森のくまおじさんのブログ

ブログわからないけどブログ始めました!

全体表示

[ リスト ]

回路の作製

ここで、やっと新しい制御回路を紹介します。尚、以前の記事に写真を幾つか追加しましたので、興味のある方は見てください。
マイコンでLEDを駆動するので、一般的には下の図のような回路になるかと思います。トランジスタはFETの場合
もあります。RGB LEDはカソードコモンです。ところで、この回路を18㎜×11.5㎜の小さな基板な基板に入れ
イメージ 1ることは可能なのですが、は
じめは出来上がったら売るこ
とを考えていたので部品点数
を減らした回路を考えました(次の回路)。
さいわいPIC10F222のボート
はソース電流25mAで直接
LEDを駆動できます(合計出
力も75mA)。

スイッチの入力は内部プル
アップ抵抗を利用します。
各パスコンは電池駆動である
ことから、省略しました。


イメージ 2
結局、外部ディスクリート部品品は電流制限抵
抗のみで、回路を組むことができます。
制限抵抗の値ははRGBの各電流のピークの
80%程度を考慮することと、系列的に入手し易い
ものを選択します。
 






次に制御プログラムの仕様です(プログラムリストは少し長いなので省略いたします)。
ダイソーのレインボーライトペンの外装をそのまま使用しますので、操作は横に着いているたった1つの押しボタ
ンを押すかたちとなり、基本的にはダイソーペンと同じことです。
この1つのボタンの連続押下でLEDの色を連続に変えるにはどうすればよいか?

で考えたのは、ボタンの押し方により機能を変えるということです。

まず、電源のON-OFFはボタンの長押しで行います。
LEDの色の変化は電源ON時に通常の押し方で行います。
尚、電源ONにする場合の長押しでON後も続けて長押しを続けるとOFFとします。逆の場合、即ちOFFにする場
合、OFF後も続けて長押ししてもONにはしません。
このボタンの操作機能により電源ON-OFFとLEDの色変更を分けることができます。
つまり一旦電源が入れば、後は通常のボタンの押下で色の変化を楽しめます。
☆ ボタンON時におけるチャタリング吸収はしっかり行う必要があります。
簡易オートパワーOFF機能をいれます。
動作が4分以上続くとLEDを切ります。ただ、通常の電源OFFと違いマイコンには通常の動作電流が流れてい
ます。
そのため、その状態を知らせる必要があり簡易オートパワーOFF状態では緑の光が短いパルスで光ります。

次に動作です。
動作はモード1とモード2を設けます(モード1とモード2は電源ON-OFFの度に切り替わります)。

モード1                            モード2
normal mode                      normal mode
01: 白                               白   増減光
02: 黄色                            黄色 増減光
03: 水色                            水色 増減光
04: 緑                               緑   増減光
05: 桃色                            桃色 増減光
06: 赤                               赤   増減光
07: 青                               青   増減光
08: 白 点滅                        -
09: 黄色 点滅                     -
10: 水色 点滅                     -
11: 緑 点滅                        -
12: 桃色 点滅                     -
13: 赤 点滅                        -
14: 青 点滅                        -

loop blink mode                   loop mode
15: 高速色ループ点滅          -
16: 中速色ループ点滅          -
17: 普通速色ループ点滅       -
18: 低速色ループ点滅         7色ループ増減光
19: 超低速色ループ点滅       -

この仕様で組んだプログラムをPIC10F222に書き込みます。
書き込みには秋葉原の秋月電子通商で購入したPICライター(AKI−PICプログラマー Ver.4)で行います。

※ 秋月さんホームページにあった画像を勝手に使わせて頂きました。
    ブログの経験不足でご迷惑をかけましたら、ご容赦ください。
    尚、秋月電子通商の URL はhttp://akizukidenshi.com/catalog/default.aspxです。


しかし、PIC10F222はPinの関係でそのままでは書き込めません。
そこでPin変換ソケットを自作します。これについては次回にしめします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事