GREEN DIARY

今年は家庭菜園がんばるよ〜

全体表示

[ リスト ]

昨日は農業講座の日でした。
座学ではなく、実地の日でしたが、
とてもいいお話を聞くことができましたので、復習の意味で少しメモします。

初心者の方から堆肥と肥料の違いがわからないとの質問があり、
一番最初の座学で教えて頂いたのですが
もう一度最初から丁寧に教えて頂くことができました。

作物が必要とする成分は以下のように分類されます。

多量必須元素 炭素(C) 酸素(O) 水素(H) 窒素(N) リン酸(P) カリ(K)
少量・微量元素 カルシウム(Ca) マグネシウム(Mg) イオウ(S)
      鉄(Fe) マンガン(Mg) ホウ素(B) 銅(Cu) 亜鉛(Zn) モリブデン(Mo) 塩素(Cl)

多量元素(C,O,H)は空気中の二酸化炭素から取り入れることができますので与える必要はありません。
多量元素 (N,P,K) は肥料として入れる必要があります。
少量元素(Ca,Mg)に関しては苦土石灰を入れる必要があります。(有機栽培の場合は有機石灰・有機苦土)
そのほかの微量元素に関しては堆肥を入れる必要があります。

微量元素は植物性の資材(バーク堆肥、腐葉土)に多く含まれるため、
これらを入れている場合はそれで十分補えるとのこと。
動物の糞についてはNPKの含有量が少ない場合は堆肥として、
多い場合は肥料として利用できます。
(鶏糞は高濃度なので肥料として使用、牛糞はいろいろあるので要確認)
どれも未熟なものを使用すると土の中で発酵するので悪さをします。
購入の際は一般的に値段が高いものの方が完熟度が高く、(手間と時間がかかっているので)
安いもの・未熟なもの(臭う)を購入した場合は追熟が必要。(半年以上〜)
牛糞については塩分が含まれるので要注意とのこと。
塩は除草剤の変わりにもなり、一旦大量に塩分が投入されると排出が難しい。
牛糞を大量に投入されている方で野菜がうまく育たない方は塩分を疑ってみるといいかもしれません。
その点、馬糞は塩分を含まず、馬の腸内にはいい細菌がたくさんいるので上質の堆肥になるのだそうです。
糞尿の塩分濃度についてですが、いわゆる塩分(NaCl)に関する分析事例はほとんどありません。
これは、糞尿を農業利用する場合、窒素、リン酸、加里などは肥料成分として重要であるため
よく分析されますが、塩分(NaCl)については現状では
肥料成分として評価する必要がないため分析もされていないと考えられます。

野菜ソムリエの講習では「ベジフルサイエンス」という栄養素についての講義がありました。
人が必要とするミネラルには
カルシウム(歯や骨の成分、血液の凝固、筋肉の収縮に関与)
リン(歯や骨の成分)
マグネシウム(骨の成分、酵素の活性化に必要)
鉄(赤血球中のヘモグロビンの成分)
カリウム(浸透圧の維持、体液のph,筋肉の収縮)
銅(造血作用、各酵素の成分)
マンガン(酵素作用、骨の形成)
亜鉛(インスリンの成分、酵素作用)
ナトリウム(ph・浸透圧の保持、神経の伝達、筋肉の収縮)
・・・・
などがあります。 
これらは作物が必要とする成分とまったく同じということがわかります。
ナトリウムを取り過ぎると悪さをするというのも同じです。
土と体の栄養素の共通点は感慨深いものがあります。

それから、話は変わりますが
田んぼを畑に転用する場合の注意点を聞いてみました。
高畝にして(これはすでに実践済み)
畝の上に川砂と籾殻を入れて、空気相を作ってやるといいとのこと、
(昨日Berryさんから同じ内容のコメント頂きました<(_ _)>)
すぐに実行してみたいと思います。

現在の講座の畑・・・18崋擇蠅萄惑歟罎任后
石だらけ、不思議な色の赤土、おまけに風が強くて育たない野菜もあります。
私の区画では 夏野菜の余った苗を適当に植えています。
マルチをして余った里芋を植えました。
落花生の苗も植える場所がなくて里芋の横に植えました。
後で部分的にマルチを剥がすつもりで。
でも、突っ込まれるといけないので 土の部分に植え替えました^^;
夏大根は寒冷紗の中に種を蒔きましたがダイコンハムシが大量に発生して、
葉っぱが穴だらけになりました。
それでも大根さえ育てばいいと思って放置。
先生から大根もやられてますよ、と言われて掘ってみると、シミだらけ、穴だらけ>_<
去年、ハムシにやられた大根は太くなったらシミが目立たなくなりました。
なので半分は残して大きくしてみます。
先生からは 大根は農薬撒かないと育たないと言われました・・・>_<
元農薬販売されてた方なので、農薬推奨されてます。
それで皆さん撒いています。
決して農薬が悪者だとは思っていません。
農薬がないと野菜はお店に並びませんし、もちろん農薬使った野菜も購入して食べています。
でも、自分が作る野菜くらいは使いたくないという方針は最後まで通したい。
この点でジレンマが生じることは 講座を受ける前からわかっていたことなのですが、
実際 ネコの額のような作付け面積に数本植えている野菜のために
次々と農薬購入されてる方をみると、なんだかやりきれない思いがします。

農業講座はいろいろな面で勉強になります。

この記事に

閉じる コメント(36)

安全な野菜、無農薬野菜を作る事は本当に難しい事ですね。
今の所私も肥料や農薬は一切使っていませんが、このまま通したいですね。

2009/6/16(火) 午後 11:08 cover_plan2 返信する

顔アイコン

ひょえ〜!
数字で見るとすごいですね!!
だからかーってすごく納得してしましました。
こちらこそありがとう^^

2009/6/17(水) 午前 0:35 nao* 返信する

顔アイコン

堆肥と肥料の違いで 成分の方に話がいっちゃいましたね。
そういう考え方もあるのか〜と読みました。

のりっこさんのコメに 「窒素がとられては野菜は育たない」
とありますが うちの畑 前回の土壌診断でチッソ欠乏のようですよ。でも野菜育ってます、なぜでしょうね〜?

2009/6/17(水) 午前 4:49 たけさん 返信する

顔アイコン

SUN菜さん、バークも未熟なものをたくさん入れた方がご近所にいらっしゃって、大変だったそうです。バークが完熟かどうかの判断は枝だそうです。枝を触ったときにポロッと折れるくらい腐っていればOKなんだとか。
馬糞はこちらでは近くに乗馬クラブがあるので、あるにはあるのですが、持ってきてくれません。しかも自分で積まないといけない。2月頃だったかな〜?誘ってくださった方がいて、一緒に取りに行きました。新しいのは湯気が出てたけど不思議と臭いがありませんでした。そのときの馬糞はナス、キュウリ、トマトの畝に入れてます。EC値が1だったからちょっと窒素が多めかな。トマトに少し病気が出てます。収穫には支障ないけど。

2009/6/17(水) 午前 5:53 のりっこ 返信する

顔アイコン

SUN菜さん、タマネギのベト病のことなんだけど、普段考えていることを書きますね。(講座で先生も同じ事を仰っていました)
土の中にはベト病も青枯病もウイルス病の菌も全ています。病気が出るのは菌のバランスが崩れたとき。いい菌を投入してバランスを戻してやればベト病も解決すると思うのですが。不耕起、連作、EM菌でベト病がなくなったなんて報告も・・・http://www.em-festa.com/back_no/2004/B1/04FB1A.html
先生は藁の納豆菌(バチルス菌)が病気には有効で、いつも藁を推奨されてます。場所変えるのと同時に何か対策を取られては?

2009/6/17(水) 午前 6:20 のりっこ 返信する

顔アイコン

昨夜この記事を見ていたら眠くなり、9時前に寝てしまいました。(^_^;)
この記事の内容が奥深いので感心しました。
こちらでは安価で牛糞が調達できますが、塩害については知りませんでした。
これまで牛糞だけで栽培したことがないので、塩害の被害はありません。
バランスの良い肥料と堆肥が必要なことが良く分かり勉強になりました。

2009/6/17(水) 午前 6:29 ウラ 返信する

顔アイコン

無農薬での栽培は理想です。
私も農薬は殆ど使いません。
でもゼロではありませんでした。
タマネギの育苗時に立ち枯れ予防で少し散布しました。
無農薬で栽培した野菜を栽培するのは、健康を維持するため。
ただ、健康を維持するために、無農薬の野菜を食べればできるかと言えばそうではないです、
健康を維持するには、ストレスを溜めないということが大きなウエイトを占めています。
タバコをパカパカ吸っていても100歳以上生きている人もいるし、吸わなくても肺がんで若くして死ぬ人も居ます。
農薬は使いたい人には使わせればいいのではないでしょうか。
お互い、楽しく菜園を楽しみましょう。

2009/6/17(水) 午前 6:37 ウラ 返信する

顔アイコン

SUN菜さん、で、無肥料栽培なんですが、まだ土作りの最中なので、経験で書くことはできないのですが、近所で自然農法でされている方の畑ではとても元気に野菜が育っていましたよ。無肥料で玉葱のベト病が無くなるのかって言われると経験がないのでわかりませんが、過酷な条件でよくこんなに育つなぁ・・と言うのが印象でした。

2009/6/17(水) 午前 6:55 のりっこ 返信する

顔アイコン

ほだぎさん、確かに同じことを思います。昔は農薬もありませんでした。虫がいて当たり前で栽培していたのでしょうね。
昔は除虫菊も栽培していたのですね。興味深いです。
ニームは使ったことがないのですが、一度は試してみたいですね。

2009/6/17(水) 午前 7:07 のりっこ 返信する

顔アイコン

cover plan2さん、そちらは気候が違うのでこちらよりは栽培しやすいと思います。高温多湿で病気は多発します。いろいろ試しながら栽培してますが、一番難しいのはアブラナ科だと思っています。

2009/6/17(水) 午前 7:09 のりっこ 返信する

顔アイコン

沖縄では本土と比べ比較にならないほど虫がいます。野菜作りの本にある害虫一覧には載っていない虫ばかり・・でも完全無農薬(トウガラシエキスも撒きません)で育てていると、最初は病害虫に悩まされますが、ずっと我慢して様子を見ていると、益虫が目に見えて増えてきます。青虫を退治している横で蜂が次々青虫を持っていってくれますし、支柱にはクモの巣だらけで蛾が沢山捕獲されています。そういった小さな生き物の営みに感動し、この虫たちと一緒に野菜を作っているという何ともいえない気持ちになります。野菜を作りながら虫たちの住処を提供している。これこそ自然との共存だと思います。蜂でも蛇でもむやみに毒は使いません、人間だけが毒(農薬)をばら撒くのです、そういった非自然的な農法は長く続かないと思います。 削除

2009/6/17(水) 午後 2:08 [ ちくりん ] 返信する

顔アイコン

農業講座はいつまで続くんですか?ただで読ませてもらっていますが
すみません。でも、あまり頭の中に入りません・・いえ、読んでも頭に入らないお年頃なんです(自爆)。。なんで何回も読みにきます。よろしくね〜。

2009/6/17(水) 午後 4:43 ruuandanri 返信する

顔アイコン

バーちゃん、調べたらとんでもない数字が!!!
籾殻入れなくてよかったです♪

2009/6/17(水) 午後 10:16 のりっこ 返信する

顔アイコン

たけさん、土壌診断で導電率はどれくらいの数値でした?
私の畑は0.01μSだったけど麦は育っています。
野菜は何を植えてるのかな?
葉物だと窒素なくてもけっこう育つようです。

2009/6/17(水) 午後 10:27 のりっこ 返信する

顔アイコン

ウラさん、眠気を誘ってごめんなさいね〜〜。
実は私もブログをしながらよく寝てしまいます(笑)
実は私も牛糞については塩分のことを考えたことがなかったので
とても参考になりました。

2009/6/17(水) 午後 10:29 のりっこ 返信する

顔アイコン

ウラさん、おっしゃるとおりですね!
楽しく体を動かすことが一番大切かもしれません。
農薬については体のことより、自分のポリシーかな。
使わないって決めたので これからも使いません。

2009/6/17(水) 午後 10:34 のりっこ 返信する

顔アイコン

ちくりんさん、文章を読んでいて、いつも野菜や虫たちをしっかり観察されてるんだなあ〜と感心しました。
農薬は人間の都合で生み出されたもの。使わないに越したことはありません。私は使わないって決めたので絶対使いませんが、それで野菜がダメになったとしても、買えばいいだけのこと。割り切ればなんてことないと思うのですが。
ちくりんさんの考え方は自然農法の基本のように思います。

2009/6/17(水) 午後 10:44 のりっこ 返信する

顔アイコン

るーあんりさん、4月から8月まで続くんです。
座学は毎月1回、現地が月2回です。
長い文字ばかりの記事でごめんなさいね。
あまりまとまってないかな。思いつくままに書いたので・・・<(_ _)>

2009/6/17(水) 午後 10:47 のりっこ 返信する

顔アイコン

農薬談義、見てて感心すること多いです。
最近、近くの乗馬クラブに行って、馬糞堆肥を貰ってくるようになりました。もちろん無料なので、それまで使っていた牛糞堆肥から徐々に代えていってます。唯、未だ臭いが残る堆肥なので完熟になってません。広い堆肥置き場があって、出来るだけ長く積んだものを袋詰めしてるのですが山を崩す時に、発酵途中であることを示す湯気と熱があります。まだ使い始めて間がないので、未熟堆肥の害など分からない部分多いですが、何とか使いこなしたいと思ってます(*^_^*)。

2009/6/18(木) 午後 9:38 ゴーヤ 返信する

早速、いい勉強させていただきました(^^)/
自然農では肥料も農薬もNOなので旦那には言えませんが・・・A−−;
私的にはやっぱり土づくりは大事だな〜と思っています。
何かアドバイスを求めてきたらこのお話をさせていただこうと
思ってます。

それから…大根ですが農薬がなくてもしっかり育ちましたよ。
お店で売られるようなまっすぐで一本大根ではなく何股かに
なってたりひげがいっぱいだったりでしたが
立派な大根でした。
私の周りでも「農薬なしでできへんやろ〜」って話は聞きますが
やっぱりできたら無農薬の安心野菜食べたいですよね。

2009/6/19(金) 午前 8:28 euca_no1 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事