ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全344ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

二日目は次女と三女は早朝5時にビッグサイトへ・・・。
私と長女はホテルで寝ていました。
↑画像は早朝のホテルから見た光景です。

・・・で、いくら何でも5時だと人も少ないだろうと思っていたのに
もうすでに1000人程の人たちが並んでいたとか・・・。
ㇲ・・・スゴイ!凄すぎます!!

イメージ 2

私は昼前にゆっくりとガンダムを眺めたりしながらビッグサイトへ。
ガンダムは予想通り大きかったですね〜!

実はコミケの私のお目当ては<はぁとふる売国奴>
そうです。あの「ドクター秩父山」とか「神罰」とか・・・
最近では「Gのサムライ」とか「うつヌケ」とか「ペンと箸」とかで有名なあの田中圭一先生です。

まあ、ちょっとエロい作品もありますが(汗)近頃は真面目な作品もありまして・・・とにかく私の好きな漫画家さんなのです。

・・・で、売り場に行って同人誌を買って帰ろうとして、フト見ると・・・
ナント!ご本人がいらっしゃるじゃないですか!!
ちょうどその時はそれ程混んでいる状態ではなかったので思い切ってお願いしたのです。
「あの〜!すみません・・・宜しければ一緒にお写真撮っていただけませんか?」

イメージ 3

二つ返事で快諾してくださった先生とのツーショットが↑これです。
ブログにお写真を載せることも快諾してくださって、嬉しくて舞い上がってしまった私はサインをお願いしなかったことに後で気が付いてものすごく後悔したのです。(涙)
でもまあ、お写真撮らせていただいた上にサインをねだるなんて図々しいおばさんだと思われてもいけませんしね。
握手をして素直に帰りました。
田中先生はとても優しくて、あんなエロくてゲスな作品(褒め言葉です)を描いているとは思えないほど素敵なお方でした。

ここで買った本の感想はまたそのうち書きますね。

この日は叶姉妹もやってきていたようですが、残念ながら遭遇出来ませんでした。

コスプレもいろんな人たちが楽しそうにしていたのですが、そのうちの一枚。

イメージ 4

「天空の城ラピュタ」のドーラとパズーです。
ドーラはハグしてくれましてちょっぴりシータの気分を味合わせて貰いました。
なかなかいい感じでした。
この写真は勿論掲載許可いただいております。

この二日間はとっても楽しい時間を過ごすことが出来まして、いつかは売り子として参加したいと決意を胸に秘めつつ・・・未だに何にもしていないという実に情けない私でございます。

この記事に

イメージ 1

東京ビッグサイトです。
去年の事を今頃書くなんて遅いですよね〜!(汗)

ずっと以前から一度は行ってみたいと思っていたコミケに念願かなってようやく行くことが出来ました。
まあ、とにかく人、人、人…!!
あらかじめスゴイ人混みだとはわかっていましたが実際に目の当たりにすると、レミングの集団ではないのだろうかと本気で思ってしまいそうになりますね〜。(笑)

イメージ 2

一日目は早朝家を出て飛行機に乗り、昼前に東京に到着。その後すぐにビッグサイトへ直行!
夕方までコミケを満喫した後はホテルへ・・・。
上の写真は<夢の大橋>って言うのかな?広くて眺めもよく素敵な橋でした。

イメージ 3

これはフジテレビ。
「こち亀」で、よく壊されていたな〜っていうイメージなんですよね〜。
とりあえず建物内に入ってみましたが、あの特徴的な球体の展望室までは行きませんでした。

イメージ 4

夜はレインボーブリッジの近くで食事。
これも「こち亀」で確か破壊されていたような・・・。
他にも「踊る大捜査線」レインボーブリッジを封鎖せよ!・・・っていうのもあったよね。
「パトレイバー」でも、レインボーブリッジがモデルとされる橋が出てたような・・・。
これがあの<レインボーブリッジ>なのねって実物を見て思ったわけです。

イメージ 5

これはホテル内。
素敵な階段だったのでちょっと撮ってみました。

コミケの感想はとにかく人混みがスゴイ!ってことですね。
今まで行ったことのある同人誌即売会とは規模が違いすぎるとは思うのですが基本的には同じような雰囲気だと思いますね。
自分の好きな趣味の世界を本にしたりコスプレしたり・・・或いは本を買う側になったりコスプレを見る側になったり・・・。
好きなことに費やすパワーがスゴイですね〜!
こういう所に行くと私も本を作りたい・・・と思ってしまいます。
・・・が、以前大阪の同人誌即売会に行ったとき本を作る!と言いつつ全然出来ていないんですよね。困ったもんです。

この年になってもまだこういう場所に行って喜んでいるっていうのは人によっては恥ずかしい奴だって思うかもしれないけれど、好奇心がまだまだ衰えていなくって精神的に若いっていいじゃないかな?・・・いいよねぇ?・・・

この記事に

国会議事堂

イメージ 1

はとバスツアーの次の日は家に帰ったのだけど、しばらく時間的に余裕があったのでせっかくだからどこかへ行こうと思い行ったのが国会議事堂!
前から一回行ってみたいと思ってたんです。

国会議事堂の周りって警官がいるんですね〜。
ふ〜〜ん。。。そういうものなのか〜!なるほどねぇ。
などと思いつつ、見学を申し込みに行くと衆議院より参議院の方が時間的にちょうど具合が良かったので参議院の見学をすることにしました。


持ち物検査なんてことをされまして・・・ふ〜〜〜ん・・・こんなことするんだ〜!などと思いつつ、通された部屋(参観ロビー)には議員が座る席のレプリカがありまして・・・

イメージ 2

座ってみましたが、まあこんなものでしょうね〜っていう感じのものでした。
<こんなもの>って一体どんなものなんだ?(笑)
まあ、お金が掛かっているっていう感じ?

ここ以外は撮影禁止ということで写真は撮れなかったのですが、なかなか立派なものでした。もし、興味がある方がいらっしゃるなら一度は見学に行くことをおススメします。ホント。
係の人(衛視)が詳しく説明をしてくれたし、本会議場傍聴席にも座ることが出来たし、なかなかいい体験でした。
最初に係の人が「長い階段があるので希望者はエレベーターでご案内します。」って言ってくれたので私は即エレベーターに行ったのだけどね、見学者20人ほどで私以上の年齢の方や着物の方もいらっしゃったのに皆さん階段で上がっていきました。
私一人楽々エレベーターで申し訳なかったかしら?(笑)

イメージ 3

ちょっと季節外れですが、この時はクリスマスの前(12月18日)でしたのでホテルにはクリスマスツリーがありました。(国会議事堂の中ではありません)
綺麗だったのでちょっと記念撮影です。
・・・で、ここは高田馬場駅の近くのホテルでして、高田馬場駅に着いたとき「鉄腕アトム」の曲が流れていました。
発車メロディーがアトムなんていいですね〜。高田馬場って手塚プロダクションがあるんですよね。こういう大人の遊び心っていうのは嬉しいですね。

最後に東京駅。
復元工事をして綺麗になっていました。

イメージ 4

この記事に

イメージ 1

去年の12月に行ったはとバスツアーの続きです。
書こう書こうと思いつつ、気が付いたらもう2月!
時間が経つのは本当に速いですね〜!
・・・って、自分がなまけものだっていうだけです。(反省)

世界遺産になったということで注目されていた富岡製糸場。
一度見に行きたいと思っていましたが、なかなか行く機会がなかったのです。
・・・で、今回東京に行ったついでに東京からの日帰り観光だとちょうどいいのではと思いましてはとバスツアーに申し込んだというわけなのです。

イメージ 2

解説員の方が非常に詳しく説明してくださったので良かったのですが、ツアーですので時間が限られているため自由に見る時間が少なくてちょっと残念でした。
こういう場合やっぱり観光ツアーではなくて個人で行く方がいいなって思いますね。

イメージ 3

製糸の機械を見ていると、私の脳内に浮かんでくるのは「家なき娘」(ペリーヌ物語)。
ただ、ペリーヌ物語の場合は<紡績工場>。富岡の場合は<製糸場>。
違いはあるのか?と調べてみると<紡績>は綿糸、<製糸>は絹なのだそうです。
ペリーヌのおじいさんの工場は綿糸を作っていたんですね。

この記事に


【MX4D版】ルパン三世 カリオストロの城 予告篇

先日「カリオストロの城」を子供たちと一緒に観ました。
もう何度も何度も観てセリフもほとんど覚えているぐらいなんですが、何度観てもやっぱり面白い。
今回はMX4Dということで座席が動いたり水とか風とかアクションシーンがどういう風に表現されているのか楽しみに行ってきました。


四国では上映されている映画館はないので一番近い岡山まで行ったのですが、四国でも一つぐらい上映館があってもいいのにな〜って思いますね。

まあとにかく予想通りの所で予想通りに動いたり水かぶったり、楽しめました。
もっと激しく動いてもいいぐらいだとも思いましたが、あまりにも激しすぎたら気分が悪くなる人が出てくるかもしれないから無理かなあ?

映画も「観る」から「体感」する時代になったということでしょうか?
世の中変化が激しくなってきたような気がして、いろいろと不安なこともあるのだけど、映画がこういう風に変化するのは大賛成です。


この記事に

全344ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事