全体表示

[ リスト ]


訂正があります。
やはり、TS細胞がCD1というのが難点ですね。
この場合、アレルの一方がB6で、一方がnon-B6というSNPを選べば、半分がB6からの発現になってしまいます。
この場合、FI幹細胞からの発現はないことになる。

で、Elf5の発現をみると、B6からの発現が半分か、ほとんどないかのいずれかですから、これは理屈に合っている。すなわち、すべてTS細胞からの寄与だということです。

ただし、ちょうどそのような、きれいなデータだけを選別しているのではないか、という疑念が湧かないでもない。

TS細胞の混入だけでは説明できないのは、やはりSox21の発現です。ああいう発現の仕方は、TS細胞の混入だけでは説明できないでしょう。

CD1のB6ホモのSNPだけを選別したなどというのは、いくらなんでも考えにくい。

ああいう発現が多数を占めていたと考えるべきでしょう。

Fig.4(A)にSox21のデータを載せなかったというのも、依然として疑問。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事