空と風

子犬を飼いたい今日このごろ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
松尾大社 (Wikipedia)
 
山城国において、大山咋神を祀る松尾神社が鎮座する松尾山は、別名を別雷山といいます。
同じく大山咋神を御祭神とする日吉大社で行われる「山王祭」は、大山咋神と鴨玉依姫が結ばれ賀茂別雷神を生むという神事です。
調べるほどに、火雷叩畭膸該霓世漏亮造と思われてきます。

大国主命の賀茂氏としての別名、賀茂建角身命の長男、迦毛之大御神こと阿遅志貴高日子根神は、松尾の王であったと考えられます。
 
徳島に土地勘のない方は地図を見ていただきたいのですが、阿波国の式内社鴨神社とその上、丹田古墳の築かれた加茂山の南西部にあたる広範囲な山間部地名を「松尾」といいます。
その西隣が「山城」です。
 
私はこの地から、阿遅志貴高日子根神の御霊は、その地名とともに山城国へ移されたと考えます。
 
京都は、下鴨神社の鴨川上流に上賀茂神社、両社の南西に松尾山です。
 
 
イメージ 2
 

阿波は、下鴨神社の吉野川・支流の加茂谷川上流に上賀茂神社、両社の南西に松尾地区です。
 
 
イメージ 3
 
 
角度が若干違うのは、自然の川を使って配置しているからで、基本的な位置関係は同じです。
本来の松尾神は、この阿波の松尾地区に鎮座したと考えられますが、この山深い松尾地域には松尾神社はありません。
ただ、ここが本来の松尾山であると考えられる神山があります。
中津山といいます。
少し話がそれますが、興味深い山なので紹介します。
 
 
イメージ 4
 

この中津山は別名「松尾富士」と呼ばれ、空海が雨乞祈祷したことで有名なのですが、祈祷に選んだだけあって元より神聖な山だったようです。
現在は頂上に、この話に因む中津山大権現と八代龍王が祀られていますが、それ以外にも祠があり、祀られていた神々があったようです。

その内の一社は現在山下に降ろされて二宮神社となっています。
御祭神は、猿田彦神と天鈿女命で、鎮座地名は「大利」です。
大利は(おおり)と読まれていますが、本来は(おおとし)ではないでしょうか?
 
『徳島県神社誌』には、
 
創立年代不詳。永正9年(1512)社殿再建の記録あり。
往昔、中津山に鎮座のところ、後石内村に移り此の地に祀られる。年を経て上尾後に移る。
今残る尾後の「神輿休場」はその名残の地名である。
またその後、或夜中、空中より光と共に、この神、漆川字古宮の地に降り給うたので、村人は社殿をつくり之を祀ったという。
 
と、あります。
勝浦の中津峰山と並び阿波国東西に位置し、中津の中は「長」「那賀」のナカか?
中津峰山の下には式内事代主神社、この二宮神社御祭神、猿田彦神が事代主命の別名であることから見ても同族が関係するように見えます。

近くには、式内社建神社の論社「竹神社」が在ります。
鎮座地名は、池田町松尾大申。二宮神社の鎮座する大利の南隣になります。
この大申も(おおもうし)と読むのですが、元は(おおざる)でしょう。
御祭神が、猿田彦大神だからです。
どうもこの松尾地区には、大国主一族の痕跡が感じられます。
式内社建神社の論社のご祭神は、須佐之男命〜大国主命の系列で占められているからです。
 

また、源平合戦の頃、松尾瀬戸作という者が他国(京?)からこの松尾にやって来て、地域の開拓や神事仏事に貢献したと伝えられます。
他にも、京から藤原某が突然この松尾にやって来て住み着き、背負ってきた御神体と仏像を奉斎した、と云われ、痕跡が藤原神社として残っています。

彼らはなぜ、遠い都から、この阿波の最深部の山奥目指してやってきたのでしょうか?
自分のルーツに関して何かを知っていたように思うのです。
 

私は、この松尾地区が山城国松尾のルーツと考えていますが、 阿遅志貴高日子根神(高鴨神)がここから直に移ったわけではありません。
おそらく、ここから土佐に移り、その後畿内へ分祀されたのでしょう。
大国主命が事代主命にそうしたように、阿遅志貴高日子根神は子の賀茂別雷命にこの地を譲り、土佐へ移り住んだようです。
あるいは、その子孫が土佐へ移住し、祖神を祀ったと考えられます。
 
 
以前書いたように、土佐国一宮土佐神社方には、深淵水夜禮花神(記では大国主命の曽祖父(母?))を祀る式内社深淵神社がありますが、地名でいえば阿波の松尾の東隣が深渕なのです。
阿遅志貴高日子根神の一族は、深淵水夜禮花神または深渕族の者と一緒に土佐へ移り住んだとみえます。
 
 
イメージ 5
 
深淵神社
 
土佐二の宮、朝倉神社では事代主命の后神天津羽羽神が祀られており、その西方には、加茂山毛田、と式内社天石門別安國玉主天神社
上の地図と見比べてください。
ちなみに、紀伊国の式内社、朝椋(あさくら)神社も、御祭神は、大国主命あるいは、天津羽羽神と天石帆別神と云われています。
 

天石門別神は天津羽羽神の父と伝わりますが、阿波国“続”風土記では、天日鷲命の別名を天石門別神としており、天津羽羽神が息子である事代主命の后であることから、これもまた兄弟姉妹同士の夫婦と考えられます。

斎部氏の系図によれば、天津羽羽神は天日鷲命の妹となっていますが、本当は娘だったのです。
天日鷲命は一般的に天手力雄命(天石門別神と同神ともいわれる)の子とされていますから、系譜上の混乱があったと思われます。
つまり、天石門別神(天手力雄命)の子、天日鷲命、同じく天津羽羽神、で兄弟姉妹と系譜に記された。
しかし、天津羽羽神は、天石門別神=天日鷲命、の娘だったわけです。
 

一夫多妻制のために、女性神は同神を見つけづらいのですが、仮に事代主命の后が一人だったとすれば、天津羽羽神=玉依姬、という可能性も出てきます。
どちらも、異母を持つ天日鷲命の子どうしの結婚ですから。
 
 
土佐大神が、高鴨神・阿遅志貴高日子根神だったとすれば、事代主命の后神が土佐国二宮で祀られることには不自然さがありますが(したがって、阿遅志貴高日子根神の后であるという説もある)、天津羽羽神が阿遅志貴高日子根神の同族、たとえば妹だったらどうでしょう。
その可能性は充分あると思います。

阿遅志貴高日子根神の妹に下照姫がいますが、事代主命の妹に高照姫があり、また下照姫=高照姫いう説もあり、天津羽羽神も含めて混乱が感じられるのです。
阿遅志貴高日子根神の妹、下照姫の姉妹が高照姫=天津羽羽神で、事代主命の后となったのでは?と考えているのですが、今のところ空想でしかありません。
 
 ※ 勝浦とは何か 

阿波国発、カツラ、の地名とともに、大国主命一族の痕跡が各地に広がっていると書きましたが、山城国松尾大社は、カツラ川に添って鎮座しています。
土佐国カツラ浜の上、土佐神社から分祀されたからでしょう。
 
 
イメージ 6
 
松尾大社 曲水之庭 大歩危小歩危の青石で造られている (Wikipedia)
 

松尾神社の創建は、『秦氏本系帳』では、大宝元年(701年)。
国史での初見は、『続日本紀』天平17年9月癸酉条(745年)。
 
天皇不予。勅二平城恭仁留守一固二-守宮中一。悉追二孫王等一詣二難波宮一。
遣レ使取二平城宮鈴印一。又令三京師畿内諸寺及諸名山浄処行二薬師悔過之法一。
奉二-幣祈祷賀茂松尾等神社一。

乙訓坐火雷神社は、『続日本紀』大宝2年7月癸酉条(702年
 
詔。伊勢太神宮封物者。是神御之物。宜下准レ供二神事一。勿上レ令二濫穢一。
又在二山背国乙訓郡火雷神一。毎レ旱祈レ雨。頻有二徴験一。宜レ入二大幣及月次幣例一。

神武天皇が云々と言っていますが、何の根拠もありません。

日吉神社は、『古事記』(712年)の「大山咋神、亦の名を山末之大主神。此の神は近淡海国の日枝の山に坐し」を初見としていますが、もちろん、この「時点」で「日枝の山に坐す」という意味です。
 
前回書いたように、神社名の頭に「坐」とあるのは、「そこに移り坐す」という意味で、元々そこにはいなかったことを自白しているようなものです。
もとよりそこにあったもの、本籍地を、わざわざ「○○に坐す」などと社名に冠するわけないでしょう。
ちょっと考えれば分かることです。
 
『新抄格勅符抄』10(神事諸家封戸)・大同元年牒(806年
 
神封部 合四千八百七十六戸(略)比睿神 二戸 近江
 
が、それ以外の国史初見です。
 
 

つまり、よくよく見れば、高鴨神・阿遅志貴高日子根神・大山咋神は、大和、山城ともに、全て8世紀になって分祀されたのであり、
 
 
『日本書紀』の天武天皇四(675年)三月二日の条
 
 土左大神、神刀一口を以て、天皇に進る
 
朱鳥元(686年)の八月十三日の条
 
 秦忌寸石勝を遣わし、幣を土左大神に奉る
 
とある、7世紀以前からの鎮座が確実な、土佐神社が元社なのです。
 
さて、いよいよ本題です。
 
 
(続く)
 
 

この記事に

閉じる コメント(26)

顔アイコン

〜空中より光と共に、この神、漆川字古宮の地に降り給うた〜

意識して色字にしました。笑
忌部にして賀茂氏ですしね。

2012/5/29(火) 午後 11:13 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

のらねこさん、徳島の神社に興味を持ち始めて間もない私にとっては、少し難しい内容ですが、すごく勉強になります。・・・ぐーたらさん、もしかして、5月27日(日)に神山町の大粟神社であった、阿波古事記研究会の三村さん&日本一ミステリアスな、おたゆうさんの講演で、私の前に座っておられたのは、ぐーたら先生ですよね。 削除

2012/5/30(水) 午前 0:33 [ さぶい男 ] 返信する

顔アイコン

のらねこさん、そうですね。となると、聖徳太子が阿波におられた痕跡も、これから探していかないといけませんね。蘇我馬子(と)聖徳太子こそ、大政変の中心人物だったような気もします。仏教は畿内よりも土佐〜阿波に先に伝わっていたのは確かだということですし。
でも大阪人にほんとの四天王寺さんは四国にあったんやで〜なんて言っても聞いてくれそうにないなぁ…。
これから関西のお寺や神社へ行ったら阿波石を探すように心がけます。

2012/5/30(水) 午後 4:13 [ ALI 爺 ] 返信する

顔アイコン

[さぶい男]さん
お恥ずかしゅうございます。
なみがしらさんのブログにも写ってますし(号泣)

2012/5/30(水) 午後 9:55 [ ぐーたら ] 返信する

顔アイコン

ぐーたらさん、なみがしらさんのブログ見ました。ギエー うつ、うつ、写っている、涙 削除

2012/5/30(水) 午後 10:39 [ さぶい男 ] 返信する

顔アイコン

さぶい男さん、ご熱心に動かれてますね。
私も行きたかったですよ。知っていれば。
あ。どっちみち仕事かぁ・・・。

2012/6/2(土) 午前 0:10 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

四天王寺もねえ。
何度も行ってますけど。
よく言えば庶民的、悪く言えば商売っけ・・・。おっと。
その点、京都は“うまい”ですね。

2012/6/2(土) 午前 0:14 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

う〜ん。あの写真では皆様の美男子ぶりが伝わりませんねえ。

2012/6/2(土) 午前 0:16 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

のらねこさん、具合いはいかがですか? 腹痛とおっしゃって長かったので不審に思っていましたが、ご入院とのこと。賀茂一族を追うという大仕事がこたえたのでしょう。
お見舞い申し上げます。どうぞゆっくり休養されますように。
お帰りになるまで、自分なりに勉強を続けておきます。

2012/6/5(火) 午前 2:41 [ ALI 爺 ] 返信する

顔アイコン

のらねこさん お見舞い申し上げます
きっと迦毛大御神がお守り下さりますね!

京都は 本当に う ま い と思います〜!(笑)
観光と信仰などをうまく結んでいる気が...............

岡山の 桃太郎伝説も うまい 気が...............(笑) おっと。 削除

2012/6/5(火) 午後 10:22 [ 讃の山田氏 ] 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。お元気でいらっしゃいますか。
少し休んでおりましたが、また調査に復帰しました。
出雲臣の系譜を調べておりましたら、
阿波枳閇倭奈佐比古命の別名が天穂日命、亦名
赤衾伊農大住比古佐和気能命とあり、出雲国風土記を紐解くと
阿遅志貴高日子根神は赤衾伊農大住比古佐和気能命と同神である
事が見えます。系図集に、大山咋神は阿遅志貴高日子根神と同神
とも書かれています。
阿波国の那賀郡と名方郡には、出雲系の神社が多く
こっちが大元ではないかと妄想したくなってきました。
阿波国は、元は粟国と那賀国が合併して出来ておりますし、、、
また徳島に行きたくなって参りました。

2012/6/10(日) 午後 10:58 [ 昌幸 ] 返信する

顔アイコン

ALI-爺さん、ありがとうございます。
本日復活しました。

賀茂の神が休ませてくれたのか、書くなといっているのか、よくわかりません。

2012/6/15(金) 午後 6:44 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

讃の山田氏さん、ありがとうございます。
京都は本当に何事も上手い(センスがいい)ですね。
私も嫁も今年京都のファンになりました。

もちろん腹の中はわかりませんけど、表面だけでも見せ方は見事です。さすが長年日本の中心だっただけのことはあります。
それにひきかえ、嫌気のさす地方もいくつかあります。

四国もそう思われないように気をつけたいところです。

2012/6/15(金) 午後 6:52 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

ああ良かった。皆さんもホッとされたと思います。
お大事になさってください。
賀茂の神様、どうぞお願いします。 削除

2012/6/15(金) 午後 8:32 [ あわちゃん ] 返信する

顔アイコン

昌幸さん、お久しぶりです。

阿波枳閇倭奈佐比古命=天穂日命=阿遅志貴高日子根神

う〜ん、唸ってしまう情報ですね。
賀茂氏についてずっと考えていて、仮説(空想)が固まりつつあって、他の方の神社研究と合致する部分があったりもしますが、天穂日命=阿遅志貴高日子根神、というのは私にはちょっとキツイですね。
あれやこれやと考えるのがまた楽しいんですけど。

建比良鳥命を考えれば出雲につながるのは当然ですが。
天穂日命は高天原から説得に派遣されたと言うよりも、もともと大国主命の一族ではないか?と考えていたところなんです。

出雲系の神社は本当に多いですね。徳島の海岸部には。
粟国が県北、長国が県南、と漠然と言われてきましたが、このブログで書いてきたように、実際は長の国のエリアは少なくとも海岸部全域、吉野川河口部の北岸、現在の鳴門市〜板野郡まで及んでいたことが分かってきました。
つまり平野部のほとんどは長の国だったと思われます。

2012/6/15(金) 午後 8:50 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

あわちゃん 、ありがとう。
「賀茂の神様」は、とんでもない神様です。
今後書く私の妄想をお楽しみに。

2012/6/15(金) 午後 8:53 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

復活・・・良かった(●^o^●)♪
無理しないでくださいネ♪
1週間後、忌部を追って、栃木県まで行って来ます!!
(*^^)v 削除

2012/6/15(金) 午後 9:29 [ すえどん ] 返信する

顔アイコン

すえどんさん、いいですねえ。
フットワークが軽くて羨ましいです。
栃木もいいところですね。足利市だったかどこだったか川沿いの街で「ここ住みたいな〜」と思ったことがあります。
レポート期待してます。

2012/6/15(金) 午後 10:30 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

妄想の邪魔をしてスイマセンです。

千葉の阿波国の国造氏族も出雲臣系です、、
ですが、安房神社の祭神が出雲系ではないか不思議に思っていました。

出雲系の蘇我石川宿禰が開拓した武蔵国比企郡で、
氏神とした伊古乃速御玉比売神社(安房神社の妃)もあり
興味深いです。忌部は難しいです。

2012/6/15(金) 午後 10:57 [ 昌幸 ] 返信する

顔アイコン

静岡も、忌部と出雲と鴨がごっちゃですからね。
その謎をとくためには阿波を知ることは必要絶対条件だと思います。

2012/6/15(金) 午後 11:51 のらねこぶるーす 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事