全体表示

[ リスト ]

で、笹井未亡人の発言で、一時問題になった箇所なんですけど。

「ちょうどその頃でしょうか、主人は、小保方さんについて、『研究者に向いてない』とこぼすようになりました。科学の世界はデータがすべて。証明するものはそれしかない。たとえ悪意のない、ミスであったとしても、データをそれだけ杜撰に扱うということは、信用できるものは何もなくなってしまう‥‥と非常に驚いていたのです。ユニットリーダーになる時の彼女のプレゼンの素晴らしさと、一方で持つ、極めて杜撰な面のギャップにひどく驚いていました。あの頃になると、主人は小保方さんには『根本的に研究者としての適性がない』と思うようになっていました。
ただ、主人はSTAP現象そのものについては、最後まで『ある』と思っていたと思います。確かに主人の生前から『ES細胞が混入した』という疑惑が指摘され始めていました。しかし、主人はそれこそ山のようにES細胞を見て来ていた。その目から見て、『あの細胞はES細胞とは明らかに形が異なる』という話を、家でもよくしていました。
だから、小保方さん宛ての遺書にも『再現してください』との言葉が書かれていたのだと思います」

この文中の「小保方さんは研究者に向いてない」という部分だけがネットで大きく取り上げられ、擁護派の顰蹙をかったわけだが、全体的には、小保方さんに対してそんなに不利なことは書いていない。

まあ、小保方さんが「杜撰」であることは確かだろう。つまり、「悪意のある捏造」というより、「杜撰さ」によって問題が生じた事件だと思う。
電気泳動の写真については、白線を入れればよかっただけで、笹井氏の言ったように、この時点ではまだ大問題に発展するようなことではない。
テラトーマについては、やはり一番きれいに撮れた「チャンピオンデータ」を使い回していたんじゃないかと思う。
「いつも同様の結果が出ていた」ので、(少々実験条件が異なっていてもいいやという気分で)その中から一番いいのを選んでいたのだろう。もちろん、科学の常識から言えばアウトだが、そのへんが杜撰なのである。
しかし、もともと小保方さんがそういう杜撰な人間だったのかというのと、それも少し疑問だ。周囲の教育にも問題があったかもしれない。
たとえば、「論文に使えないデータは捨てろ」「使えるデータを持って来い」などと要求する研究室に長くいれば、データに対する厳正さがだんだん失われていくのかもしれない。

以上、『週刊新潮』のインタビュー記事の内容をまとめると、マスコミや岸輝雄氏に対する批判に多くを割いており、若山氏に対しても遠まわしにチクリとしたことを述べている。
また、笹井氏が最後までSTAP現象を信じていたことも述べている。
小保方氏に対してかなり有利な内容である。

これによって、『週刊新潮』は「反オボ」から方針転換したとみていいのではないかと思う。

これで、講談社に続いて、新潮社も反オボではなくなった。
文春と小学館(ポスト)はまだまだ「反オボ」でがんばるようだが、どこまで続くか。
大新聞は、ここは風見鶏という感じかな。


この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

今度は若山さんがSTAP潰し勢力からハシゴを外されるんだろうか

2016/2/12(金) 午後 2:57 [ kaw**orops ] 返信する

顔アイコン

うーん。
事態は予断を許さないけど、
とりあえずの焦点は手記の売れ行き。
やはり、かなり売れてるみたい。
そして、BPOの判定が一つのピークかな。

不謹慎と言われるのを恐れずいうと、
これは予想以上に面白くなってきましたね!
手記は大成功でしょうね!
下策とかいってごめんなさい。

2016/2/12(金) 午後 3:05 [ DORA ] 返信する

顔アイコン

私も新潮の本記事を読んで、ネットで見た印象と全然違うやんと思いました。なんでああいった切り取り方でネットにアップしたのか、ちょっと不思議です。
文春は見出しは勇ましいんですが、記事の中身は大したことなくて、「反オボ路線」でブチかましたい編集の人も困ってるんじゃないかという気がしています。若山夫妻に取材した記者は、「反オボ」路線ではなく本当は違った風に記事を書きたかったんじゃないかとか、そんな妄想もしています。

女性セブンは、記事でも完全に反オボの悪意に満ちていて、週刊ポストはあの通りだし、小学館だけ置いてけぼりになるような気がしています。

2016/2/12(金) 午後 4:17 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

それから、今週発売の週刊現代はすっごいたくさんの人に取材をかけていて、本腰を入れているなとは感じるんですが、ただそれが従来の専門家筋のコメントが多いので、論調的には「反オボ」が目立ってる感じでした。特に匿名の「科学ジャーナリスト」の意見に頼ってるところが駄目ですね。寺門和夫みたいな岩石脳の科学ジャーナリストの話なんてなんの参考にもならないのに。

2016/2/12(金) 午後 7:32 [ tai*o*no* ] 返信する

顔アイコン

若山氏のほうがよほど杜撰だよな。

2016/2/12(金) 午後 10:58 [ eed*r*ef ] 返信する

顔アイコン

今週の週刊現代を立ち読みしたけど、なんだか全然印象に残らない。内容があまりに凡庸で手記の販促になってない。
先週の週刊新潮の方がはるかに秀逸だったよ。あれは買って読む価値があったもの。
やはり、さすが新潮と思ったな。
格の違いが出たな。

2016/2/13(土) 午後 1:38 [ DORA ] 返信する

顔アイコン

新潮は若山研関係者で嘘の情報を流した人物が誰か分っていますから、突然の手のひら返しがあるかもと思ってます。

2016/2/13(土) 午後 3:23 [ tai*o*no* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事