ここから本文です
双極性障害に負けない!!!!
双極性障害1型です。混合状態かつラピッドサイクリングめっちゃ人生を歩んでいます。

書庫記事(本文です)

記事検索
検索

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

第357章-青い鳥-

イメージ 1




チルチル と ミチル は 幸せ の 青い鳥

を 探して 旅にでるが どこにもいなくて

失意で家に変えると そこ青い鳥がいた ということ

どこにいたかは 別として 民主主義 の 世の中で

人には だれにでも 幸福請求権 と いうのがあり

自由に 幸福を 追求して良い ことになっている

しかし それらは また 他人の

幸福追求権 を じゃましては いけない という

ルールなわけだ

これを お役所的に言えば 公共の 福祉を 促進させる

義務がある ということになる

従って この 目的のためであると

精神障害者は 他人に 危害を加えることがあるから

他人の 幸福請求権を 阻害する だから

なるべく 社会から 遠ざけたほうが 正しい

そうね なるほど しかし

全然精神障害者の 立場を 解ってないのか 無視しているのか

いずれにしても もともと 精神障害者 には

幸福を もとめる権利 幸福請求権 は ないんだ







リンクをたどると10点が加算されます。ポチしてくれると嬉しいです。

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking.html にほんブログ村 双極性障害

http://blog.with2.net/link.php?1340882 人気ブログランキング

ホームページへようこそ  http://norinn.jp/






この記事に

第356章-差別化-

イメージ 1




精神疾患 の人は 一見 守られているようだが

逆に言えば 一般社会からは 干されている

それは 違う存在で 両立はしないのである

しかし 一般人は 心がやましいか そうではない

双極性障害 を 持っていても なお 有名人

には ことたらない むしろ 尊敬していると

でも やっぱり 精神障害を 仲間に入れたくないから

あげつらうにしても 蔑むにせよ いやいや差別してないよ

と言いつつ ほんとは なるべく 距離を おこうとするんだ  


リンクをたどると10点が加算されます。よろしければクリックおねがいします。

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking.html にほんブログ村 双極性障害

http://blog.with2.net/link.php?1340882 人気ブログランキング

ホームページへようこそ  http://norinn.jp/



この記事に

第355章-進化論-

イメージ 1




進化論 て かいつまむと 次の通り

突然変異

生存競争

適者生存

それだけである

では 双極性障害 とか 統合性失調症

は 突然変異かな そうだろうな 徹底的に 少数だから

変異したのが我々で その他が正常 でしょうね

では 生存競争 それ あっという間に 負組

すなわち 生存競争 に 負けるわけ

なので 不敵者 不生存 だよね

なら なんで 私達 生きてるの?

おかしいだろう 生存すべきではないな

すぐしね そうか 死んでやる

一番良い 解決策では うん

それなのに 生きている 精神障害者 とくに

ネイティブな精神障害者 こそ 一番に 死ぬべきだ

この 混乱は どこから来ているのか

それは この突然変異者共を 病気と言って哀れみ

また じぶんも 病気病気 と考えて 社会に あまえる

この 2重の 間違いだ 

まず これに 気づくことである

くわえて いや これぐらいにしとこ

ただ 人類だからこそ なせる技であることは 書いておく

人間でよかった









リンクをたどると10点が加算されます。よろしければクリックおねがいします。

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking.html にほんブログ村 双極性障害

http://blog.with2.net/link.php?1340882 人気ブログランキング


ホームページへようこそ  http://norinn.jp/


この記事に

第354章-限界-

イメージ 1



人間は 確かに存在する

しかし その存在に関して 考えると

状況からして 科学的に 客観的 に

人間の 存在 を 解明出来てない 医学が進歩しても

わからないことは 多数あり 無論

双極性障害については 何も解ってない

病因もわからないのである それで

それらしい薬を飲んでいるが メカニズがわからない から

何一つ 双極性障害はのために作られた くすりは ない

たまたま効いたから 使っているに過ぎない

科学的に こういう状況だから 双極性障害 を 

コントロールして 治療する なんて 遠い未来の

話だろうね もう死んでるけど










(しばらくというか年余にわたって更新できなくて申し訳ない、またちょっと体調が上がったので、また書きたいことも思い浮かんでいる。なるべく早く更新したいのでよろしくおねがいします。)


リンクをたどると10点が加算されます。よろしければクリックおねがいします。

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking.html にほんブログ村 双極性障害

http://blog.with2.net/link.php?1340882 人気ブログランキング

ホームページへようこそ  http://norinn.jp/

この記事に

第353章-問題解決-

イメージ 1



だいたい 人生に置いて 問題解決しようなんておもったら

そのさきから 死にたくなるよ 何においても そう 簡単に

問題解決できるはずががない しかしながら その人生に置いて

問題解決を 求められるのは 

ふつうのことであり 問題解決できないほうが

おかしいんだ なんて いう やつも 出てくるしまつ

というか それが メジャーな考え

そういう奴らが 人間社会において のさばってる

ただ するなら 今流行りの 未来思考か

先ず問題を観察する そして だから そうなって こうなる

とかんがえられるから ふむふむと むしろ 逆に 結果として

問題解決したってことかな

ただ うつ病や 双極性障害 など精神疾患に 罹患している人に

みらいしこうなんて へへ だね 過去にとらわれて

そこから抜け出ることが出来ないから 困ってるんだから

そういう病気だよ 私らには もともと未来なんてないわ

てことは なんの問題解決も 出来ないってことか

ふむ 現実にそうなってるじゃないか

未来志向なんていうが それは 考え もしくは考え方

が 未来にわたって 正しいと信じているもの そういうたぐい

なんだそれ 本当にそんなも あるのか 真実か 希望か 結果か

いずれにしても そんなんから 導き出される 

過去完了未来型は 日本語にもならんは 馬鹿らしい

あんたらは そういうう社会で生きていけばいい

わたしたちは しばらく ドロップアウトさせていただくよ







(しばらくというか年余にわたって更新できなくて申し訳ない、またちょっと体調が上がったので、また書きたいことも思い浮かんでいる。なるべく早く更新したいのでよろしくおねがいします。)






リンクをたどると10点が加算されます。よろしければクリックおねがいします。

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking.html にほんブログ村 双極性障害

http://blog.with2.net/link.php?1340882 人気ブログランキング

ホームページへようこそ  http://norinn.jp/


/font>

この記事に

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事