CAR CRAFT ANDO 気ままな自動車修理

経験した 各種修理のブログです! メーカー毎に整理します。

全体表示

[ リスト ]

ワゴンR 良くある? アイドリング不調

昨日、良くある事例ですが 私は今回が初めての修理をしました。

スズキの K6Aエンジン搭載車の アイドル不調です。

車両 : スズキ ワゴンR
型式 : MC22S
年式 : 平成 13年
エンジン : K6A
走行距離 : 59,000㎞
イメージ 1

おっと! 依頼主の 中古車屋の社長さんが写っていたので ちょっとイヤらしく
モザイクをかけてみました。(^_-)-☆

症状は 『時々、アイドリングが不安定になり エンストを繰り返す。』と云った
具合です。

以前、同様の症状の時は アイドルポートとアクチュエータの清掃で解消した
ので 今回とは違っていました。

一度 預かった時には 全く症状が出ず スパークプラグ(イリジウム)の接地側の
電極の摩耗が激しかったので 交換をしていました。

今回は 症状が出ている状態だったので 確認作業を行います。
とりあえず、ポートとアクチュエータを清掃して エンジンを始動すると 冷間は
ファーストアイドルも ほぼ正常の状態で 暖機がすすむと 徐々に回転が下がり
暖機後は アイドル回転は ほぼ正常値になりました。

しかし、電気負荷やDレンジへのシフト時の 回転制御で 少し遅れる感じが
あり、回転も下がり気味になってきました。
極めつけは、エアコンを作動させた時です。
アイドルアップはほとんど無く 1,000回転程でかなり不安定になります。
最終的には 徐々に不安定になり 軽くレーシングすると 回転が落ちすぎ
低いアイドル回転になり、数度繰り返すと エンストしました。
再始動後は 頻繁にエンストをするようになりました。

コードリーダーにて ダイアグを確認しても 表示は正常でした。

こうなると、怪しいのは カムポジションセンサーと ISCVのアクチュエータに
絞り込まれます。(各情報を確認した結果!です。)

でも、多くの事例があるので ISCVアクチュエータから始めます。
イメージ 2

ターボなしなので 部品の位置は 矢印のスロットルボディーの下部です。

外した ポート側は
イメージ 3

こんな感じで、ポートの内部は 結構カーボンによる汚損が結構付いている
事が 良くあります。 もちろん、クリーナーとウエスや綿棒等で きれいにして
あげて下さい。

外した アクチュエータは
イメージ 4

こんな感じです。
矢印の部分に カーボンの汚れが たっぷり付着しているので ふき取って
きれいにします。
エンジンコンディショナー等を使うと モーターの内部まで 薬剤が浸透し
モーターのコイルの配線を傷めるので 絶対に使用できません。
コイルを傷めると 過電流によって エンジンコンピューターの故障を誘発
します。
その為、修理代が 10万円位になったと云う話を聞いています。
要注意!!!です。

ちなみに エンジンコンピューターは エンジンルームのバッテリーの横
イメージ 5

矢印の部分の ブラックボックス(昔コンピューターはこう呼ばれていました)
です。


ちょうど 同年式、同型式の展示車があったので 確認の為 アクチュエータを
借りて 様子を見る事にしました。

故障している?アクチュエータは 中心の部分が出た状態になっていました。
配線を接続して 作動を確認すると…
イグニッションONで ちょっと引き込まれますが 全開の状態にはなりません。
ON、OFFを数回繰り返すと ほぼ全開の状態になりました。
本来なら 一発で全開の状態になるのが 正常です。
ドナーの車両から外したアクチュエータは 一発で全開になりました。

アクチュエータを交換して 始動すると ちょっと冷えただけのエンジンですが
ファーストアイドル状態になり 暖機が終わると 正常なアイドル回転で安定
しました。
電気負荷、シフトによる負荷による アイドル回転の制御も 先程より機敏に
反応してくれます。(^_^)v
問題のエアコンアイドルアップですが、エアコンONと同時に アイドルアップが
作動します。その直後にコンプレッサーが作動します。
作動は 正常に復帰しました。(^o^)/

今回の主原因は アクチュエータの作動不良でした。
反応が遅いとか ある位置で引っかかるといった 作動不良のようです。

従って、今回はエンジンコンピューターの故障までは 波及していなかった
ようです。 よかった〜!(^_-)-☆

でも、アクチュエータは単品での供給は無かったと思います。(>_<)
新品にするか、中古にするかは 中古車屋の社長の決済です。

便利なアイドル回転制御ですが 故障すると厄介ですね。
特に今回の様に ダイアグに出て来ない場合は 試しに交換するしか手段は
ありません。 それにしては 新品部品がちょっと高すぎる気がして…(+_+)

閉じる コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

よしもとタレントがコンテストに挑戦
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事