反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

全体表示

[ リスト ]

国会の野党のていたらくを国民に問え

 今朝の産経一面トップの4月23日総選挙あるかという見出しが目に飛び込んできた。
絶対にやるべきだと思いながら読んでいくと、これは記事というより森友問題に明け暮れてもっと緊急の課題である北朝鮮や中国、韓国との国際情勢を無視している民進党など野党4党の国会議員への批判だなと同感しつつ、ふと見ると阿比留瑠比の署名記事だった。

確かに「国民に立法府の意義を問うてはどうか」という小見出しから下が阿比留瑠比の署名記事だが、署名記事が一面トップに続くのは珍しいのではないか。

イメージ 1


反日メディアが森友学園問題を飽きもせず毎日面白おかしく取り上げているのは、籠池氏の得意なキャラと安倍首相の100万円寄付という爆弾発言に飛びついて程度の低い視聴者の視聴率を上げようとしているからであろう。
それだけでなく日本の厳しい国際環境から目をそらすためのスパイ工作だと言っても過言ではない。

それらを一掃し、国会はこんなことでいいのか、民進党など野党4党は日本の政治を良くしているのか、都議会で小池百合子のポピュリズム政治に迎合した公明党はいいのか、と国民の信を問うべきである。

なおその記事の下には「聖徳太子 復活へ」とある。これも朗報だ。

以下、産経新聞をお読みでない方のために長文コピペ御容赦。
(朝一番で「本格読取り」ソフトを使って文字化したが、その後ウェブサイトに
⇒【阿比留瑠比の極言御免】としてアップされた)

国民に立法府の意義を問うてはどうか
政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比

 国権の最高機関であり、唯一の立法機関である国会がこれでよいのか。2月下旬からの約1ヵ月間、国会審議の人半は私立の学校法人にすぎない、「森友学園」をめぐる一連の騒動で空回りしている。国会による疑惑追及の意義を否定するわけではないが、
国民の血税が毎日、無駄に浪費されていると言ってよい


 17日の衆院外務委員会は、安倍晋三首相が出席した約1時間のうち大半を、森友学園問題と、南スーダンPKOをめぐる陸上自衛隊の日報問題に費やした。

 米国のティラーソン国務長官が初来日し、16日に首相や岸田文雄外相と北朝鮮への対応を協議したタイミングだったにもかかわらず、である。

 トランブ米政権は、オバマ前政権が掲げた対北朝鮮の「戦略的忍耐」政策を全否定し、先制攻撃を含む「あらゆる選択肢」の行使を明言している。朝鮮半島有事はにわかに現実昧を帯びている。目本の安全保障や経済活動に直結するは自明ではないか。

 ところが、
国際情勢や日本の外交姿勢を論ずべき衆院外務委はどうだったか。民進党など野党は、安倍昭恵首相夫人が森友学園に寄付したかどうかとか、郵便局から娠り込んだのかだとか、事実関係が怪しい上に、
法的に何ら問題ないことを延々と追及し続けている。
 心胆を寒からしめる、目を覆わんばかりの異様な光景である。
 国民の生命、財産、自由を守ることが第一の使命であるはずの国会議員たちが、迫り来る危機から目をそらす。そして、自衛隊の最高指揮官である安倍首相の足を引っ張る政局的な火遊びに終始するとは・・・


 国家の存立よりも、一私立学校のあり方や理事長の特異なキャラクターの力が大切で喫緊の課題であるかのように振る舞う国会議員たちに、国民の負託を受けた立法府の一員としての衿持は感じられない。

 23日には森友学園の箭池泰典氏の証人喚問が衆参両院で行われる。だが、別状を見る限り、それで事態が収束し、国会が熟議の場になるとは想像しにくい。
むしろ証人喚問で出るであろう片言隻句が新たに取り上げられ、混乱と空転が続くのではないか


 北朝鮮の核・ミサイルだけではない。中国の国際法を無視した無秩序な海洋進出と、軍事的な領域拡張路線も、わが国の平和と安全を脅かしている。

「戦略的忍耐の政策は終わった」

ティラーソン氏は17日、韓国・ソウルでの記者会見でこう述べた。
首相もそろそろ国会に対する「戦略的忍耐」をやめてもよいのではないだろうか


 とはいえ、院の構成に変化がなければ、つまり衆院議員がある程度入れ替わらない限り、ひたすら醜聞を求めて印象操作を繰り返す国民不在の国会は変わらない


 国会が立法府の機能を果たさぬのならば、首相は平成29年度予算成を待って「立法府の意義」を問うて衆院解散・総選挙に打って出てはどうか。きっと野党も望むところだろう。

(引用終わり)

いつものことながら阿比留瑠比氏の正論に全面的に同意する。
国会の質のレベルはそのような議員を選んだ国民の質を反映している。

最後の「きっと野党も望むだろう」とは野党に対する皮肉とも受け取れる。
過去記事でも書いたように例え自民党が議員数を減らしてでも、肉を斬らせて骨を斬るべきだ。

【追記】今回の森友学園問題で安倍政権の支持率がかなり落ちたと他紙の世論調査では言われているが、
⇒産経・FNN合同世論調査では微減(2ポイント弱)であり、自民党の支持率はむしろ1.1ポイント上がり、逆に民進党の支持率は2.4ポイント落ちたとは皮肉な話だ。
*************************************
クリックをお願いします。
     ↓
『にほんブログ村』政治ブログランキング
 『FC2ブログランキング』 
************************************

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

「国会の質のレベルはそのような議員を選んだ国民の質・・」が正に図星。民進輩は「そのような国民の室」を当て込んでいるのでしょうが、流石にもう通用せず、次回選挙で崩壊するでしょう。今の日本は、森友ペテン師事件なんぞで騒いでる状況ではないでしょう!

2017/3/21(火) 午前 6:53 [ benrathseit1990 ] 返信する

顔アイコン

今日は。まさに日本の厳しい国際環境から
目をそらすためのスパイ工作ですよ!!

各局に抗議の電話しました。幼稚なマスコミ。。。うんざりです。

ミサイルが飛んでくるかもしれない、非常事態なのに!!

2017/3/21(火) 午前 10:04 [ neosout&abemaria ] 返信する

顔アイコン

ぱよちん野党は支那や北の脅威、南の反日エスカレートなんぞ
屁とも思っていないのだろう。根が空想平和主義だから。
支那や北が実力行使すれば国際社会が黙っていないと思い込んでいる。
なので実力行使はあり得ないと安直に結論付ける。
だが、支那や北は国際社会のレベルにおいて「まともな国」だろうか。
それに支那の武装漁民が尖閣に上陸したり、北が西日本のどこかの都市か原発の近くに
ミサイルを撃ち込んで、果たして国際社会が色めき立つだろうか。
米国は安保条約上臨戦態勢を取るだろうが、茶番組織の国連は恐らく動かない。
せいぜい自粛を求める決議か何かでお茶を濁す程度だろう。
ぱよちん野党とぱよちんメディアは「冷静な対応を」と連呼するだけで
支那や北の暴挙に寛容な姿勢を見せるだろう。超ヘタレだから。
安倍政権はいっそのこと「占領憲法の破棄⇒自主憲法制定」を争点に解散・総選挙をしたらどうか。

2017/3/21(火) 午前 10:12 [ くるみ ] 返信する

顔アイコン

日本はお花畑で、平和すぎる。直ぐ近くに北の猪八戒や習近平が居るんですがね(呆)、災難は向こうから突然やって来るもの。籠池劇場や小池劇場をマスコミは国を心配するフリをして喜んで無責任に煽る。

2017/3/21(火) 午後 0:04 [ みつまめ ] 返信する

果たして来月解散総選挙で本当にいいんですかね?

私は反対です。

なぜなら、やっと成立するかと思われていた共謀罪がまた成立延期になりますよ。今は解散より、本当にやらなければいけないこと、例えば拉致被害者を返さないから総連潰すとか、パチンコを廃止する、また尖閣諸島に自衛隊駐留させるなどして実効支配の更なる強化をする、スパイ防止法&日本独自の諜報機関設置など、真に国益になることをやるべきです。

まあ、安倍総理といえどやらないでしょうが……(。>д<)

2017/3/21(火) 午後 9:53 [ ctu*703*g ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事