ここから本文です
双極性障害に負けない!!!!
双極性障害1型です。混合状態かつラピッドサイクリングめっちゃ人生を歩んでいます。

書庫記事(本文です)

記事検索
検索

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1



条件付け そう オペラント条件付け

ネズミになりましょう 目の前に レバーがありました

押してみたら 餌が落ちてきました すると

押すと 餌が出る と 覚える

ほら 条件付け が 出来た

では レバーがありました いま

ねずみは 床に電気が流れて 痺れてるので

大変困っていました で 押してみました

そうしたら 電気が止まったのです

で また しびれたので レバーを おしたら

また しびれなくなりました それいらい

しびれたら レバーを 押せば良いことが

わかりました 条件付け できました

つまり 前者を 正の強化 と すれば

後者は 負の強化かな うん それで

うん うん これで終わったら つまんない

また ねずみがいました

レバーがありました 押してみました

すると こんどは 電気が流れました

おどろいて レバーに近寄らなくなりました

レバーを 二度と 押そうとは

しませんでした と で

われわれ 双極性障害は こういう状況じゃないか

とにかく なんかやれば 問題が起きる

だから 何も出来ない 何もしない

つまり じっとしている ねずみだな

そ ねずみです 動かない ねずみです

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking.html  にほんブログ村 双極性障害

http://blog.with2.net/link.php?1340882 人気ブログランキング






この記事に

開くコメント(0)

開くトラックバック(0)

イメージ 1



さて さて 今回は 遺伝その1 と 遺伝その3

を振り返って 整理する この2つを踏まえて

次のようなことが 観察された

双極性障害 を 持つ 家系を観察すると

つぎの 世代へ行くほど より 発症年齢 が

若くなるのである この場合 

遺伝子を比べたわけではないけど 遺伝その3

で 扱った SNPs そ 1塩基多形

こいつが 世代を こえて だんだん

繰り返しが多くなってるんじゃないか って

うーーん それは 考えられる そうだよ

ただ 遺伝子を見たわけではないので

観察的な 遺伝学だな で これまた

別の疾患で その 部分が 見つかったんだって

3連続の塩基が 6連続 9連続に 伸びているらしい

まさに ゲノムワイド関連解析 + 連鎖研究 ね

調べたい 人が いるかもしれないので

書いとくと こういう考え方 

表現促進現象 anticipation というらしい

ぐぐってね わたしは 申し訳ないけど 見てない

で 疲れたよ 遺伝の話は 本稿 で おく

きょうも 最後まで読んでくれた人 ありがとう

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking.html にほんブログ村 双極性障害

http://blog.with2.net/in.php?1340882 ブログランキング



この記事に

開くコメント(0)

開くトラックバック(0)

イメージ 1



さて さて 前々回の 連鎖研究

前回の 関連研究が ともに うまくいってない

結局は 候補遺伝子 が

どこにあるのかもわからない し 内容も わからない

なら まるごと いっちまえ て そんなのあるの

あるの 人の遺伝子は 全て読み込まれたのである

だから 全部読めたのなら どこよって

それじゃ まえと 一緒 そうでなく

全体を 双極性障害 の あるなしで

くらべる こういうのを ゲノムワイド関連解析 と いう 

そうすると 双極性障害に 限らず

いろいろな疾患で 一定の部分で 塩基が繰り返している

ことが わかった 1塩基多形 (SNPs) と いう

1000万箇所あるが ぜんぶ わかっているらしい

ここを 比べれば良い でも そんな

雲つかむような と 思ったが

なんと 心筋梗塞 とか 糖尿病とか

リウマチ などで 危険因子 が 解析できているらしい

これなら 期待 出来そう

はよう 見つけてくれ 治らんが 次世代のために

でも もし 治すため 遺伝子操作ができたら

それは それで こわいわな

じゃあ わかっても どうするの

あ そこを抑える 薬ができたら

発症する前に 塗っといて OK かな

ま わしらには しらんことだが 

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking_out.html ブログ村双極性障害

http://blog.with2.net/in.php?1340882  人気ブログランキング



この記事に

開くコメント(0)

開くトラックバック(0)

イメージ 1



さて さて 家族内で 双極性障害 や 統合失調症

が 多いのは 事実で それに基づいて

原因遺伝子を 見つけようってのが 前回のお話

こういうのは 遺伝子の 連鎖を 見ているので

連鎖研究とも いわれる

それに対し 双極性障害 と 健常者 を

比べるのが 関連研究 まず 最初に

仮設を 立てておく そうじゃないと 全部

調べるわけには いかないでしょ

(いくのは 次回  ゲノムワイド関連解析)

なので 病因論的に こうだから そこだ

それが 候補遺伝子だってきめて 解析してみる

で そうなんだけど そこだ うん そこだって

わかってたら 研究は 終わり めでたしめでたし

でしょ わからないから こまる いま おもな手法は

この薬は あきらかに うつ状態に効いている

だから どう効くのかを 解析してゆけば

最終的には 原因遺伝子が みつかる だろう

と まあ まことに 非アカデミック な 方法

で うつ病の くすりは脳内のモノアミンを

増加させる だから うつ病では 

モノアミンが少ないんじゃないかと 双極性障害

でも そうなんじゃないかと 考えられている

さて めでたい いい線までいった なら

脳内モノアミンを 減少させる 遺伝子は

COMT  MAO-A  セロトニントランスポーター

ドパミントランスポーター ・・・・・

実はきりがないのであった なら ふくすうの

研究機関で 同定した 遺伝子が 一致すれば

それが 原因だろう と 言えるかも

でも 一致しないんだな これが ほんと

だから 抗うつ剤からは うまくいかなかった

なら リチウムは これは 結構 いけるかも

イノシトールリン脂質系 これにつれた

細胞内カルシウム濃度の変化 は 有力な 仮説

ミトコンドリアの中の反応にも 関連してるらしい

難しすぎて よく わかんないが

でも ということで 関連研究は 有力だが

現状では もうすこし がんばれだ

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking_out.html ブログ村双極性障害

http://blog.with2.net/in.php?1340882 人気ブログランキング








この記事に

開くコメント(0)

開くトラックバック(0)

イメージ 1



さて さて ここから 数章は ベタ にいく

いままで てか 最近は

人生とはなにか 真理とは など 哲学的 な もの

方法論として の 倫理学

また 双極性障害 の 社会学的検討

やや リケで 最近書いてない 心理学など

が 多かったが しばらく 具体的に行く

それは 嫌ほど言った 双極性障害 は

100% 遺伝です て ことを

もうすこし 固めてみようと思う

きょうは まだ 序章 それ みんなの考えてる

メンデルの法則 だ

まさか 双極性障害 が メンデルの法則

に 従ったら 大変だ それなら

どの子が 双極性障害 か わかってしまう

なので 世の中から 双極性障害 の 遺伝子は

なくなる しかし 実際 染色体レベル

程度なら 今の 科学では 簡単に 同定できるので

双極性障害 や 統合失調症 が

多発する 家系を 調べてみて

その 染色体レベル で 異常があるか

研究されている 4 12 21

などが 候補に なっているようだ

あくまで 候補なので ほんとにそうか

その 染色体にある 遺伝子を 

ポディショナル・クローニングする

つまり 怪しい部位 を どんどん発現させて

それは どこかいな と こんどは 遺伝レベルで

どうていする そうすると どの遺伝子が原因かわかり

その発現を 抑えれば たとえ 双極性障害

の 遺伝子を 持っていても 発症しない

うわー めでたいな 世界中の研究者が

しめたー と やったが 全員敗北なのだ

したがって そこに 原因遺伝子があるか

わからない わかったら めでたいな

でも じぶんも あなたも この世にいなかった

わかったら 妊娠したら 調べるでしょう

双極性障害 ですよ と言われたら

99% 親は 中絶する 

このあたり 以前 数学を やったので

(301章)

そういうこと その時の 例は ダウン症

だったが こうなれば 双極性障害 も

おなじ まとめてみると この手法は

双極性障害 の 原因を 同定可能性がある

しかし もうなった 人には 光明でも

次世代からは ある意味 悲劇を生む 

ま 自分みたい な やつ は もういらんが

http://mental.blogmura.com/souutsu/ranking_out.html にほんブログ村 双極性障害

http://blog.with2.net/in.php?1340882 人気ブログランキング

14.10.26




この記事に

開くコメント(0)

開くトラックバック(0)

全73ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事