らんどくなんでもかんでも 7

このブログで紹介した読書の作品は青空文庫でご覧になることができます。http://www.aozora.gr.jp/

毎月総括

すべて表示

【2月総括】 ケータイ投稿記事

年度末の忙しさを詠む 休み無く このままずっと 無理すれば 割れて砕けて 裂けて散るかも もぞ (本歌) 大海の 磯もとどろに 寄する波 割れて砕けて 裂けて散るかも 源実朝 (参考記事) http://blogs.yahoo.co.jp/no1685j_s_bach/15458136.html 年度末もすぐそこまで迫ってきており、忙しい毎日が続いておりますが、 おかげさまで、まだ割れても砕けても裂けても散ってもおりません。 依然として予断を許さない状況ではありますが(^_^;) しかしながら、2月は、忙しいなりに、 意外と充実した時をすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

今回、WBC日本代表、素晴らしい戦いを見せてくれましたね。 残念ながら、三度目の優勝は果たせませんでしたが、 世界でも指折りの強さと、 野球というスポーツの魅力を存分に知らしめてくれた 見事な戦 ...すべて表示すべて表示

【字余りの歌】65 春分の雨 ケータイ投稿記事

2017/3/21(火) 午後 10:07

真夜中に 猫のウンチを 片付けて 窓開け聞こゆ 雨の足音 もぞ ウチで飼っている猫のランスには不思議なところがありまして、 夜、自分が寝ていると、 ...すべて表示すべて表示

「教科書名短篇 少年時代」の最後に取り上げる作品は、永井龍男「胡桃割り」。 作品を通して読んで思うのは、 物語の構成が、実に上手いということ。 ある日の午後、神宮に六大学野球を観に行った ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事