全体表示

[ リスト ]

次に、「結果」についてですが、粥川氏は、いわゆるジャームライン・トランスミッション(生殖細胞系列への分化)が達成されなかったことをもって「小保方氏らが『ネイチャー論文』で成功と称したこととは異なる」としている。これは、すでにお馴染みの争点である。
たしかに、結果はSTAPネイチャー論文と完全に同一ではないが、しかし、それをもって「STAPの再現ではない」と決め付けるのは、正しくないだろう。
というより、そういう「100かゼロか」という「両極端な物言い」が正しくない。そういう断定的な言い方そのものが科学的ではないのである。
私は、このニュースに接したとき、「STAP現象が一部再現された」と書いた。やや手前味噌になってしまうが、この言い方が最も適切だと思う。

考えてもみて欲しい。小保方氏へのバッシングが最高潮に達したとき、STAP細胞はあたかも荒唐無稽な空想の産物であるかのように言われた。「STAP細胞は今やネス湖のネッシーみたいなもの」とさえ言われた。
当時、あんな酷い言われ方をされたことを考えれば、胚へのインジェクションが行われ、キメラができて、一部細胞の寄与が認められただけでも大変な成果である。STAP細胞の存在の証明という点では、大変な前進である。明らかに、もはや「ネッシーのようなもの」ではなくなったのである。
これは、反オボ勢力にとっては大ショックである。
ようするに、このショッキングな事態をうけて、あわてた反オボ勢力が、躍起になって否定しようとしているにすぎないのである。「リンパ球ではないから再現ではない」「弱酸処理ではないから再現ではない」「ジャームライン・トランスミッションがないから再現ではない」‥‥。こういった言説は、科学的な判断に基づく冷静な言説とは言い難い。これは、何が何でも、断じてSTAPなるものを認めてなるものか、という反オボ勢力の感情論であり、極めて冷静さを欠いたヒステリックな言説にすぎないものと思われるのである。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事