京阪神聖公会 日立ボランティアセンター

わたしたちはひとつ 〜一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみコリ12:26
日本聖公会
神戸教区室根プロジェクト前半報告

8月15日〜20日まで、岩手県一関市室根の聖ナタナエル教会を拠点に、神戸教区の室根プロジェクト(第一陣)が行われました。以下簡単な現地報告です。

岩手県一関市室根は、岩手県と言え十数キロで宮城県気仙沼市に通じる場所で、1960年代高橋伝道師や立教学院BSAの働きによって開拓された聖ナタナエル教会があります。今回この教会をヴォランティアの宿泊所として整備し、北海道教区や横浜教区、聖公会神学院などがヴォランティア活動を行いました。
イメージ 1

気仙沼での活動(今回の作業内容)

8/16 津波で絡まった漁網のほぐし清掃 
8/17 津波で絡まった漁網のほぐし清掃
イメージ 2

イメージ 3

8/18 個人宅の床剥がし、泥かき
被災地訪問(雨天で野外作業中止 陸前高田市、大船渡市などを訪問)
イメージ 5

イメージ 6

8/19 体育館床掃除
田んぼのがれき撤去

気仙沼のヴォランティアセンターは丁寧で、ヴォランティアが初めてでも安心して行う事ができました。

また、漁網をほぐした地域は、津波により道路が寸断され孤立した地域で、自分たちの力で道路を埋め立て脱出した話などを地元の漁師さんからうかがう事ができました。
イメージ 4

室根では、毎朝7時〜朝の礼拝、毎夕19時〜夕の礼拝 を守り、亡くなられた方や被災者のことを祈りました。

(坪井 智 記)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

再出発

京阪神3教区 東日本大震災救援協働 日立ボランティアセンターはその働きを小名浜に拠点を移し。日本聖公会の「いっしょに歩こうプロジェクト」の小名浜ベースとして聖テモテ・ボランティアセンターを立ち上げ、8月23日に開所式を執り行います。引き続きご協力ご支援ください。
 
聖テモテ・ボランティアセンターのホームページ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

京阪神3教区 東日本大震災救援協働
第1期プロジェクト終了感謝

イメージ 1

                  201171
                  京都教区主教 ステパノ  高地 敬
                  大阪教区主教 サムエル  大西 修
                  神戸教区主教 アンデレ  中村 豊


関係者各位
 
 主イエス・キリストの恵みと平和が皆さまのうえに豊かにありますように。
 
 東日本大震災被災者を救援するため、京阪神聖公会3教区が協働して設立した日立ボランティアセンターは、当初の予定通り、その活動を630(木)をもって終了し、拠点を、いわき市小名浜聖テモテ教会に移すことになりました。
 
 東日本大震災被災者救援活動実施にあたり、3教区主教は、日立聖アンデレ教会牧師館が最適な場所であると定め、厚かましくも、使用をお願いいたしましたところ、北関東教区広田主教はじめ、聖アンデレ教会牧師斎藤秀樹司祭、信徒の皆さまが、施設開放を快諾してくださいました。そればかりではなく、聖アンデレ教会及び水戸聖ステパノ教会の信徒の方々は、ご自身が被災者であるにもかかわらず、センター運営に必要な物品まで提供してくださいました。
 
開設以来今日まで、130名以上のボランティアがセンターに駆けつけて、寝食を共にし、いわき及び日立地域での救援活動をおこないました。ボランティアの多くは、被災者の苦しみ、悲しみを分かち合い、心の交流を通して多くのものを学ぶことができました。
 
 日立ボランティアセンターは、630(木)午前10半の感謝式(聖餐式)をもって閉鎖いたしましたが、今日までの関係者各位の祈りと、献金、奉仕に深く感謝いたします。
 

引き続き、聖テモテ・ボランティアセンターの活動にたいして、関係者各位のご支援、ご協力を宜しくお願いし、京阪神3教区、東日本大震災救援協働第1期プロジェクト終了をご報告申し上げます。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6月29日 活動報告

日立ボランティアセンターとしての、実質的な最後の活動日です。
 6名のメンバーが、いわき市ボランティアセンターを通して、作業をしました。被災したお店の中に入り込んだ土砂やがれきを取り除く作業でした。きつい腐敗臭や大量のハエで、大変厳しい現場でした。
 午後に、「日立ボランティアセンター・センター長会議」が開かれました。3教区の担当者(センター長)と日立の牧師である斎藤司祭が集まり、今までの活動の総括と、今後の活動についての協議を行いました。
 夕方に、「感謝の集い」を行いました。日立の教会の信徒の方々もお招きし、日立の信徒の方が経営しておられるお店で、お食事をとりました。日立の教会には、牧師館の開放、お食事の提供など、物心両面において支えていただきました。日立の教会の皆様のご理解とご協力が無ければ、日立ボランティアセンターの働きはできませんでした。本当に感謝です。
 
イメージ 1
本日のボランティアの方々

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6月28日 活動報告

 6名のメンバーが朝から小名浜ボランティアセンターに向けて出発しました。
メンバーの中には初めて経験する人もいるので、張り切って出発しました。ところが、センターに到着すると、「本日は雨のため中止」の文字が。
雨が降ったり止んだりする天気ながらも、十分野外活動できる天気でしただけに大変残念。
お昼には日立に帰ってきたのですが、その頃には、すっかり快晴になっており、より残念。

 午後には、中村主教、瀬山司祭初め、神戸教区、また大阪教区の方々が日立に到着されました。
早速、平聖ミカエル会衆(教会)を訪問しました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事