these music suit me well

深遠なるアナログ・レコードの世界へようこそ。

レア盤紹介(JAZZ編)

[ リスト | 詳細 ]

このコーナーではちょっと珍しいレコードを紹介します。ただ名盤よりも迷盤(?)の可能性大。
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

レア盤紹介(JAZZ編)-28

THE FLIP PHILLIPS-BUDDY RICH TRIO(CLEF MGC-634)
イメージ 1


長年JAZZ関連の雑誌に目を通し、また廃盤店にも出入りし、特に最近はネットでさらに多くの情報が得られるようになった現在、それほど珍しいと思うレコードは殆どなくなったように思います。まぁ、あってもそれはレア盤というより珍盤・奇盤の類(“レア”も“珍”も“奇”も同じ意味ですがここで言う“レア盤”は内容も良いものと受け取ってください)ではないでしょうか?

ただ今回取り上げる盤はホントに入手するまで見かけた記憶が全くありませんでした。VERVE系コレクターの方にとっては「なぁ〜だ」と思われるかもしれませんが私にとってはホントに「レア盤」でした。なにせジャケットすら見たことがなかったのですから・・・。
イメージ 2


きっかけは2年前にbassclefさんがブログでNORGRANのオムニバスTENOR SAXES(NORGRAN MGN1034)を取り上げられたこと。
http://bassclef.air-nifty.com/monk/2007/08/10tenor_saxesno_8f74.html
私も持っていましたので聴き返したところ推奨されていたFRIP PHILLIPSの2曲(TAKE THE A TRAIN、I DON’T KNOW WHAT TIME IT IS)がJATPでの豪放な印象とは全く逆のレスター系の実に味わい深い演奏で、しかもTENOR+PIANO+DRUMSという小編成でたっぷりとテナーが堪能でき一遍に好きになってしまいました。それまでFRIP PHILLIPSのリーダー・アルバムは1枚も持っていませんでしたので慌てて集め始めましたが、ハード・バップ系コレクターはLESTER YOUNGはターゲットでもFRIP PHILLIPSは対象外なのか、10インチも含め短時間のうちに蒐集できました。但し前記オムニバス収録の2曲の元になる「THE FRIP PHILLIS-BUDDY RICH TRIO」(NORGRAN MGC 634)だけは影も形もありませんでした。あまりに見つからないため一時は存在そのものを疑いました。TINA BROOKSの「BACK TO TRACKS」のようにカタログには載っているが実際には発売されていないのではないかと。でも何人かの方が存在を確認されていたため、それから2年間ずっと血眼になって(?)探しましたが見つけることはできませんでした。

最近漸く念願かなって入手でき、他の曲もオムニバスに含まれていた2曲と同水準の曲ばかりで一人悦に入っていますが、一聴した時、これほど好内容なものが何故?再発されなかったのか商魂逞しいNORMAN GRANZがどうしたのか?と思いました。VERVEレーベルでの再発があって当然なのに・・・それにCLEF盤にしてもブツが少なすぎるのはどうしてなのか?

一般的に考えられるのは、全く売れなかったこと、でもFRIP、HANK JONES、RICHという当時それなりに人気あった面子では考えにくいし、内容だって派手さはないものの実に味わい深く少なくとも「愚作」ではありません。とすると何か大きな「瑕疵」があって再発が難しいのか?もしくはメンバーの誰かが作品にクレームを付けたの?

原因?は聴いているうちになんとなく分かりました。裏ジャケに曲名が載っているのですが、いつまでたっても「STARDUST」が出てこないのです。ジャケ裏記載の曲順が違っていることはVERVE系のレコードには良くあることですが・・。「あれっ、これラバカンのメロディじゃない?これはBLUE ROOM?」。スタンダードのメロディを引用することは良くあることで、それをタイトルを変え自作とすることも・・・。でもいくらなんでも、これはちょっとやりすぎじゃない?・・・それとBASSが入っている曲もある(B5、B6)・・もしかしたら中身違いのレコードを買わされたのか?と一瞬冷や汗をかきましたがレーベル面でタイトル、レコード番号(MGC-634)、DEAD-WAXのマトリックス番号(MGC634A-1,B-1)を確認、間違いなく該当レコードだと確信しました。実はジャケ記載とラベル記載(収録曲)に数多くの相違があったのです。
イメージ 3
ジャケ裏記載曲         
*CARIOCA(A-1)
*TAKE THE A TRAIN(A-5)
*BUGLE CALL RAG(A-4)
*I DIDN’T KNOW WHAT TIME IT WAS(A-6)
*THREE LITTLE WORDS(A-2)
*TRIO BOOGIE (自作、B-3 のFLIP’S BOOGIEと同じ?)
*STAR DUST(未収録)
*GOODBYE(未収録)
*SALUTE TO PRES(自作、未収録)
*SWEDISH PASTRY(自作、未収録)
*FUNKY BLUES(自作、B-4のFEELIN THE BLUESと同じ?)
*FLIPPING(自作、未収録)
イメージ 6
実際のレコード収録曲(ジャケ裏未記載)
*SLEEPY HEAD(A-3、自作?)
*LOVER(B-1)
*DON’T TAKE YOUR LOVE FROM ME(B-2)
*LOVER COME BACK TO ME (B-5、BASS入り)
*BLUE ROOM (B-6、BASS入り)

イメージ 4
先行して作ったジャケット記載の曲と実際に収録した曲が大幅に違ったのにも拘わらず、うっかり発売してしまい、慌てて回収されたのではないでしょうか?そうすればこれだけ現物を見かけないというのも納得です。
ネットのDISCOGRAPHYにはジャケット記載の曲目でこの変則トリオの他、別構成(複数ホーン入り)のものと合わせてこのアルバムが作られているようなことが書かれていますが実際はB面に一部BASSが入った曲が確認できますが残りはトリオ演奏です。やっぱりレア盤のようですね。この変則的な楽器構成(SAX+PIANO+DRUMS)で有名なのは何と言っても「THE LESTER YOUNG=BUDDY RICH TRIO」(NORGRAN 1074)。サックスもピアノ(変名で参加したNOT KING COLE)もそちらの方が知名度は遥かに、内容も一枚上手、敵いません。

イメージ 5

*THE FLIP PHILLIPS-BUDDY RICH TRIO(CLEF MGC-634)、黒艶なしトランペッターラベル、両溝
*THE LESTER YOUNG-BUDDY RICH TRIO(NORGRAN MGN-1074)、黒艶なしトランペッターラベル、両溝

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

レア盤紹介(JAZZ編)-27

WARNE MARSH QUARTET (MODE LP #125)
イメージ 1


先日YAHOOオークションにMODEの「DELIGHTFUL DORIS DREW / MODE#126」のオリジナル盤が出品されていました。かつての超難関レーベル「幻のMODE」もFRESHSOUND、VSOPあたりを皮切りに何度も、それも全作再発され、特に満を持して発売された国内盤は今の澤野商会や高価・高音質再発盤の走りのような丁寧な作りだったため、オリジナル盤が音質的に特に優れていたわけでもないMODEは、もはや珍しくもなんともなくなりました。かつてMODEの顔と言われたRICHIE KAMUCA 4(#102)あたりも廃盤店主の話では値崩れが激しい代表で昔は5万円でも十分引合いがあったのに今はせいぜい半値くらいという状況のようです。そんな裏話を覚えていたため「DORIS DREW」も1万円くらいで落ちそうだったら入札しようかと思っていました。

遅い終了時間のため根性無しの私は睡魔に負けて入札できませんでしたが、翌日に結果を見てビックリ、なんと落札価格は101,000円!オークションは対抗馬(人)がいると、つい熱くなり法外な価格になることは良くありますが、それにしても金額が異常。そして3位の人も50,000円で入札しているし、その次も36,000円。これだけ高騰したのには理由がありました。まず、このオリジナル盤にはカゼ盤が多いのですが、カゼひきではないと明記してあったこと。そして決定的なことはこのオリジナル盤には殆どMODE特有のシール剥がし跡があり、ジャケット右上に大なり小なり醜い剥がれがあるのですが、これはまさに奇跡的にシールを剥がした形跡はあるもののジャケット表面の剥がれがないのです。これが高騰した最大の理由と推測されます。このシール剥がれはMODEの最後の何枚か(4枚?)にだけ見られるもので、既に設立時のオーナーは会社を売却、最後の4枚?は発売とほぼ同時にドラッグ・ストアやスーパー・マーケットで叩き売られる状態だったようです。一括超低価格で売却する際に小さなプライス・シールを張って正規盤と区別を目論んだのでしょうが、綺麗に剥がせば正規盤と区別がつかないため、結局強引にシールを剥がしジャケを傷つける荒技に出た・・・・こんなところだと思います。パンチホールとかジャケットカットなど70年初頭ROCKのレコードにはよく見られましたが、あれとコンセプトは同じでしょう。

シール剥がし跡がある中では前出「DORIS DREW」も人気盤ですが、何といっても有名なのは「WARNE MARSH 4」。そのシール剥しの無いものを持っていますので、今回取り上げます。入手したのはかなり前(15年くらい前)ですが特に高価でもなく、トリスターノ系は好きでしたが、熱狂的なMARSHファンでもなかったので大感激なんてことはありませんでしたが、以後「剥がし跡が無いもの」は一度しか見ていないのでやっぱりレアなんでしょうね。
イメージ 2イメージ 3

内容は説明不要のワンホーンの名作。スタンダードが多くATLANTIC盤などより遥かに聴きやすいのも人気の要因です。海外にはMARSHの熱狂的なファンが多く英WAVE RECORDSにはMARSHのソロだけ抜き出したアルバム(画像参照)もありますが、好事家以外は手を出さない方が無難でしょう。私は大好きですけれど・・・。
イメージ 4

*WARNE MARSH QUARTET (MODE LP #125)、両溝、シール剥がし跡無し、カゼひき無し
*RELEASE RECORD、SEND TAPE、WARNE(WAVE LP 6)、英国盤

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

レア盤紹介(JAZZ編)-26

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

GERRY MULLIGAN QUARTET(PACIFIC JAZZ PJLP-2、EP4-2)

ここ暫くROCKへ傾いておりましたが、ひょんなことからJAZZ側に大きく引っ張られる事象に遭遇してしまいました。JAZZに対する情熱と知識では私より遥かに上を行くbassclefさんがPACIFICレーベルの10インチについて盤(レーベル面)の艶あり・なし等の検証http://bassclef.air-nifty.com/monk/
をされており、資料提供を呼びかけられていたのです。かつてのPACIFICコレクターとして見て見ぬ振りもできず手持ちの資料提供をしました。すると今まで知らなかった住所の変遷やPJLP-5(MULLIGAN QUARTET)がジャケットにも2種類あることを発見したりして楽しいひと時を過ごすことができました。オリジナル盤コレクターはたくさんいますが、さすがに同じものを何枚もお持ちの方は限られているしオリジナル盤の貸借りなど絶対しないでしょうし・・。結局唯一、微細な部分にまで詳しいのは何万、何十万というレコードを見てきた老舗の廃盤店主ぐらいという状況になってしまうのは致し方ないことですし、それを生業としているわけですから、そう簡単にはマル秘部分は教えてくれません。未だに間違った情報や知らないこともたくさんあり、JAZZレコードの素晴らしさを後世に残すためにブログなどを媒介とした一般コレクターによる情報の共有化はとても大事なことではないかと思っています。

偉そうな前書きとなってしまいましたが、ご覧のとおりPJLP-5の他にPJLP-2にも2種類のジャケットが存在します。PJLP-5はラベル面の「艶あり」(オリジナル)と「艶なし」(2ND)でジャケットが違っていたのですが、これは「艶あり」で2種類出ています。一般的にはマリガンのモノクロ写真を使ったジャケ(左側)を使用しています。但しごく少数、通称「銀ジャケ」と言われタイトル他全ての文字やマリガンの顔等モノクロの白い部分が銀色に塗装されています(右側のジャケ)。銀と白の違いなので、このオリジナルジャケを知っている人でも見比べなければ、きっと看過してしまうでしょう。私も噂では聞いていましたし見たこともあったのですがPACIFIC熱が冷めた頃、遭遇したためスルーしてしまいました。その後EPでもこの図柄は2種類あることが分かりそちらは入手しましたが10インチの銀ジャケは依然未入手のままでした。ところが久し振りにPACIFICの話題に投稿などしていると不思議なもので・・・見つかるものなのですね。というわけで銀ジャケ10インチも入手しましたのでご覧ください。何故2種類あるのかはbassclefさんのブログへのコメントでも記述したとおり最初は銀ジャケで出したものの全く目立たないため直ぐに回収、プリントし直したのだと思います。

以下写真では判らない違いについて・・・・。

‘韻検岷陲△衄廖廚任垢盤の重さが違います。銀ジャケの方が明らかに重い、また微妙な差ですが同じ艶ありでも銀ジャケの方がよりラベルが黒い。但しスタンパーは同じで実際聴き比べても鮮度の違いはわかりませんでした。(レギュラー盤=112g、銀盤=155g 銀盤の方がSPに近い材質のためサーフェース・ノイズ多し。聴きやすいのはレギュラー盤。)

EPの違いの方が鮮明で銀ジャケは「巻き」、モノクロは「貼り」です。また通称「額縁」の面積が銀ジャケの方が広く、また厚い紙を使用しています。

◎話題になったPJLP-5の「裏ジャケ」もサムネイルに入れていきますので参照下さい。

◎PACIFICのマリガンのレア盤と言えば録音されるも発売が見送られたVINNIE BURKE STRINGSとの「STRINGTIME」に尽きます。手持ちのDJ用サンプラー(PACIFIC DJ-2)に1曲入っていてそれが素晴らしく是非全貌を知りたいものです(モザイクのCD・BOXセットで一部出ているようですが・・・)。

*GERRY MULLIGAN QUARTET(PJLP-5)、10インチ
*同(EP4-7)、7インチ
*GERRY MULLIGAN QUARTET(PJLP-2)、10インチ、2種類(レギュラー、銀)
*同(EP4-2)、7インチ、2種類(レギュラー、銀)

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

レア盤紹介(25)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

KOTO & FLUTE / KIMIO ETO FEATURING BUD SHANK (WORLD-PACIFIC WP-1299)

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
3日に帰省先より戻ってまいりましたが、冬の東京は暖かく良いですね。

さて本年第一弾では最もお正月らしいレコードを紹介します。私自身この季節以外に聴く事は滅多にありません。内容をご存知の方は「それってジャズなの?」「正月からキワものかい」と思われるかも知れませんが、これほどお正月らしいレコードは他にちょっとないしBUD SHANKが大活躍しているしPACIFICレーベルのメイン1200番台の最後を飾るレコードだし、休みボケで言ってみればウォーミング・アップ中だし・・・ということでお許し下さい。

お正月の音楽と言われて日本人が最初に思い浮かべるのは琴(筝)と尺八による「春の海」ではないでしょうか。このレコードはその尺八のパートをBUD SHANKがFLUTEで演奏しています。至って真面目に、ですから全く違和感はありません。しかもA面全部をPART1〜3と分け組曲風にした大作です。ちなみにB面はKIMIO ETOの琴の独奏でマーチ(これがなんと軍艦マーチ!)から子守唄(五木の子守唄他)まで取り組んでいます。

さてKOTOを演奏されているKIMIO ETO・・衛藤公雄さんについて簡単に触れておきましょう。小さい時に失明され、宮城道雄に師事し腕を磨いたあとアメリカに渡り日本人で2番目にあのカーネギー・ホールで演奏会を開くまでに至りました。その頃、PACIFIC・レーベルのオーナー、RICHARD BOCKの目に止まりレコーディング(KOTO MUSIC・「箏の調べ」・・・箏の独奏です・・・WORLD-PACIFIC 1278)を行います。その後BUD SHANKを向かえて本作を録音します。2枚のレコードを発売後、再びカーネギー・ホールで演奏会を行いWORLD-PACIFIC 1400番台(LIVERTYに買収された以降のナンバー)でこれらのレコードは再発もされていることから当時はかなりの注目を浴びていたことが分かります。その後日本に帰られ武道館を武道以外で初めて使用した音楽家として評判になり、近年は生田衛藤流の宗家として後進の指導にも力を入れられ83歳になられた今もご健在です。作曲の才能にも優れ叙情味を帯びた自作曲を前記2枚のアルバムに散りばめています。

PACIFIC1200番台にはいろいろな音楽が含まれていることは過去に何度か触れていますが、http://blogs.yahoo.co.jp/not254/30532783.html サムネイルに入れた SWINGIN LIKE SIXTY・・AROUND THE WORLD(WP-1290)はこれらのWORLD-MUSICに焦点を当てたオムニバス盤です。ジャズ以外のPACIFIC1200番台の概要を知るには便利です。

レーベルのコンプリート・コレクションは中には全く中身が判らず蒐集するものもあるので当初は「なんじゃい、これは!」と思うような畑違いのレコードも含まれ、それらは死蔵となるのですが、再度聴くチャンスがあると良さがわかり愛聴盤になるケースも結構あります。67camperさんの記事からすっかり気に入ってしまったJIMMY WITHERSPOON(WP-1267)、デレク&ドミノスで「KEY TO THE HIGHWAY」が気に入り同曲を演奏していたBROWNIE McGHEE-SONNY TERRY(WP-1294)等々。えっ、このアルバム?結構良いと思っていますがKOTO-MUSICが愛聴盤になるにはもう少し時間がかかりそうです。

*SWINGIN LIKE SIXTY・AROUND THE WORLD / VARIOUS(WORLD-PACIFIC WP-1290)、両溝
*箏の調べ・KOTO MUSIC / KIMIO ETO(WORLD PACIFIC 1423)、LIBERTY、両溝・・オリジナルはWP-1278
*KOTO & FLUTE / KIMIO ETO FEATURING BUD SHANK (WORLD-PACIFIC WP-1299)、両溝

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

レア盤紹介(24)

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

KING PLEASURE SINGS(PRESTIGE LP-208)・・・10インチ

思えば今年も以前に比べればずっと枚数は減っているもののたくさんのレコードを買いました。それと完全にANALOG指向に戻っておりCDは畑違いのNEIL YOUNGの発掘物を2枚購入しただけでした。そこで月並みですが「2007年・私の収穫」と題し、2007年に入手して最も嬉しかったレコードを取上げて今年最後の更新としたいと思います。いつも拙文にお付き合いいただきありがとうございました。よろしければまた来年もお付き合いください。

さて今年最大の収穫は夢にまで出てきた10インチです。まさか入手できるとは思ってもいませんでした。それも殆んどMINT状態のものを・・・・。12インチは既に紹介済みhttp://blogs.yahoo.co.jp/not254/33745466.html 
ですがなんとしても10インチ・オリジナルで欲しいと願っていましたが10年くらい前に表ジャケに大きな剥がれがあり、盤も擦れだらけの程度の悪い(C以下・・VG−以下のレベル)ものを一度だけ見たことがあっただけで以後は見かけることもありませんでした。またGOLDMINE(2004年版)にはNM(ニア・ミント)状態だと500ドル!というとんでもない価格が付けられていて、もし日本で出たらいったい幾らになるのだろう、とても買えないなぁ〜とも思っていました。

11月のある日、某大手レコード店でVOCALの廃盤セールがあり前日に出品内容が記載された予告メールが届きました。インストものに較べるとVOCALには興味が薄く、ただ何枚かは欲しいものがあるので一応ABC順にチェックしていくと「K」で手が止まりました。・・・KING PLEASURE SINGS(PRESTIGE LP-208)10インチ、状態良好、RARE・・・・びっくりしましたね。当日は11時開店ですが所用がありせいぜい15時頃にならないと行けない。ドタキャンしようかと思いましたが早目に行ったから必ず買えるという保証はなく事前メールには値段は記載されていないのでもし見つけても異常値なら買えないし・・・・。結局きっちり所用を済ませ15時半頃到着、ドキドキしながら高額盤はたいてい壁盤となっているのでまず壁面をチェック・・・・ありません。ああ、やっぱり先に買われてしまったか!朝から並んどけばなぁ〜、後悔先に立たず・・・・とあきらめムードで廃盤セールのコーナーをチェックしていくと緑色の10インチが、まさかと思いましたがナント夢にまで見た本盤でした。ジャケットの状態も良好、盤質も検盤前ながらB+表示で申し分なし。そして何より値段が前記価格の6分の一、もう即購入しました。日本でのKING PLEASUREの人気を鑑みてこんな値付けをしたのか、間違えたのか、解かりませんがとにかく嬉しかったですね。

さて10インチと12インチの音の比較はマイルスやロリンズのような明らかな差は感じられません。ただ「WHAT CAN I SAY DEAR?」でのJOHN LEWISのソロ部分が違います。もしかしたらと思いPRESTIGE25周年記念で出されたオムニバス(未発表・別テイク多数)http://blogs.yahoo.co.jp/not254/30255707.html
と同じテイク(SPオリジナル)なのかと思い聴き比べましたが、それとも違います。つまり「WHAT CAN I SAY DEAR?」はSP、10インチ、12インチと3バージョンが存在する事になります。この頃のJOHN LEWISはMJQ以降のクラシック要素など、まるで感じさせず、よくSWINGしています。3つのバージョンの中では12インチがLEWISのピアノがメロディアスなフレーズを連発していて最も良い出来だと思います。門外不出のお宝が一つ増えました。

*KING PLEASURE SINGS(PRESTIGE LP-208)、446W.50TH、手書RVG、両溝、10インチ

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者19100713
ブログリンク027
コメント01369
トラックバック017
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事