全体表示

[ リスト ]

納豆ダイエット?

あるあるの影響で納豆のダイエット港かは偽証ということになりましたが、全国納豆協同組合連合会によるとこんな効果があるそうです。
その1 キムチ納豆
納豆に含まれる大豆タンパクには、脂肪の貯蔵を抑制し、脂肪の燃焼を促す甲状腺ホルモンの活性を高め、過剰な脂肪の貯蔵を防ぐ働きがあります。 また、基礎代謝を高め、何もしないじっとした状態でも、エネルギー燃焼量を増やすことも期待できます。つまり、食べるだけで「やせる効果」が期待できるのが納豆に含まれる大豆タンパクなのです。
特に大豆食品の中でも、納豆は血清コレステロールを低下し、栄養価も高いため、最高のダイエット食品といえるのです。
その納豆とキムチを組み合わせることで、さらに健康増進効果は高まります。
納豆とキムチは日本と韓国を代表する、発酵食品です。発酵食品というのは、自然界から混入した微生物によって生成したものです。
病気の多くは血のめぐりが原因で引き起こされます。実際、日本人の死亡原因で、血のめぐりが原因で起こる症状(心筋梗塞・脳梗塞・痴呆症など)を合計すると、ガンに匹敵するほどです。その原因となるのが、血栓です。本来、血栓は常につくられ、分解されていくものです。ところが、加齢やストレスによってうまく分解されないと、血のめぐりが悪くなり心筋梗塞、脳梗塞、痴呆症などを引き起こす原因となるのです。そこで、注目したいのが納豆の血栓溶解作用です。そのパワーは世界中の食べ物のなかでもナンバー1といっていいほどです。血栓はフィブリンという特殊なタンパク質です。
そのフィブリンを分解する酵素は、ほとんどありません。ところが、納豆にはナットウキナーゼというフィブリンを分解する酵素があるのです。さらにキムチに含まれているニンニクには血小板凝集反応を抑える作用があり、血栓をつくりにくくする作用があります。つまり、納豆キムチには、キムチのニンニクによって血栓ができにくくなり、さらに納豆のナットウキナーゼが血栓をとけやすくするという相乗効果があるのです。納豆菌がキムチの乳酸菌の増殖を助ける一方、キムチには1g中に何億という乳酸菌が含まれています。乳酸菌は、いわゆる善玉菌のこと。健康な人ならたいへんな数を持っていて、腸内をきれいにしてくれますが、体が弱るとその数が減少します。そこで乳酸菌を外から摂取する必要があるのですが、納豆菌を乳酸菌といっしょにとると、乳酸菌の増殖を助けることがわかりました。納豆菌が分解され、それを乳酸菌が餌にして成長していく、すなわち納豆菌のグロスファクター(成長因子)を使って、キムチの乳酸菌が増殖するのです。
なので、キムチ納豆は乳酸菌を効率的に腸内にとり込むという意味でも非常に意味のある食べ合わせです。また、たいへん都合のいいことに、納豆菌はO-157やコレラ菌などに対しては、菌の増殖を抑制する作用があります。つまり、納豆は、乳酸菌などの善玉菌の増殖を助け、悪玉菌の増殖を防ぐ力があるのです。さらにキムチ納豆は、日本人の死亡原因のトップであるガンも予防します。大豆の抗酸化作用は納豆になることで4倍にもアップしますし、キムチの乳酸菌が腸をきれいにすることでガンを予防してくれるのです。
また、納豆に含まれているビタミンKには骨粗鬆症を予防する働きがあることもわかっています。しかもビタミンK2は納豆特有の成分といっていいものです。骨粗鬆症は、骨が弱くスカスカになる症状です。
骨を丈夫にする成分としてはカルシウムが有名ですが、カルシウムは単独で補給しただけではなかなか骨には付着しません。ビタミンK2はカルシウムを付着させる糊(オステオカルシン)をつくるために必要な存在なのです。
オステオカルシンがあれば、補給されたカルシウムは骨にしっかりとくっついていきます。男性に多い心筋梗塞などの血管系の病気、女性にとって深刻な悩みである骨粗鬆症と、納豆キムチは性別を問わず効く食べ合わせといえるでしょう。血栓予防や骨の強化という意味では1日1パック食べれば十分です。
 なお、作り方ですが、納豆1パックに適当な大きさに切ったキムチ50gを混ぜるだけで簡単にできます。
その2 タマネギ納豆
 キムチに負けず劣らず、納豆と相性がいいのが、タマネギです。納豆と同様、タマネギも血栓を予防する作用があります。タマネギを切ると、涙が出てきますが、これはタマネギに含まれる硫黄化合物によるものです。この成分に、血小板の凝集を抑制する作用があるのです。
 作り方は、まずタマネギ1/4〜1/2個をみじん切りにし、15分〜1時間、空気にさらしておきます。次に、それを納豆1パックと混ぜ合わせます。しょうゆ、カラシなどで味つけをすればOK。タマネギには甘味があるので、しょうゆは少なめがいいでしょう。
 ポイントは、タマネギを刻んでから水にさらしてしまうと、せっかくの有効成分が出て行ってしまいます。そこで、水ではなく、空気にさらすのです。タマネギに含まれるアイリンという物質は空気に触れることによって、ビタミンの吸収を高めるアリシンという成分に変化します。この成分を効率的に摂取するために、タマネギを刻んだら、空気に15分〜1時間さらすといいでしょう。
その3 カレー納豆
 意外かもしれませんが、カレーと納豆も相性が抜群です。カレーに含まれる香辛料には、健康増進効果が高いといわれるハーブが数多く含まれています。下痢や腹痛に効くナツメグ、風邪予防や体の痛みを改善するシナモン、利量作用があり、目にいいといわれるフェンネルなど、枚挙にいとまがありません。
 しかも、カレーの黄色い着色料として有名なターメリックは、肝機能障害に効果を発揮するウコンでもあります。また、辛味成分であるレッドペッパーやパプリカなどには、発汗作用や脂肪燃焼効果のほか、血液の循環を活性化する働きがあります。つまり、納豆の血液サラサラ効果がさらに高まるわけです。
 作り方は、納豆1パックにカレー粉小さじ1杯を広く、まんべんなく振りかめます。そして、よくかき混ぜれば出来上がり。お好みでしょうゆをかけてもいいでしょう。
 このように、納豆にキムチやタマネギ、カレーを加えるだけで、いろいろな健康効果がよりいっそう期待できます。味もどれもよいので、習慣にしてはいかがでしょうか。

アントニオ猪木さんが糖尿病をわずらわった時、ご飯1膳に対し納豆2パックで食べていたなんて話もあります

本来実験なんてものは何年もかけて行うもの、それを週単位で発表するから無理が出る訳で、結局嘘で塗り固めるしかなかったんですね。こんな素晴らしい納豆なのにまるで納豆が全否定されたみたいで悲しいです、


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事