NPO法人双牛舎

俳句の普及・振興を目指すNPO法人です

みんなの俳句

すべて表示

傘ささぬ人も過ぎゆく春の雨     星川 佳子

傘ささぬ人も過ぎゆく春の雨     星川 佳子 『季のことば』  芭蕉の高弟で、故郷伊賀上野の蕉門のまとめ役だった蓑虫庵主服部土芳は、俳論集『三冊子』の中で、「春雨は小止みなく、いつまでも降り続くやうにする、三月をいふ。二月末よりも用ふる也。正月、二月初めを春の雨と也」と述べている。つまり、「春雨」は現在の暦で言えば三月末から四月の、しとしとと小止み無く降り続く雨を言い、二月から三月のやや強い雨は「春の雨」とすべきだと言うのである。  この句は傘をささない人も居るくらいの雨だから、土芳に従えば「春雨」であろう。しかし、芭蕉時代も今も、「春雨」と「春の雨」とは同じ意味合いで用いられることが多く、強いて違いを言えば、「春の雨」の方が初春から晩春まで通して詠まれ、かなり強い雨も言うことがあるといった程度である。  大きすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

NOP法人双牛舎の活動について

2007/11/25(日) 午後 3:48

NPO法人双牛舎は俳句の振興と普及を目的に設立されました。設立趣旨書には  .ぅ鵐拭璽優奪箸砲茲詛亢臂霾鵑慮開  俳句句集などの出版に関する助言と指導  G亢腓僚蘓桓圓紡个垢觧愼核,慮Φ罅△箸いΓ海弔了業を掲げています。 3つの事業を具体的に説明しましょう。 .曄璽爛據璽犬砲茲覽┯豌鮴發販狢蟠臀犬慮開、このブログによる「みん ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事