今日の1曲

これまでに出会った心に残る曲を一日一曲選びます。貴方の思い出などありましたら教えてください。

今日の一曲

すべて表示

クライ・ミー・ア・リヴァー(ブルー・ミッチェル)

イメージ 1

Cry Me A River-Blue Mitchell

Blue Mitchell (trumpet) 
Leo Wright (alto sax) 
Joe Henderson (tenor sax) 
Herbie Hancock (piano) 
Gene Taylor (bass) 
Roy Brooks (drums)

Recorde : Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, August 13, 1963
Album : Step Lightly

昨日ブログ友達の Cofee Winds さんの庭のスミレが咲いたという記事がありました。
春らしいので「スミレの花咲く頃」をアップしようと思ったのですが、今日は朝から氷雨。
スミレの花もきっと震え上がっていると思うので、後日にして今日は恨み節のこの曲にします。
この曲の入った”Step Lightly”というアルバムはブルー・ミッチェルがホレス・シルバーの元を離れた後、ブルー・ノートでの初めてのリーダー・アルバムだったようです。
理由は分かりませんが、発売されることなく、17年間もお蔵入りになっていたようです。
そんな事情なので、僕も最近初めて聴いてこんな演奏があったんだと驚きました。
ジュリー・ロドンの大ヒット曲で、楽器で演奏されることはあまりないし、トランペットでの演奏というのは更に珍しいと思いますが、これがなかなかいいのです。甘くならず、かと言って素っ気無くもない、良い塩梅の曲に仕上がっているあたりはさすがブルー・ミッチェルだと思います。

以前書いたこの曲の記事はこちらです。
Julie London
Sonny Criss



.


みんなの更新記事