ここから本文です

NSC-NEW STAR CREATION(吉本興業)

NSC東京22期生在学中最後のライブを実施中。
ネタ、コーナー、トーク、スーツアクター、殺陣、お芝居、ダンス、楽器演奏
様々なライブを行っています。

是非観に来て下さい。

★チケット★
チケット代 前売り1000円/当日1200円
全席自由席

チケットのお買い求めはチケットよしもとにて
Yコード999070 

★場所★
神保町花月
東京都千代田区神田神保町1‐23 神保町シアタービル

■3/20(月)■
「こわっぱ」
12:45開場 13:00開演
出演:ジュニアコース生、21期生

「RUSH#24 〜SIGMAチャレンジ〜」
15:15開場 15:30開演
MC:ガリットチュ
出演:22期生

「SIGMA・裏」
18:45開場 19:00開演
MC:ガリットチュ
出演:22期生、スクールJCA25期生

■3/21(火)■
「RUSH#25〜from EMPTY」
17:15開場 17:30開演
MC:タケト
出演:22期生

「RUSH#26〜1分王〜」
19:45開場 20:00開演
MC:田畑藤本
出演:22期生

■3/22(水)■
「RUSH#27〜べしゃ誉め」
14:45開場 15:00開演
MC:バニラボックス
出演:22期生、21期生

「RUSH#28〜先輩、胸をお借りします。」
17:15開場 17:30開演
MC:エマ
出演:22期生、21期生

「RUSH#29〜決勝8メンズ」
19:45開場 20:00開演
MC:マジカルラブリー
出演:プール、やままん、ステファニー、まんぷくユナイテッド、バガリア、301、純白ベイブルース、ナイチンゲールダンス
※大ライブ決勝進出8組

■3/23(木)■
「RUSH#30〜NSCとゆかいな仲間達
16:45開場 17:00開演
MC:アグリー渡辺、グリン葛原
出演:22期生

「RUSH#31〜エラバレーション」
19:15開場 19:30開演
MC:サンシャイン
出演:22期生

■3/24(金)■
「RUSH#32〜お笑い三種の神器」
MC:しゃかりき
出演:22期生

「RUSH#33〜斬る。〜」
19:45開場 20:00開演
MC:犬の心いけや、岡田悠希

■3/26(日)■
「RUSH#34〜ネタFAINL」
12:15開場 12:30開演
MC:御茶ノ水男子
出演:22期生

「SHOW CASE」
17:45開場 18:00開演
出演:22期生選抜メンバー



この記事に

イメージ 1



NSCYCCでは毎月オープンスクールを行っています。

 

お笑い芸人になりたいけど、どうしたら良いかわからない。

NSCってどんなとこと?相方いないけど見つかるの?

ネタ作ったことない、作れるか不安。

 

エンタメ業界で裏方として働きたいけど、

どんな仕事があるのかわからない。

カメラマン、ADTV局で働きたい。

作家としてTV番組を作りたい、ネタを書きたい、

ネット番組を担当したい!!

 

どんな理由でも構いません。

少しでもご興味があれば、

NSCYCCの説明会と体験授業を受けてみませんか?

 

東京校の説明会・体験授業日程は以下の通りです。

 

 

2017325日(土)

2017330日(木)


【時間】

2017325日(土)

13:4514:00 受付

14:0014:45 漫才ワークショップ

15:0016:15 NSCYCC説明会

16:3017:15 体験the企画会議

17:3018:15 入学面接(希望者のみ、要・願書提出)

 

2017330日(木)

17:1517:30 受付

17:3018:45 NSCYCC説明会

19:0019:45 入学面接(希望者のみ、要・願書提出)


【内容】

1.漫才ワークショップ(NSC希望者向け)

・穴埋め式になっている台本を元に、漫才を作って実践します。

 

2.NSCYCC学院説明と入学案内

・学院コンセプト

・年間カリキュラム説明

・出願〜入学〜卒業までのロードマップ

・卒業後(進路/就職)について

 

3.体験the企画会議(YCC希望者向け)

・吉本社員になった気持ちで、企画会議を体験します。

 

4.入学選考(グループ面接)

※希望者のみ(要・願書提出)

※面接希望の方は、92円切手と82円切手をお持ちください。

※実施内容・時間は都合により変更になる場合があります。

 

【場所】

東京都千代田区神田神保町1-23 神保町シアタービル4F(3/25)5F(3/30)

 

【その他】

会場内は土足厳禁となっております。

上履きと外靴を入れる袋をご持参ください。

 

参加ご希望の方は、「学院説明会お申込はこちら」よりお申込みください。

 

 

また、よしもとクリエイティブカレッジ東京では、入学面接のみへの参加も可能です。
※面接を受けるには、入学願書の提出が必要です。

 

願書は、当日持参するか、Web上から出願するか、事前にYCC東京事務局まで郵送するかしてください。

 

お申込み頂いた方には、折り返しメールにて詳細をご連絡します。

ycc@yoshimoto.co.jpからのメールを受信できるよう、あらかじめ設定等のご確認をお願いいたします。

 

2017325日(土)18:0018:30

2017330日(木)19:0019:45

【場所】

YCC東京事務局またはYCC教室

【その他】

92円切手と82円切手、印鑑をご持参ください。

参加ご希望の方は、「学院説明会お申込みはこちら」よりお申込みください。

 

この記事に

NSC,YCC秋山兄弟インタビュー 後半・・・




−−人見知りがなくなったとおっしゃっていましたが、他にもYCCに行って成長したなと思うことはありましたか?
 
勇輝 頭が柔らかくなりましたね。いろんな種類の脳を使っていると思うので、入る前と卒業後ではだいぶん違うと思います。
 
−−そういう面で、これまでしていなかった行動をとるようになったとか、具体的に新たな動きはありましたか?
 
勇輝 この1年でテレビのバラエティ番組の見方は違ってきたと思います。今までやったら興味のないものはそのまま流していたんですけど、何でこんなにおもんないんやろうってところから入って見てみたり、エンドロールで知ってる作家さんの名前を見て「この人、この番組もやってるんや」って意識したりとか、そういうことは増えました。
 
−−放送作家とは、みたいなことで印象に残っていることはありますか?
 
勇輝 常にアンテナを張る、自分が面白いと思ったらすぐメモをする。メモの中から広がることもあるので、そういうことは常にしておきなさいと言われていました。 
−−同期の皆さんとはいかがでしたか?             イメージ 1
 
勇輝 僕はだいぶん仲のいい方やと思います。授業終わりで毎週飲みに行ったり、「卒業後はみんなどうすんの?」っていう話とかもあるので。
 
−−卒業後はどうされますか?
 
勇輝 そうですね……とりあえず作家としてがんばっていくしかないです!
 
−−秋山さん、そんな弟さんですが。
 
秋山 いや、本当に言っているとおりだと思います。がんばり続けないとダメな職業なので。構成作家も芸人も。
 
−−最近のNSC生たちは秋山さんから見ていかがですか?
 
秋山 めちゃくちゃうまいですね、みんな。僕らの時代におったら全員1位になるくらいですね。
 
−−そんな違いますか。
 
秋山 はい。僕らの時代はめちゃくちゃ荒いんですよ、技術が。今の子らはしっかりネタしてるなって思いますね。
 
−−その違いは何でしょうね?
 
秋山 僕らのときは何を見たらいいかわからなかったんですよ。漫才を見るにしても番組がそんなになかったですし。たまに特番があるくらいで。あとは昔の師匠のDVDを見ることしかできなくて。今はネットでいくらでも…。僕らみたいなやつらのネタでもぶわ〜って映像が出てくるので…。今の人らはむっちゃくちゃうらやましいです。
 
−−今のNSCの授業を見てみたいですか?
 
秋山 思います。どんなんやってるんやろうなって思います。
 
−−NSCはもう15年前ですもんね。今となってはいい思い出だけが残っているっていう感じですか?
 
秋山 それはもういい思い出ばっかりですね。でも、後でいい思い出になったという感じですね。そのときはずっとしんどかったですし、怖かったです。今思えば全部いい思い出やんなとは、後で思えるようになりました。
 
−−不安とか恐怖を抱きながらも、1年間通った理由はなんでしょう?
 
秋山 同期の存在ですね。先生はおもんないって言っても、いやでも、あそこで見てる何人かがちょっとだけ笑ってたよな、みたいな。
 
−−授業でネタを見ていた同期の反応が救いになっていたんですね。
 
秋山 はい。でも、全員絶対笑うもんかっていうスタンスでこっちを見てるので、ほんまにまったく笑わないんですよ。僕らの時代は特に。むちゃくちゃみんなとがってて、絶対笑いませんでした。だから、卒業間近になってようやくクスクス、クスクスっていう反応があって。あ、笑ってる!ってなったときに最高にうれしかったですね。 
−−それは目の前にいる人をどうやって笑わせようかという、     イメージ 2
今舞台に立っている感覚とすごく近いですよね。
 
秋山 そうです、そうです。NSCのときからその感覚を教えてもらってたんやって卒業してからだいぶん経ってから気づいたというか。僕、ジャルジャルのネタのときなんか、目は睨んでるんですけど、ずっと口元押さえて笑ってました()。こいつ笑ってるやんって横のやつにはばれてたと思うんですけど()。それが、僕がNSCの時にクスクス笑ってた人らは見事にみんな、この世界に残ってるんですよ。いまだに、全員やっているので。
 
−−秋山さんもそうですよね。他の方がクスクス笑っていたということは。
 
秋山 いや、僕はもう最後の方でした。でも、それが大きかったですね。あ、わらかしている!って思えて。
 
−−そういう歯が立たないような場所も根性つきますね。
 
秋山 絶対いいと思います。NSCは芸人になる人はもってこいやと思います。辞めるのは簡単なので、しがみついてでもやってほしいなと思いますね。
 
−−今は『M-1グランプリ』『キングオブコント』『R-1ぐらんぷり』と、分かりやすい目標もありますしね。
 
秋山 そうなんですよ。僕もNSCに入って『M-1』に出たい!って思って。それで去年、初めて決勝に出たときに「俺すっげーな!」って、初めて自分のことを思いました。初めてですね。自分すげえなって思ったのは。
 
−−隣で勇輝さんがめちゃくちゃ笑ってますよ。
 
勇輝 いや、なんなんこいつと思って()
 
秋山 俺すげーなって思ったのは初めてやった。
 
勇輝 もう、家の感じ出てるから、それ以上言うのやめとけって()
 
秋山 それくらい嬉しかったです。
 
−−お互い、芸人さんと裏方さんという立場で、それぞれに対して思うことを教えてください。
 
秋山 スタッフさんは芸人を愛してくれているなって実感しますね。もう、すごくいい環境やなって思います。社員さんもそうですし、作家さんなんて芸人のことをすごくリスペクトしてくれるというか。だからこそ下手なものを見せられへんなって思います。
 
−−勇輝さんは裏方として、どういうところに芸人さんはすごいなと思いますか?
 
勇輝 一歩表舞台に出たらすごく輝いて、どの芸人さんもすごいなって思います。だからこそ裏方として気持ちよく芸人さんにやっていただけるような準備をしないといけないなって思います。
 
−−将来はどういう作家さんになりたいですか?
 
勇輝 ゆくゆくはバラエティ番組だけじゃなく、情報番組とかニュース番組とか、何でもできるマルチな作家になりたいです。
 
−−こんなふうに兄弟で、お互いプロとしてお話しする日が来るとは…って感じですか?
 
秋山 想像もしませんでした。
 
勇輝 そうですね()
 
秋山 まだピンと来てないです、正直。
 
−−今、どんな感じでお話されてるんですか?
 
秋山 家のリビングかな……って。実家の。
 
勇輝 ()
 
−−やっぱりまだ弟ですか?
 
秋山 でもちょっと顔つきが違うので、ああ!って思いましたね。ご飯はよく行くんですけど、こういう仕事の現場で会うのはあのラジオ以来だったので、あ、ちょっと仕事の顔してるって思いました。……そんな刈り上げてた?
 
勇輝 いやそこ、仕事とは関係ない()
 
−−勇輝さんは芸人・アキナの秋山さんとして接してみて、どうですか?
 
勇輝 やっぱり兄でも背筋がぴっとなります。すごいなって思って。変な感じですけど()
 
秋山 まあ弟もめちゃ負けず嫌いなので、作家は向いているんやと思います。
 
−−NSCYCCでまず続けるために大事な事は諦めないこととのことでしたが、ほかに何かありますか?
 
秋山 自分を好きになることやと思います。自分を好きになるからこそ、おもんないって言われたときに、しっかり傷ついて、もう言われたくない、じゃあどうしようってなるので。NSCとか、YCCとかに入ったら自分のことを好きになる人が多いと思います。
 
−−それはなぜでしょう?
 
秋山 誰も守ってくれる人がいないですし、もう、自分で戦うしかないので。自然と自分のことを好きになっていくと思います。
 
−−NSCはそうやって一人で戦う場所でも、卒業したら同期の存在は変わりますよね。
 
秋山 卒業したら全然違うんですよ。あのピリピリしてたのはどこに行ってんやろって思うくらいです。もう、今なんかジャルジャルのネタも手叩いて笑ってます。DVDも買いました()。家でも見てゲラゲラ笑って。でも、やっぱり負けたくないっていう気持ちもあって。
 
−−勇輝さんは、同期の存在はいかがでしたか?
 
勇輝 同期はいろんな感性の人が集まるんです。社会人も、大学生もいます。面白いと思うこと、見る番組も違いますし。「何?その番組。ほな見てみるわ」っていう新たなつながりもできますし、同期は自分にないものを持っている人たちばかりなので、そこを吸収できるいい環境です。
 
−−どういう方がいらっしゃいましたか?
 
勇輝 年を重ねてる方もいますし、働きながらの方もいます。就職活動に生かそうと入ってくる大学生もいます。いろんな環境の方の普段の話を聞いているだけで面白かったです。だから集まった人も濃かったですね。土日の授業なので社会人でも通えるんです。

−−では最後に、NSCYCCに入ろうかどうしようかと今、決めかねている方もいると思うので、そういう方の背中をひと押ししてくださるメッセージをお願いします。

秋山 ほんまにちょっとでも興味があるなら飛び込んできてほしいです。結果がどうなっても、NSCで気づかされることが多いので。一瞬でも興味を持った方は入学して、1年間経験してみてほしいです。人間としてもすごく成長できる場所だと思うので。学費の40万円も売れたらすぐ回収できます! 芸人をやりたいなら入ってきてほしいなと思います。 

勇輝 僕は漠然と作家になりたいと思っていて、学校があるのも知っていて、なかなか入る勇気がなかったんですが、でもそこを一歩踏み越えたら、「あ、めちゃ楽しいやん」って。僕が通った構成作家コースじゃなくても、総合コースの吉本の社員さんとか、マネージャーさんになりたい人も、授業の話を聞いているだけでもプラスになることしかないので、目指している人は入った方がいいと思います。

イメージ 3



では、
2017年度入学生を募集中!
※気になる情報はリンク先をクリック


この記事に

開くトラックバック(0)

♪♪2017年度の入学願書を受け付け中♪♪
数々の人気芸人を輩出してきた吉本総合芸能学院(以下、NSC
エンタメ業界のプロを養成するよしもとクリエイティブカレッジ(以下、YCC
 

そのうちアキナ・秋山賢太(以下、秋山)は、NSC25期としてジャルジャルやプラスマイナスらと1年間、大阪校で切磋琢磨してきました。そして、秋山の7歳下の実弟、秋山勇輝(以下、勇輝)2016年度にYCC大阪の構成作家コースに入学。在学中にはアキナがMCを務めたラジオ番組に制作スタッフとして携わるという、初の“兄弟コラボ”を果たしました。


イメージ 1


そんな二人に、NSCYCCでの得たことや、経験を振り返ってもらいました。芸人として大成ために必要なスキルはもちろん、心構えもしっかり身についたと話す秋山と、講師陣はもちろん、様々な境遇の同期に刺激を受け、触発されたと語る勇輝。NSCYCCに飛び込んだからこそ見えたものとは? 芸人への道はもちろん、エンタメ業界就職の近道も見つけられるかも!? 2017年度生の募集もいよいよ締切間近。まだ迷われている方はぜひ、秋山兄弟の話に耳を傾けて、その一歩を踏み出してみてください!


 

−−アキナ・秋山さんと弟の勇輝さんにご登場願いまして。秋山さんと弟さんは7歳差の御兄弟ということで。まず、なぜ勇輝さんはYCCに入学されたんですか?

 

秋山勇輝(以下、勇輝) 僕、放送作家志望で、どうやったらなれるのかと思ったときに、よしもとさんでスタッフ養成の学校があると知って。入ったら何かきっかけを掴めると思って志望しました。

 

−−お兄さんに相談はありました?

 

アキナ・秋山賢太(以下、秋山) いや…ちゃんとした相談はなかったですね。やりたいねんっていうのは、入学ぎりぎりで聞いた感じです。

 

−−そのときはどう思われましたか?

 

秋山 頭が真っ白になってすごく複雑でしたね、やっぱり。厳しい世界なので。保障もないですし。

 

−−201610月に行われた『よしもとNSC学園祭2016』ではYCCの現役生がイベントを運営されていて。そのとき、YES THEATERサテライトスタジオでのラジオ番組「アキナの学園天国 〜NSC卒業生大集合!〜」を勇輝さんが担当されていましたよね。現場で顔を合わすというのはどうでしたか?

 

勇輝 なんか変な感じでしたね(笑)。

 

秋山 いや、それは俺のせりふや。俺が変な感じって思う。やっぱり現場で会うと……僕のダメなところなんですけど兄貴の部分が出てきて、大丈夫かな?とか、ちゃんとやってんのかな?とか思うんです。今後はそこを鬼にして。もう兄弟の縁を切ろうかな……。

 

−−え!?

 

秋山 ぐらいの気持ちでいないと、変に甘やかしてしまうなと思って。

 

−−()、ご心配だったんですね。

 

秋山 ちゃんとやってんのかなって兄貴目線で思ってしまいます。でも、話もいろいろ聞くと、本当にやりたかった仕事やったんやなって。すごく楽しそうに話してくるので、それは一番よかったなと思います。

 

−−普段からおしゃべりされるんですか? 

秋山 そうですね。よくご飯も一緒に行きますし、仲いいです。   イメージ 2

 

−−秋山さんは2002年にNSCに入学されて。今から15年前になりますが、NSCに入ったときはどんなお気持ちでいたんですか?

 

秋山 ギラギラしてましたね、やっぱり。入ったらすぐ売れるって思ってたんですよ。でも、入ったら入ったで、あ、俺絶対無理やって思って。最初の授業で、何人かいたんですよ、面白い人が。こういう子たちが売れていくんやなって。でも不思議と辞めようと思わず、この子らに負けたくないって、がむしゃらにがんばってたと思います。

 

−−在学中の1年は長かったですか? 短かったですか?

 

秋山 一瞬でしたね。ほんまに一瞬で、もう終わんねやって。卒業して大丈夫かなって不安になるくらい一瞬でした。

 

−−NSCの授業で目からうろこが落ちたような経験はありましたか?

 

秋山 どの先生にネタを見せても、みんなが口を揃えて「おもんない」って言うんですよ。くっそ〜!って思って。絶対おもろいって言わせたろうって。でも最後まで無理でしたね。「おもんないねん」「だからおもんないねん」ってずっと言われ続けて。

 

−−どこが面白くないと言われるんですか?

 

秋山 「全部おもんないねん」って。「ここがこうやから、おもんない」って言い方じゃないですよ。ネタを見終わって「うん、おもんないね」って。だから自分らでダメなところを見つけていくしかなくて。

 

−−その経験は今思うと糧になってますか?

 

秋山 めちゃくちゃなってますね。このときにちょっとでも褒められてたら、続いてないと思います。おもんない、おもんないって厳しく言われたからこそ、どうやったらおもろいと言ってもらえるやろうってめちゃ考えて考えて毎日を過ごしたので、あの1年はでかかったなって思います。

 

−−「おもんない」と言われていた先生方に今、お会いすることはありますか?

 

秋山 あります。

 

−−2015年にはアキナは『NHK上方漫才コンテスト』に優勝して、『キングオブコント』に決勝進出されて、そして2016年には『M-1グランプリ2016』のファイナリストで。結果を出しているわけですが、NSCの先生方にお会いしたときに何か声をかけてもらうことはありますか?

 

秋山 ありますね。会うと、「あのネタ、めっちゃおもろかったわ」って言ってくれるんですよ。10何年越しにやっと…。それを聞いて、やっぱりNSCに入っててよかったなって思いました。

 

−−芸人さんを志したとしても、NSCに入っているのと入っていないのとでは大きいでしょうか。

 

秋山 いや、僕はほんまに大きいと思います。この世界は競うことが当たり前なんですけど、在学中に競争力も自然と身につきますし、根性もつくんですよ。努力をしないといけない状況になるので、自然と努力もしますし、芸人として必要なものは1年と通して身につくと思います。

 

−−秋山さんの性格をお聞きしますが、打たれ弱いところとかありますか?

 

秋山 僕、打たれ弱いですし、精神的にも本当に弱いんです。でも、そういう人ほど絶対行ったほうがいいと思いますね。強くなれますし、在学中に先輩方とちょっと絡ませてもらえるのがまたいいんです。早くこういう人になりたい!!って思えるので。

 

−−在学中に絡んだ先輩芸人さんはどんな方がらっしゃいましたか?

 

秋山 僕らはFUJIWARAさんとか、キングコングさんとか。

 

−−もう雲の上の存在ですよね。

 

秋山 はい。大スターですね。当時もキラキラしてて。だから今、不思議な気持ちですよね。ルミネ the よしもとでFUJIWARAさんと一緒になったりとかして、普通に楽屋でお話をしてたりするのが。

 

−−授業で先輩方のキラキラオーラも間近で感じられて。

 

秋山 そうですね。それもNSCならではですね。

 

−−では勇輝さんにYCCについてお伺いしますね。放送作家を志して入学されたとのことですが、その前に芸人でNCSという選択肢はなかったんですか?

 

勇輝 ないですね。そもそも兄にはかなわないと思っているので、その時点でそんなこと思わなかったですね。

 −−お兄ちゃんは偉大ですか?                 イメージ 3 

勇輝 芸人としては偉大です。家ではそんなことないですけど(笑)。仕事している姿はそうですね。

 

−−昨年10月のラジオ番組、「アキナの学園天国」以前に現場が一緒になったことはあったんですか?

 

勇輝 ないです、あれが初めてです。

 

−−そのときもお兄ちゃんはかっこよかったですか?

 

勇輝 そうですね(笑)。

 

−−それで2016年度に構成作家コースに入学されて。入ったときはどうでしたか?

 

勇輝 僕、元々人見知りで。同期ともなかなかしゃべれない感じだったんですけど、やっぱりこの業界に入った以上そんなことも言ってられないし、そこでまず積極的にいろんな方に話しかけて、人見知りも変わりました。それが一番大きいことだったと思います。

 

秋山 ほんと、明るくなったんですよね。僕、身内で自分のやりたいことをやっている人を見たのは弟が初めてだったので、すごくいいことやなって思いました。あきらめずに、やりたいと思ったことを一瞬でもやるのは。結果はどうであれすばらしいことなんだなって再確認できたというか。

 

−−その一歩、入ってみるというのが大事ですね。

 

秋山 大事ですね。失敗してもいいと思うので。

 

−−勇輝さん、この1年間のYCCの授業はいかがでしたか?

 

勇輝 どの講義にしても内容がすごく濃いので、あっという間でしたね。

 

−−授業は土日ですよね?

 

勇輝 はい。

 

−−ちなみに、つらかったことはありましたか? 自分の殻を破らないといけない局面とか。

 

勇輝 企画を考える授業があるのですが、周りの子らよりもいい企画を出したいと思って、1個2個じゃなくて何十個とか考えて、そのうちの1つを提出したり。そういう、自分の中での難しさはありました。

 

−−一番うれしかったことは?

 

勇輝 作家の授業のとき、ザ・プラン9のお〜い!久馬さんに来ていただいて、自分らで書いたネタを見ていただくという内容だったんです。久馬さんにネタを見てもらうっていうだけでもすごいのに、ちゃんと一人一人に時間を取ってくれて、アドバイスとかもしてもらえたので、そんなんいいんですか!?って感じで、めっちゃ贅沢でした。

 

秋山 いいな。僕らも久馬さんにしてもらえるなら、してもらいたい(笑)。

 

※NSC,YCC秋山兄弟インタビュー 後半 につづく・・・・・





この記事に

開くトラックバック(0)

3/28(火)・29(水)
NSC39期生卒業公演開催決定!!
イメージ 1

NSC大阪39期現役生の卒業公演が開催されます!
昨年に引き続き、今年も2日間公演を行います!!
1日目も2日目もとっても豊富な内容となっております!
どんな内容があるのか、随時情報を更新していきますので
皆様お見逃しのないように、ブログ・ツイッター・インスタグラム・フェイスブックなど、NSCのSNSをご確認下さい☆


『Congraduation!〜NSC39期Live -opening day〜』3/28(火)
時間:開場18:15/開演18:30
会場:YES THEATER
料金:前売1200円/当日1500円
MC:アキナ
お買い求めはopening dayをクリック

『Congraduation!〜NSC39期Live -last day〜』3/29(水)
時間:開場18:15/開演18:30
会場:YES THEATER
料金:前売1200円/当日1500円
MC:かまいたち
お買い求めはlast dayをクリック

NSC・YCCでは2017年度入学生を募集しております。
興味がある方はお気軽にお問い合わせください。
WEB出願も可能です!詳しくはこちら↓

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事