自立生活センター・昭島の日常

東京都西部でひっそりと(笑)活動している福祉団体。地域で暮らす障害者の生活サポートや情報提供、移送サービスなどをやっています。

自立生活センター・昭島の日常

すべて表示

.

自立生活センターとは?

重い障害を持っている人が地域で生活を送るためには、介助者などの様々なサポートが必要です。
そのサポートを個人の力ではなく、障害者の知識や体験を基に組織化し、サービスとして提供しています。

アメリカでは1970年代に起こった自立生活運動の拠点として自立生活センター(Center for Independent Living 略して C.I.L)は誕生しました。
この流れを受けて、日本でも全国各地に自立生活センターが誕生し、当センターは1997年10月に任意団体として設立しました(2005年11月にNPO法人化)。

自立生活センターの特徴は、運営や各種のサービスを障害者自らが中心となって行なっていることです。これは障害者にとって何が必要かということを一番知っているのは障害者自身であると考えからであり、サービスの一方的な受け手ではなく、主体となって関わる姿勢からでもあります。

また、障害を持った当事者スタッフが、同じ障害のある仲間として対等な立場で話を聞くピア・カウンセリングが各サービスの根本的な要素となっています。

その他の最新記事

すべて表示

54年振りだって……

2016/11/24(木) 午前 10:32

1ヶ月に1回くらいは、 何か書かないと(笑)。 週初めのニュースから話題になっていたので解っていた事だけど、朝起きたら雪が降っていた。 11月中に東京での初雪は54年振りなんだって。 い ...すべて表示すべて表示

ワゴンR、わずか3年しか……

2016/10/4(火) 午後 5:04

……しかも、また左側。 何の事かって? スロープを収納する際に固定するゴムパーツ。 1つ3400円(当時)もする、無駄に高いだけのパーツがまた切れかけてきた。 ...すべて表示すべて表示

秋の工作 補習授業

2016/9/21(水) 午後 0:33

自立している障害者が、どういう日常を過ごしているのか知りたくてこのブログを見たつもりが、自己満足の工作をダラダラと見せられて、もしかしたら辟易している(笑)? まぁ、もう少し付き合ってよ。 シーリングファンを自作するに ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事