同謀議の人道に対する罪で裁かれた。
戦勝国史観の非難を恐れず、堂々と普通の戦争をしたと主張し、謝罪も賠償も以後一切拒否すべきである。

2015/2/10(火) 午前 6:50 [ ryo*se*na*920 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事