自立生活センター・昭島の日常

東京都西部でひっそりと(笑)活動している福祉団体。地域で暮らす障害者の生活サポートや情報提供、移送サービスなどをやっています。

自立生活センター・昭島の日常

すべて表示

.

自立生活センターとは?

重い障害を持っている人が地域で生活を送るためには、介助者などの様々なサポートが必要です。
そのサポートを個人の力ではなく、障害者の知識や体験を基に組織化し、サービスとして提供しています。

アメリカでは1970年代に起こった自立生活運動の拠点として自立生活センター(Center for Independent Living 略して C.I.L)は誕生しました。
この流れを受けて、日本でも全国各地に自立生活センターが誕生し、当センターは1997年10月に任意団体として設立しました(2005年11月にNPO法人化)。

自立生活センターの特徴は、運営や各種のサービスを障害者自らが中心となって行なっていることです。これは障害者にとって何が必要かということを一番知っているのは障害者自身であると考えからであり、サービスの一方的な受け手ではなく、主体となって関わる姿勢からでもあります。

また、障害を持った当事者スタッフが、同じ障害のある仲間として対等な立場で話を聞くピア・カウンセリングが各サービスの根本的な要素となっています。

その他の最新記事

すべて表示

4月 今年も開催お花見イベント『井の頭公園に桜を見に行こう!』(※1) 8月 日本の夏、昭島の夏。くじらの夏。『第43回くじらパレード』 1月 新春イベント『サンシャイン水族館にでかけよう!』 (※2) ...すべて表示すべて表示

そして今年も、あの季節到来。

2016/6/9(木) 午後 5:07

エアコンの不具合ではないよ(笑)。 過去3回、ペラペラの紙しかもらえなかった日本財団の車両助成。紙ではなく車が欲しかったのに……。 約14年前にワゴンRを助成してもらった時は、自己負担が0%だったが、その後車両 ...すべて表示すべて表示

魔法の箱って便利だね(笑)。

2016/5/26(木) 午後 3:43

CIL・あきしまが、この事務所を借りる時、相談室やトイレ設置工事を業者に依頼した。 そういう改修工事をしてもらうのも初めてだったので、後から色々と不満な部分も出てきていた。 流し台が低かったとか、車いすでも余裕で使えるハズのトイ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事