ここから本文です

野沢直子の小説家への道

書庫全体表示

SM車両

サンフラン名物、SMストリートフェアがあった日曜日〜〜〜








数年前、モリマン、モリオがサンフランに来て初めて行ったSMストリートフェア










イメージ 1








イメージ 2








年に一度、太陽の下でSMを楽しもう、笑 というイベントで、、これがもう大人気でこの日は毎年全米中からSM愛好家たちが集まってきて、、、







イメージ 3






毎年、この人出






イメージ 4









モリオと行った年と次の年と、二年連続行ったらもうお腹いっぱいで、今年も行きませんでした。上記の写真はネットからの拾い物です。お許しください






だって、、、一度行ったら、何万本の◯んこ見ると思うのもう二年連続行けば、一生分の◯んこ見たわよ。もう悪いけどいいです、、→上記の人混みで、股間出してる人口7割。






モリオですら、翌年は『もういいです。』て来なかったもんね。







ちなみに、みなさんお金出してムチで打たれたりするわけなんだけど、『このお金はサンフランの公立の学校に寄付されます〜』みたいな心あたたまるブースもあったりして大笑い。ぶたれてる人に、うちの子供らのためにありがとう、て手合わせといた。笑






では行かなかったので、、、代わりにこの日の街の様子の写真で勘弁してください










イメージ 5








イメージ 6








イメージ 7









イメージ 8









この日はもう、街中こんな人たちばっかりになります。この街では普通の、日常の光景な感じで、誰も驚いて振り返ったりもせず。笑







このフェアが行われるのが、フォーサムストリート、というところなので、もう『ハッピーフォーサム』て『ハッピーハロウィン』みたいに声かけ合ってます。笑









イメージ 9








そして、私は今年もまた、こんな素敵な女性専用車両みたいな、SMマッチョ専用車両の電車に乗りました。てか、この日はどの車両もこんな状態でした。








乗ってみると、さらに奥にSMマッチョさんが大勢いらして、私も、写真手前のマッチョな方に押され気味の白Tシャツの東洋人の男の方みたいな感じで、同様にややうつむきました。








この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事