さくら通信/西岡昌紀

内科医のコラムです。気軽にお立ち寄り下さい。

HIVは本当にAIDSの原因か?(7)

*




                 
                  HIVは本当にAIDSの原因か?




                          7



     そして、次の論文に御注目下さい。この論文は、今、御紹介したブラウンらの論
    文から5年後の1979年に発表された論文です。この論文は、ブラウンらの論文
    とは違った視点ら、麻薬が免疫系に与える作用を論じた論文で、彼らの研究は、ヘ
    ロインではなく、モルヒネを取り上げて居ますが、大変重要な事を、AIDSと呼
    ばれる病気が「発見」される数年前に指摘して居ます。(Journal of Immunology
Vol.123, No.3, September 1979, pp1068-1070)題名は、以下の通りです。



SUGGESTIVE EVIDENCE FOR RECEPTORS FOR
MORPHINE AND METHIONIN-ENKEPHALIN ON
NORMAL HUMAN BLOOD T LYMPHOCYTES



    で、訳すと、「正常なヒト血中Tリンパ球上のモルヒネ及びメチオニン・エンケ
    ファリン受容体を示唆する証拠」と言ふ物です。即ち、白血球の一種であるリンパ
    球は、大きくT細胞とB細胞に分けられますが、そのT細胞と呼ばれる群のリンパ
    球の表面上に、モルヒネやメチオニン・エンケファリンと言った物質と結合する分
    子が存在する様だ、と言ふのが、この題名の意味する所です。何の事か分からない
    と言ふ方もおられるでしょう。簡単に言へば、Tリンパ球の表面には、モルヒネ等
    の麻薬と結合する分子が存在する様だと言ふ事です。そして、これが、Tリンパ球
    に対して、麻薬が作用を持つ事を分子レベルの実験で裏付けて居るのです。


                                     (続く)




     平成20年6月26日(木)










                          西岡昌紀(にしおかまさのり・内科医)
http://nishiokamasanori.cocolog-nifty.com/blog/


*


.


みんなの更新記事