修行時代 

四日市のパン屋でオーブンの仕事をして3ヶ月も過ぎようしていた時のこと。 いっぱいいっぱいだけど、なんとなく仕事もできるようになってきた。 でも、まだまだだったと思うけど。 翌日の仕込みのためにバックヤードに物を取りに行って帰ってきたら、チーフが「何していたの?食パンが 過発酵じゃないか。もう廣瀬さんには任せられない。来月からオーブンは代わってもらう。」と言われた。 あーあ、やってしまったと思った。 でもやってしまったものは仕方ない。 兎に角、誤った。 あとで思ったのだがはじめの3ヶ月は失敗があってもしょうがないよな、過発酵でも完全にアウトではないと・・ 失敗しておいて図々しいかも。 もう辞めてもいいかと思った。 でも辞めますと言う勇気もなかった。チーフが怖かったしすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事