パリスの美髪日記

札幌の美容師パリスの美髪日記・縮毛矯正・パーマ・カラー

美容

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

年末年始のお知らせ

こんにちはパリスです。

札幌は本格的な冬に突入しました。
風邪など召されぬようご自愛ください(^^♪

さて本年度の営業は12月30日をもって終了させていただきました。
来年2016年は1月4日から営業いたします。

一年間ご愛顧いただきまして本当にありがとうございます(^^♪
来年もよろしくお願いします。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

こんにちはパリスです。

9月8〜9日は東京でGMTスピエラ講習のお仕事でした・・・
台風が近づいていたので無事帰れるのかハラハラドキドキしながらも頑張りました^^

さて、GMTとスピエラ。

これを酸性領域で使用するときは施術方法にちょっとしたコツが必要です。

アルカリ矯正剤と同じような使い方をすると残念なほど伸びにくい・・・というか伸びない。

頑張って伸ばしても、仕上がりにアルカリ矯正のようなにスパッとしたキレが無いのもちょっと辛いですね。

そこで、GMTスピエラ酸性矯正にACC=アルキルカチオンコンプレックスを併用してアルカリ並みにスパッと伸ばしてみます。

まずはビフォー

イメージ 1

イメージ 2

正直なところ、スパッと伸びるアルカリ矯正でも難度の高い毛質です。

でもアルカリ矯正をなら間違いなく髪は親水性に傾いて、少しずつダメージが進んでしまいますね。

それではGMTスピエラ酸性矯正にACCを併用してアルカリ並みに伸ばしてみましょう。

イメージ 3

イメージ 4

どうでしょうか?

これだけ伸びればゲストも満足していただけうると思います。

しかも酸性領域で矯正しているのでダメージはほとんどありません。

そしてACCでしっかり疎水に仕上げているのでサラツヤが長期間持続します^^

イメージ 5


クリックのご協力をお願いします(´▽`)♪

        ↓↓


美容室イスィ・リブニールのHPはこちら♪
     

この記事に

開く コメント(0)

酸性矯正とは?@ACC40

こんにちはパリスです。

9月になりましたが相変わらず予約が多く、せっかくお電話いただいたのにご迷惑をおかけしています。

さて今回もスピエラメインの酸性矯正

ちょっと難しい話になりますが・・・

イスィ・リブニールの酸性矯正はGMT,スピエラだけで矯正しています。

これだけでどのようなクセにも対応したいと努力しています。

チオグリコール酸やシステアミン、チオグリセリンは使いません。

それを使うときは前もってゲストにその危険性をお話した上で使用します。

今回のゲストもスピエラだけで矯正しています。

まずはビフォー

一番クセの強い部分です。

イメージ 1


このような毛質はアルカリ矯正をするとザラザラ感が残ったり、最悪のパターンはビビリ(チリチリに縮れる)ことが多いですね。

仕上がりです。

イメージ 2

イメージ 3

アルカリ矯正するとゴワゴワしたり、チリついたりして収まりが悪い髪質にはとても重宝するのがGMTスピエラ矯正で、ACC=アルキルカチオンコンプレックスを併用するとサラツヤになります^^

イメージ 4

クリックのご協力をお願いします(´▽`)♪

        ↓↓



この記事に

開く コメント(0)

こんにちはパリスです。

今回は薬剤について少々・・・

縮毛矯正用の薬剤はアルカリ性、酸性とPHによって分かれています。

といっても厳密なPH設定が決まっているわけではないので、例えばPH9のものも7.5もアルカリ性領域ですし、PH6.5や3であれば酸性と呼んでいます。

さて、このアルカリ性、酸性のタイプはどのような特徴があるかといえば、

アルカリ性は髪が膨潤するのでクセが強くても伸びやすい。
しかしその反面髪がとても傷みやすい。

酸性は髪が傷むことはほとんどありませんが、クセが強いと伸びにくい。

なのでノンダメージ部分(新しく生えてきた部分など)はアルカリ性の薬剤を使用し、ダメージ部分(毛先など)は酸性の薬剤を使用することが多いです。

でもノンダメージの部分にアルカリ性の薬剤を使用するとやはりそこは傷むわけで、次回来店するとその部分が水を吸いやすくなっているのでダメージが進行したのが分かります。

つまりノンダメージ部分も酸性で矯正できると最良の方法となります。

しかし伸びにくい・・・

酸性の薬剤でスパッと伸ばすことは出来ないのでしょうか?

ここで酸性の薬剤GMTとスピエラの登場です。

この二つの薬剤とACC=アルカリカチオンコンプレックスを併用すると酸性でもスパッと伸ばすことが出来ます。

今回はノンダメージ、ノンカラーのゲストです。

イメージ 1

イメージ 2

ここまでクセが強いとアルカリ性の薬剤を選択したいとこですが、

GMT・スピエラ酸性矯正にACCを併用して伸ばします。

イメージ 3

イメージ 4


スパッと伸びてツヤサラになりました。

酸性でここまで伸びるならダメージしやすいアルカリを使用しないで済みますね♪

イメージ 5


クリックのご協力をお願いします(´▽`)♪

        ↓↓



この記事に

開く コメント(0)

こんにちはパリスです。

今年の夏は北海道とは思えないような湿度でしたね。

さて今回は捻転とウェーブが混じる手強いクセです。

イメージ 1

イメージ 2

正直言ってかなりハードルが高いです。

でもACC=アルキル・カチオンコンプレックスを使ってしっかり伸ばし、ツヤ感もアップさせたいと思います。

イメージ 3

仕上がりです。

イメージ 4

イメージ 5

しっかり伸びて手触りもサラサラになりました。

クリックのご協力をお願いします(´▽`)♪

        ↓↓


この記事に

開く コメント(0)

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事