NO CASHのセットリスト

ライヴ、カラオケでの演奏曲目とレポートです。

全体表示

[ リスト ]

15:00〜15:30(全体10:00〜20:30中、出番9番目)
1.攻走守
2.こんなにやせてしまっタンゴ
3.仮面ライダーΣ
4.メドレー1625(Crocodile Rock 〜 Diana 〜 Oh! Carol 〜 Little Devil 〜 Happy Birthday Sweet Sixteen 〜 The Diary 〜 心のこり 〜 Mandom 〜 また逢う日まで 〜 More 〜 夢想花 〜 Where Have All The Flowers Gone 〜 Wonderful World 〜 Be My Baby 〜 Hey! Paula 〜 Non Ho L'eta 〜 Saturday Night 〜 The Sound Of Philadelphia)
5.西東京音頭
6.メルシー・ステージ

アメリカ同時多発テロから8年、今年は第5回のセプコンが開催されました。
全国で72会場、僕が出演したのは久喜菖蒲公園でした。ここの会場は、埼玉のアーティストグループ「彩-sai-」が主催しました。
埼玉県での活動は初めてではありません。10年ほど前だったか、所沢や川越で行いました。
埼玉県東部に限れば今から28年前、NHK浦和(現さいたま)放送局での生放送ギター弾語りがありました。しかしこれは失敗に終わりました(月刊 NO CASH 303 http://moon.ap.teacup.com/nocashmonthly/51.html 参照)。
久喜は全くの初めての場所でした。当日は9時30分に到着して市内循環バスで会場に向かう予定でしたが、1時間遅れました。そうしたら既にHNW会員のSHADOWsanが先に到着していましたが、食事を取ってから次のバス(約1時間後)で行くと言うので一旦別れ、僕は妻SAIDA♪と共にタクシーで先に会場入りしました。
10時45分頃に会場に到着。雨が降っていましたが、外にテントを張ってステージが作られていました。
もちろんコンサートは始まっていました。
雨は次第に激しくなり、大きな屋根の下のスペースに舞台は移動しました。

僕が呼んだオーディエンスとしては、僕の妻SAIDA♪、HNW会員のSHADOWsan、そして当日は会えませんでしたがFM-Nack5ヘビーリスナーくらんちぃsan(某携帯サイトの友達です)。
競演者も含め、レポートさせて頂きます。(出演者サイドに関しては敬称を省略いたします)

1.クバリ & THE PERFECT BLUE
 間に合いませんでした。
 クバリの小山田織音が当会場のメイン主催者でした。お世話になりました。
2.倉持弘
 終わりの方ちょこっとしか聴けませんでした。
3.スクブス
 ここから大屋根下のステージに移動しました。
 ギター&ベースのインストデュオ。「モンキーマジック」「ルパン三世」など、おなじみのJ-POP。
4.ラプトルコダイラ
 パワフルな歌声と軽妙なトークが印象的でした。
 「酒と泪と男と女」「すばらしい日々」などのカヴァーを交えてオリジナル曲も。
5.長豚剛
 この名前からも判るように、長渕剛のカヴァー、いやコピーを楽しませてくれました。
 「君は雨の日に」さすがです!僕も好きな隠れた名曲ですから。ありがとう。
6.川口太鼓塾
 西東京市保谷和太鼓の「若鷹」同様、川口龍虎太鼓の小中学生部門です。
 埼玉の和太鼓の伝統も、滞りなく継承されますね。未来は明るいです。

気が付けば、雨は止んでいました。
公園理事長の挨拶に続き、庄野真代登場!
午前中は調布市神代植物公園に視察に行き、雨が降ったので温室の中にステージを作ったとか…。

7.unitG(庄野真代&田中章)
 「中央フリーウェイ」「飛んでイスタンブール」「モンテカルロで乾杯」など。
 まさにヒット曲のオンパレードで場内を楽しませてくれました。
 テレビ大阪の取材も入りました。客席にいた僕も映ったかもしれません(?)。
8.由布花*
 本人はギター弾語りですが、ヴァイオリン、ベース、パーカッションを従えて登場。
 いきなり「Starting Over / John Lennon」で始まりましたが、後は全てオリジナルでした。
 ラストには「今日が最後のライヴです」と言ってステージ上で涙ぐんでいました。
9.NO CASH
 このレポートを打っていて気付きましたが、メドレー以外は昨年と全く同じ曲順でした。偶然!
 今回も例によって「仮面ライダーΣ」で作詞者SHADOWsanの冒頭セリフ出演がありました。
 「西東京音頭」が理事長はじめ、多くの人達にウケていたようです。
10.徳留康治
 サポートのキーボード奏者を従えて、澄んだ声で安定感のある演奏を聴かせてくれました。
 出演の最中に申し訳ないが、ここで妻と共に公園内を散歩しました。
 池の周りを歩いて一周しましたが、菖蒲町側(向こう半分)まで行ったら聴こえなくなりました。
 「久喜菖蒲公園」の名前は久喜市と菖蒲町に跨る事に由来していると聞きました。
 では、菖蒲は咲くのか?一応、小さな菖蒲園は見つけました。名に恥じていません!
11.こん・あもーれ
 ウクレレのトリオです。3人ともウクレレなんです。
 「ひょっこりひょうたん島」「Ob La Di, Ob La Da」など、カヴァー曲インスト中心でした。
12.ウーロンプロジェクト
 司会をやっていた田原みどりが出番に備えて中座していて、場をつなぐ人がいません。
 と思っていたら、ものすごい勢いで喋り捲るヴォーカルが登場してきました。
 9人の大所帯で、音楽でもトークでもパフォーマンスでも盛り上げ上手なのです!
 僕も客席で一緒になって飛び跳ねました。僕の中では、今日の1です。
13.Kats,Awo&Amirin
 登場するや、いきなり直前のウーロンプロジェクトをステージから呼び、絡みました。
 アコースティック系のトリオで、渋く聴かせてくれます。
 途中、蚕糸の森公園会場に出演していた秋山透が合流し、パワーアップしました。
14.田原みどり
 朝霞市すまいるFMのパーソナリティで、演歌歌手、女優、司会業等こなすマルチタレント。
 コテコテの関西弁トークは絶品です!まさに浪速のオバハンが喋っている感じに聞こえます。
 「石狩挽歌」を歌ったかと思うと、和太鼓との共演や、バンドを従えてハードロックまで!
 楽しんでいたのも束の間、終バスの時間なので泣く泣く帰ることにしました。
 雨は再び激しくなり、各スタッフに挨拶をして会場を後にします。
15.川口龍虎太鼓
 見られませんでした。


翌日は、小金井公園のセプコンを見に行きました。完全に客としてです。
途中からでしたが、軽くレポートします。
6.まるこたぬ
 ヴァイオリンヴォーカルの女性とギターの男性に加え、サポートのベースが入りました。
 昨日に続いて「ルパン三世」が!「お祭りマンボ」「Georgia On My Mind」の他にオリジナル曲も。
7.ハッピー★ホッピー
 ウクレレヴォーカルの女性と洗濯板パーカッションの男性に加え、ウッドベースのサポート。
 これも昨日に続き「ひょっこりひょうたん島」偶然!「私の青空」「東京ブギウギ」など。
8.Citamatico
 アコーディオンとギター、パーカッションのトリオ。ブラジル音楽のインスト。
 そんなに有名な曲は出ませんでしたが、じっくり聴かせてもらいました。
9.持田浩嗣
 以前どこかのライヴハウスでも見ましたが、存在感のあるステージは健在です。
 午前中に出演したCOCORO*COも合流し、客席も含めて会場全体を盛り上げました。
10.鈴木雄大
 「静かな闘い」「太陽の匂い」はもうおなじみとなった選曲です。お約束ですね。
 しかし「Don't Know Why 〜 悲しくてやりきれない」のメドレーにはちょっと驚きました。
 ラストはセプコン主題歌「You Can 〜愛の国」の全員大合唱で締めました。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

コメントありがとうございます!
またどこかでご一緒できたらうれしいです☆

2009/9/19(土) 午後 10:13 [ コダイラ ] 返信する

顔アイコン

タイミングズレズレのレスですいませんです!
セプコんでお世話に成りました長豚剛でございます!
掲示板に書き込み頂き有り難うございました!
嬉しかったです!


堂々とした演奏で勉強になりました!

またご一緒出来ましたら嬉しいです!

2009/10/10(土) 午前 1:26 [ kaz*1*mac ] 返信する

顔アイコン

庄野真代さんの2つ後とはNO CASH凄すぎです!!!

2009/10/11(日) 午後 8:35 [ アルトサックゾー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事