小沢国寛【顔面神経麻痺改善法】での結果 Ukka日記

顔面神経麻痺で固まって動かない顔を 14日間で自宅で和らげる方法
これは、顔面神経麻痺で固まって動かない顔を
14日間で自宅で和らげる方法です。

この方法を試してみたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

麻痺で固まって動かない顔をわずか14日間で自宅で和らげていく事が出来ます。顔面神経麻痺を自宅で改善する独自アプローチ方法を初公開します。

顔面神経麻痺には根本的なアプローチ方法がありますので、そのアプローチ法さえ行えばその悩みはしないで済みます。

小学生でも出来るくらいシンプルな方法なんです。一日たったの5分もあれば出来る方法になっています。

特にこれといった道具を使う事も無く薬に完全に頼り切らずに、健康的に治療していく方法です。

この方法を試していく事で、目を閉じることや口元の麻痺、顔の痛みは段々と和らいでくる事でしょう。これは、今まで小沢国寛が施術してアドバイスしてきた方が実証してくれた事です。ですので、きっとあなたにも効果的な方法となる事でしょう。

耳や顔が痛くなると良く言われますがこれらが痛くなるのは、実は神経と深く関わっているからなのです。その理由と関係性をお伝えしていきます。

本書の核となる、「響鍼点(きょうしんてん)」アプローチ法を分かりやすく丁寧に解説します。シンプルな方法で、なおかつ効果抜群の方法ですからすぐに試してみて下さい

ある部分にある6つのポイントが表情筋を柔らかくする為の最重要ポイントになります。この方法を行えば「顔の表情が全く動かない…」なんて事はなくなるでしょう。

急な顔面神経麻痺の場合は、普通の治療とはまた少し違った方法で改善をさせる必要があります。その正しいアプローチ法をアドバイスいたします。

1週間、2週間と続けて行くうちに自然と「あれ?何だか顔が動く様になってきた!?」と鏡の前で感動するでしょう。顔の麻痺や口元の違和感は徐々に和らいでいく事でしょう。


>> 小沢国寛【顔面神経麻痺改善法】のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事