ここから本文です
GG(GGnoK3)のつぶやき
季節の進行が早い

書庫全体表示

立春の酒

    立春のお酒
今日、2月4日は24節気の「立春」、旧暦で使われていたのをそのまま現在の暦に使って居るのだから、季節は名前のようには行かなずまだ寒い日が続いている。

全国の酒蔵では、この立春の朝に搾った酒を「立春朝搾り」と名付けて販売するようだ、一年間で朝搾った酒をその日に飲める唯一の日なのである。私は富久錦の酒を予約して置いた、勿論送って貰えるのだがドライブを兼ねて酒を買いに行くのを楽しみにしている。

富久錦の売店の入り口である。
イメージ 1



こういうポスターで誘われた訳である、試飲して注文したわけではない。
イメージ 2





「立春朝搾り」の試飲は出来ないので飲んでみるまでは私の口に合うかどうかは分からない、保険をかける意味で美味しさを認めている「生原酒」も1本購入。
イメージ 3





生原酒のポスターである、今年の「生原酒」は私の好みにピッタリ。
イメージ 4



























 




取り敢えずは、これくらいの肴で晩酌を始めた。マグロの赤身は高い物では無いが一工夫してある、册をピチットシートで包んで水分を抜いてある、一ランク上のマグロに変化する。ワラビの卵とじ、塩漬けしていたワラビを塩抜きして使う、昨日の細巻きに使ったのだが細巻きには塩分を少し残してから使った。春の山菜の塩漬けは夏前に漬け直さないと真夏は越せない、塩抜きを上手にやれば美味しく食べられる。
 この近くで採れた新しいホーレンソーときのこの炒めもの、新しい物はアクが無く食べても舌がざらつかない、この寒さのせいか甘〜いホーレンソーだった。
 
「立春朝搾り」を楽しんだ、控えめな香りは私好み、口に含むと上品な香りが鼻に抜ける、最初は甘いように感じたがそんなことはない、飲んだ後がスッキリ。意外に腹にずっしりと来る、がぶ飲みするような酒ではない、買って良かったなと思える酒だった。
イメージ 5

この記事に

  • 顔アイコン

    今年はどこもいいできみたいですね
    嘉美心酒造もいいできでしたよ

    サンチョ井野

    2012/2/6(月) 午前 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    サンチョ殿。
    毎日満足して頂いています、生原酒も良かったですね。

    [ GGnoK3 ]

    2012/2/6(月) 午前 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    ありがとうございます。
    たくさんのトラバが集まり、また、たくさんの記事を見つけることが出来ました。
    そして、7年目にして、今年初の全国制覇を達成致しました。お時間ありましたら、覗きに来て下さい。
    来年も、立春朝搾りを応援したいと思ってます
    本当にありがとうございました。
    http://nannan-tuba.at.webry.info/201202/article_4.html

    [ nan*a*5141* ]

    2012/2/20(月) 午前 11:44

    返信する
  • 顔アイコン

    [ nan*a*5141* ]さん。
    初めまして、さっき訪問させていただきました、ご苦労様でした。

    [ GGnoK3 ]

    2012/2/20(月) 午後 3:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事