ここから本文です
チヌタロウの釣り日記
なにかと世の中大変ですが、釣りは楽しくやりましょう

書庫チヌ釣り

すべて表示

 津久見に行ってきました。

夜が明けきったところで到着です。

いつもの所には、先客で地元の方が2人、サビキでゼンゴを釣っていました。

調子よく2匹3匹と釣られています。

その横に私と家内2人で座らせていただきました。



 底からだいぶ切ってアジが釣れますがムロアジでなおかつ形も小さい

ウキがなかなかなじまないなあと竿をあおると小鯖がかかっています。

イメージ 1

少しタナを下げるとメイタが釣れました。

昼の下げ止まりまで、ポツリポツリと家内ともども楽しい釣りができました。

この日は小春日和の暖かくて風もないとてもいい日でした。

最後に38cmのチヌが釣れたところで竿を納めました。

 私達2人でオキアミ1角と麦1kg集魚剤1袋を半分に分けて釣っています。付けエ

サはオキアミの1角からとりますから釣りの費用は千円ちょっとで済みます。これで

5〜6時間分ですからまあ安いものですね。

 家に帰って、この日はチヌとサバの刺身でお酒を飲み、翌日は甘酢に漬けておいた

アジとサバで寿司にしてお酒をいただきました。残りの魚は近所の魚好きの所へおす

そわけです。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事