Fantastic Junk Food of Japan

Introduction to favorite every day food of Japanese people.

全体表示

[ リスト ]

このごろワンパターンかな〜とも思いますが、タイトルの頭に紹介する物の

名称を持って来るようにすることが増えています。 これはアメリカの高校・

大学で、小論文など書く場合に効果的と習ったような文章です。



今回の 「焼きいも」 の紹介記事のタイトル:

"Yakiimo," or roasted sweet potato, is the autumn's special treat in Japan.

【訳】 焼きいも (ローストしたサツマイモ) は、日本の秋の特別なおやつです。





このパターンのタイトルは、頭の単語はわざと読者が知らないような単語に

して、すぐ 「焼きいもとは、日本の秋の味覚、焼いたサツマイモ」 という風に、何で

あるか説明します。 読み手の方は、「へぇ、そういう食べ物が日本にあるんだ〜」 

という新情報を得て、記事本文に興味をそそられる、という流れになるわけです。

 あわよくばですけど。(苦笑)


・・・・・ まあ、それでも全部読んでくれるのは、100人中数人かも知れませんが、

そういう作文テクニックは、留学中にプレゼンテーションの授業で、習ったような

気がします。 わたくしが中学 3年の春に、親の仕事の都合で渡米したのは、

20年以上前の話ですが、当時すでにスピーチやプレゼンの授業があり、

学業でも仕事でも、相手に効率よく説得力をもって、自分の意見や売りたい

商品をアピールするような、訓練が行われておりました。


日本はいい製品はあるのに、売り込むのが下手と言われるのは、この辺りの

基礎教育がいまいち足りないという一面もあるのでしょうねぇ。。。。 いや、日本で

高等教育を受けていないわたくしですから、実際のところは知りませんので、

日本でも習っていたらすみません。 



尚、日本にあって、アメリカに無い授業 (必修科目) も多々あります。


たとえば外国語ですね。 (大笑い) わたくしは高校・大学を、アメリカの

普通の学校 (ハーバードやUCLAといった、名門校の事は分かりません)

で卒業したのですが、外国語の単位は一個もとりませんでした。

   地球をなめてます、アメリカは。




愚痴はさておき、焼きいもに戻りましょう。www







イメージ 1
This is how usual yakiimo looks like.
I would say this is the most simple Japanese sweet treat.
これが、よくあるタイプの焼きいもです。
私の意見では、一番シンプルな日本のスイーツとも言えるでしょう。








イメージ 2
This yakiimo was sold at a convenience store near by my house, priced
130 Yen a piece, nice size for one person to eat for a break time.
この焼きいもは私の家の近くのコンビニで売られておりました。
一個130円です。 一人分のオヤツに、ちょうどいいサイズですね。







冒頭の 「焼きいも」 という言葉についての解説。

The word "YAKIIMO" means baked potato, though if you hear this word in Japan,
it means baked (roasted) sweet potato.  As some of you already know,
"YAKI" is the word used in various Japanese foods name, such as
"Yaki-tori," "Yaki-soba" and "Okonomi-yaki," which usually meaning bake, 
grill and roast,  The  "imo" on the other hand means potato, which does't have
to be sweet potato but any type of potato.  So the word "Yakiimo" is made up
of two parts.



【意訳】
「焼き芋」 という単語は、焼いた芋という意味ですが、あなたが日本でこの単語を

聞いた場合は 「焼きサツマイモ」 の事です。 ご存知の方もいらっしゃるかと

思いますが、「焼き」 は日本語でグリルやロースト、ベイクを意味する言葉で

焼鳥、焼きそば、おこのみ焼きなど、多くの日本食の名称に入っています。

「芋」 はポテトですので、焼き芋は 2つの言葉のくっついたものとも言えます。





 英語でポテトと言えば、通常ジャガイモを指し、辞書で 「焼きいも」 と引くと、

直訳して 「焼いたポテト」 と出てくるかも知れないので、芋は芋でもサツマイモ

ですよという解説を、頭に入れました。



As some of you already know, というのが 「すでに、ご存知の方もいるかと

思いますが」 という部分ですが、これはプレゼンの授業でも使うといいと

言われた言い回しです。 Some を Many にして、「多くの方はすでにご承知の

ように・・・ 」 という言い方にしてもいいのですが、「そんなの知ってるよ」 という

人には失礼にならないようにと、知らない人には 「やばい私は知らない、ちゃんと

聞かないと」 というプレッシャーをかける、どの人にも対応したナイスな手法です。


ただ、これを入れる事によって文章が長すぎて、見ただけで読まれなくなると

いう危険もありますので、使うところは選びます。    



「意味する」 という意味の mean (単数形で means) は会話でも、作文でも使い

勝手がいい単語です。

とくに会話で相手に分らない事を言ってしまい、言い直したい場合には、

「I mean ・・・・・」 という風に、頭に 「私が言いたかったことは〜〜〜」 という

ような意味合いでくっつけて、単語を変えて説明してみたりします。


まあ、わたくしは親について行っただけで、英語など全然勉強したくはありません

でしたので、アメリカ人に聞きとってもらえない事は多々ありましたから、この

言い回しは100万回は使ったんじゃないかと思います。(笑)

また根性はありませんので、1〜2回説明し直して通じなければ、あきらめます。

学生くらいでは、ちゃんと通じないと死んでしまうような事態は、ほぼありませんので

こんなもので大丈夫です。




 説明をあきらめた時の、よく使ったセリフ:


Oh, forget it, it's not important.
あ〜も〜忘れて、大事なことじゃないし。

Never mind.  How about〜〜 (他の話題に移る)
も〜いいや。 ところで〜〜



ちなみに、謝る必要はありません。 通じない英語力で悪いな〜と思っても、

普通は通じるのになんであなたには通じないのよ、想像力が足りないんじゃないの?

というようなデカイ態度で、笑って済ませた方がアメリカ風です。

わたくしはそもそも、友達をいっぱい作りたい人間ではないので、なんだか

自分の発音でも通じやすい人と、最終的には友達になっておりました。 そんな

もんでも生きて行けます、海外は。









イメージ 14
Around the end of summer when the yakiimo season starts, many stores bring out
their yakiimo-on-sale flag in front of their door like this photo.
焼きいもシーズンの始まる夏の終わりごろには、沢山の店が
「焼きいも売ってます」 という旗を、店の前に出して来ます。








イメージ 10
Some supermarkets bring out their yakimo roster out side as well.
焼きいも焼き機を、外へ持ち出す店もあります。








イメージ 9
Lately, most of grocery stores set a yakiimo cooker in their vege. section,
so they can attract people by its smell.
最近沢山のスーパーが、焼き芋機を野菜コーナーに置くようになりました。
焼きいもの香りで、人々をひきつけるためです。









イメージ 11
Also there would be many yakiimo selling tracks running around the city
in this time of the year.
また、この時期は焼きいもを売るトラックが、町を走っています。








今回の記事は、解説する順番をいろいろ考えましたが、焼きいも事態よりも、

販売方法が外国人には珍しいのではないかと、まず店の様子や焼きいも

トラックから紹介いたしました。

アメリカでは芋に限りませんが、トラックが 「い〜しや〜きイモ〜〜!」 などと、

大声でアナウンスしながら物を売るスタイルは、見た事が無かったように思います

ので、これは受けそうな気がいたします。






イメージ 12
Rosters using stones to heat the potato is very commonly used.
This is the one designed for home cooking, but many yakiimo selling tracks are 
usually using same type of rosters only a bit bigger.
石を熱して焼くタイプの焼き芋ロースターは一般的です。
これはご家庭用に開発された物ですが、焼き芋トラックでもよくこの
タイプ (大きいけど) の物が使われています。








販売スタイルの次に、こだわりポイントとして調理機を紹介することに

しました。 焼き芋は、どう見てもサツマイモを焼いただけの、とてもシンプルな

食べ物ですので、うちのオーブンに放り込んで焼いたのと、どこが違うの?

と思われないようにしようとすると、意外と難しかったです。

・・・・ この記事を読んで、誰か焼き芋を食べてくれたらうれしいですけど、日本は

ただでさえ美味しいものが沢山あるので、この見るからにただのイモを、買って

もらうのはハードル高いですよねぇ。    






Far infrared (FIR), what is a region in the infrared spectrum of electromagnetic
radiation (I have no idea what this is but the Wikipedia says so), comes out of
heated stones cooks the sweet potato slowly and throughely, which helps 
sweet potato to increase its natural sugar without adding any sugar. 


遠赤外線とは赤外線の電磁波の一つ (私にはなんのことやらですが、ウィキ

ペディアがそう言っています) で、これが熱せられた石から発せられ、サツマイモを

ゆっくりと中まで加熱し、砂糖を加えることなくサツマイモの糖度を上げるような、

効果があります。




他の記事でも時々使っておりますが、出典元を書いて、私自身はこの内容に

責任は持てないよというのをハッキリさせるのも、アメリカで習った手法の

一つです。。。。  いや、もちろん信用のおける書籍や情報ソースであれば、

あそこがそう言っているから大丈夫という、信憑性を増す言い回しでもあり

ますが、とにかく間違った事を書いて責任問題になった場合、訴訟になると

賠償金がとんでもなくなるので、アメリカではこういう保身術は、いろいろと

習います。(笑)


遠赤外線については、ウィキペディアの日本語版の方でチラッと見てみましたが、

とてもわたくしの英語力では説明できそうになかったので、英語版ウィキペディアの、

なんとな〜〜く概要を説明していそうな部分を、コピーして来て使いました。


わたくしが留学していた時代は、まだネットがそれほど普及しておらず、論文など

書く場合は書籍が資料になっておりましたが、文章の中から重要そうだから

論文に書いておこうという部分を、見つけ出す技術には、紙でも電子情報でも、

大差がありません。 

書籍の場合、手でいちいち書き写さなければならないといった、手間がかかりますが、

基本は目的とする単語と、その意味を記述した部分を見つけられれば、内容を理解

していなくとも論文は書けます。   いや、書きました。  (苦笑)


まあ、無論それで満点の論文は書けませんが、卒業する程度の成績はとれます。

美大だったので、論文を書く科目は少なかったのもありますけどね。

採点された先生は、さぞ御苦労なさったことでしょう。 








イメージ 13
This is another traditional yakiimo roster using large ceramic pot.
これは伝統的な焼きいもを焼く、陶器の壺を使ったロースターです。








イメージ 16
This looks like a handmade roster with an oil drum,
also using stones to roast the sweet potato.
これはハンドメイドっぽい、ドラム缶のロースターですね。
やはり石を使ってサツマイモを焼くタイプです。








最後に、薩摩芋の品種改良が日本ではハンパ無いよという紹介をしました。

アメリカに始めて住んだ頃、驚いた事はいろいろありますが、印象深かった

のはリンゴやイチゴが、まあ、マズイということです。(笑)

あまり品種改良とか、甘くする栽培法の開発とか、やっていないようですので、

サツマイモにしても違うという事を、分かってくれるかどうかかなり心配ですが・・・・








List of the latest popular sweet potato breeds in 2016.
(It is my personal opinion.)
2016年、最新の人気サツマイモ品種リスト
(私個人の意見です)

イメージ 3

Beni Haruka






イメージ 4

An-no-imo









イメージ 5

Naruto kintoki


(以下略)







うちも一般のサラリーマン家庭で、普通のイチゴとリンゴしか食べておりませんが、

アメリカのフルーツは、オレンジやグレープフルーツなどは問題ありませんでしたが、

イチゴ、リンゴ、梨、柿など、もはやなぜ店で売るのかといった不味さで・・・・

品種改良というものはアメリカにもあるのですが、甘くするのがいい事という概念が、

無いような酸っぱさでした。 


最近外国人が日本のイチゴを絶賛など聞くと、なぜこの 20年間、日本のイチゴに

気がつかなかったのかと、むしろ不思議に思います。

品種改良もそうですが、農家さんのいい物を育てる技術や努力が、日本は

レベルが違うと思うのですが・・・・ それにしても、それを知らない外国人は、

日本のイチゴを見て、多少奇麗なイチゴだとは思うでしょうが、まさか、あれほど

甘いとは想像がつかないでしょう。 


サツマイモに関しても、赤外線で甘くなるんだなどと書いても、実際に食べた経験が

無ければ、どれほど甘いか分りませんし、「イチゴや、リンゴくらい甘い!」 と書いても、

アメリカのリンゴは甘くないので、宣伝効果が期待できません。 

日本ですと、「フルーツのような甘さのトマト 」 などと言って、野菜を売って

おりますが、それがどこでも通用すると思ったら大間違いなんですよねぇ・・・・・ 

 







イメージ 6

↑ ↑ ↑
クリックで投票

ブログ村人気ランキングに参加中です。
応援クリック、お願い致しまーす(^ー^)/


※ブログ村サイトに飛ばされるのでけっこう面倒ですが、ご投票いただけたら嬉しいです





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事