ここから本文です
秋田犬貴丸のだらだら散歩道
今は亡き貴丸くんたくさんの縁を残していってくれました
毎年恒例の気の合う仲間だけのミニ同窓会

昨年は6月に佐渡へ

今年はちょっと早めに2月開催

いつもなら7〜8名の参加者はいるけれど

今回の旅は高齢者にはこたえる極寒の旅

参加者は今までで最も少ない4名

じいさん軍団4の旅のスタート





天候が荒れる事が多いこの時期

函館に住んでいながら一度東京でみんなと合流し

4名揃って北海道へ移動




結論から言えば今回の流氷の旅

なまら良かった!

素晴らしかった!








1日目のルートは

根室中標津空港到着後

イメージ 1




知床ウトロへ

途中夕焼けの海を埋め尽くした流氷

イメージ 2











翌朝早く流氷ウォーキングへ

南極越冬隊みたいなおじさん4人組

イメージ 3






ドライスーツを着て

極寒の海へドボーン

イメージ 4
(いい湯だな〜)

















網走港では砕氷船「オーロラ号」で

イメージ 6

流氷をかき分けかき分け

沖へ


迫力あるね












三日目は紋別港で

これまた構造は全く違うけど
砕氷船の「ガリンコ号」で



オホーツクの海へ



イメージ 5

手すりも凍てついてます










完全防寒スタイルは慣れてる自分ですが

露出部分が痛い

イメージ 7










昼は昼

また夜の宴会は宴会

これが旅の楽しみ




しかし

以前の様に一升瓶を立てて転がしての宴会は

無理になってきました






それでも

50年前に青春を謳歌した仲間

話が弾みとどまる所を知りません




考えてみると

お互い何とも言えぬ安心感と言うか信頼感があります

本当に楽しい3日間を過ごしました



こうして毎年

50年前の友と全国を旅してまわるなんて
現役の頃は考えられない事でした




他のグループも含め

毎年2〜3度若き時代に共に同じ釜のメシを食べた仲間と旅することができ

何とも言えぬ幸せな気持ちになります




友とは本当に良きものであり

有難きものです




ちょっと感傷的になりながら


オホーツク紋別空港を跡にしました

イメージ 8












本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事