車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

2012年03月24日

←2012年3月23日 | 2012年3月25日→

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

TO:AHR20W:HV:DST2:表示項目:Drive Situation ID:運転状態ID[0,1,2,3,*,*,6]

TO:AHR20W:HV:DST2:表示項目:運転状態ID:

運転状態ID:
さて、上記項目の表示条件はどうなのだろう。

資料を見てないのでサーチしておきたい。

もし、適切な情報がないと、データから判断を推測するとか、判断材料をみつけるしかない。

順次データが蓄積

Drive Situation ID: 6 by X431,ATH10W,一休さん
関連条件は以下本文参照
http://blogs.yahoo.co.jp/miyatyan381128/21772989.html

以下の資料が国内で適用するなら
Drive Situation ID (#) [0 - 6]

0〜6の状態を示すのか、


Water tem.meter 66℃
SOC  61.94%
W out control power 12800W
W in control power -12800W
などの状況で
少なくてもエンジン停止状態で 6



0

1

2

3

4

5

6

開く コメント(4)

TO::整備モード[P]パーキングスイッチ:インジケータ不灯:sub-BAT:低下

TO:整備モード[P]パーキングスイッチ:インジケータ不灯:sub-BAT:低下

整備モード・セットでインジケータが点灯しなくて作業が完了できない。

サブ電源が微妙に性能低下して、電動パーキングが作動できない、結果インジケータが不灯で
整備モード操作が完了できない。

あまり車を使う必要のない、使用環境で、過去にもユーザーも点灯しない事に気が付いていたようだが、
実害はまだ無かったようだ。 整備モードのテストの段階で実害となった。結果高額の専用BAT:と交換
となったようだ。(大きさの違うもの2タイプあるようで、注意したい。大きい型に小さいもの来るとガス抜きホースが少し短くなると言っていた。)

日常ではP-SWを敢えて使わなくても不便のない方もあり、最悪まで気がつかないケースもあるのだろうか。

補助バッテリーの電圧低下は多いが、今回のようなケースもあるのだと、注意したい。

開く コメント(23)

開く トラックバック(0)

TO:NHW20:1NZ-FXE:Prius 2005:HV:DTC:P0A92:P3000:P3004:C1259:C1310:

TO:NHW20:1NZ-FXE:Prius 2005:HV:DTC:P0A92:P3000:P3004:C1259:C1310:

I have the red triangle and engine signs on the dashboard and with the following codes the garage found through diagnostics:

1. P0A92
2. P3000
3. P3004
4. C1259
5. C1310

http://priuschat.com/forums/newbie-forum/62296-help-prius-2005-diagnostic-codes-what-do-these-mean.html

開く コメント(9)

TO:AHR20W:HV:DST2:表示項目:SMR No.#状態:システムメインリレーON−OFF条件:インタロック機構

イメージ 1

イメージ 1

TO:AHR20W:HV:DST2:表示項目:SMR No.#状態:システムメインリレーON−OFF条件:インタロック機構

SMR No.#状態
この表示こう項目は、旧タイプと新タイプで名称を読み替える必要があるのか、それとも違う判断をするのか、注意したい。 別のSCAN TOOLでの対応なども注視したい。


システムメインリレーを自動的に遮断するインタロック機構

これで、安全を確保しようとしている。そこで外部から信号を読むか、別の工夫が必要となる。

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

TO:AHR20W:HV:DST2:表示項目:昇圧前電圧 280V >昇圧後電圧 621V:by のまけし さん

イメージ 1

TO:AHR20W:HV:DST2:表示項目:昇圧前電圧 280V >昇圧後電圧 621V:by のまけし さん


のまけし さんの以下の記録ファイルに
エステマ ハイブリット AHR20W 2AZ 2JM 2FM

以下の項目が目に止まりました。
昇圧前電圧 280V
昇圧後電圧 621V

これは、

「THS-??任蓮¢HVバッテリとモーターおよびジェネレータ間の電圧を増圧変換する昇圧コンバータを採用したため、モーター、ジェネレータを高電圧(245V→650V)で駆動することができるようになりました。」

との解説を表示している、項目となりそうです。

以下は、その項目を含むデータ群です。(条件、状態を示す。タイム・ラグは考慮する必要はある。)


TIME エンジン負荷値 車速 吸入空気温度 エンジン冷却水温 インバータ冷却水温 補機バッテリ電圧 補機バッテリ目標電圧 外気温度 スロットルセンサNo.1開度 アクセルセンサNo.1開度 アクセルセンサNo.2開度 (Fr)モータ回転数 (Rr)モータ回転数 (Fr)モータトルク (Rr)モータトルク (Fr)回生ブレーキ実行トルク (Fr)回生ブレーキ要求トルク (Rr)回生ブレーキ実行トルク (Rr)回生ブレーキ要求トルク ジェネレータ回転数 ジェネレータトルク エンジン出力要求値 目標エンジン回転数 エンジン回転数 マスタシリンダ油圧制動トルク 低温始動判定回数 低温始動累積回数 電池容量SOC HV側放電制御電力(WOUT) HV側充電制御電力(WIN) 運転状態ID ジェネレータ用インバータ温度 (Fr)モータ用インバータ温度 (Rr)モータ用インバータ温度 (Fr)モータ温度 (Rr)モータ温度 ジェネレータ温度 HVバッテリ電圧 HVバッテリ電流 シフト位置 シフトセンサ出力値(P) シフトセンサ出力値(R) シフトセンサ出力値(N) シフトセンサ出力値(D) シフトセンサ出力値(B) シフトセンサ出力値(FD) シフトセンサ出力値(RV) シフトセンサ出力値(MJ) レゾルバ車速 走行パターン エンジン停止要求 アイドル要求 HVバッテリ充電要求 エアコン要求 エンジン暖機要求 アクセル開度 昇圧前電圧 昇圧後電圧 コンバータ温度 クランク位置 SMR No.1状態 SMR No.2状態 SMR No.3状態 ジェネレータ遮断中 (Fr)モータ遮断中 (Rr)モータ遮断中 コンバータ遮断中 A/C遮断中 コンバータキャリア周波数 (Fr)モータトルク(実行値) (Rr)モータトルク(実行値) ジェネレータトルク(実行値) 漏電波高値 ジェネレータ制御モード ジェネレータキャリア周波数 (RMG)制御モード (RMG)キャリア周波数 (Fr)モータ制御モード (Fr)モータキャリア周波数 昇圧比 エアコン消費電力 リアトルク配分比 コンバータ冷却ファンモード 全電池容量SOC イモビ通信ライン レーダークルーズシステム有無 C/C 要求加速度 C/C 車間距離 C/C 車間時間設定 C/C O/Dカット要求 C/C 3速シフトダウン要求 C/C 4速シフトダウン要求 C/C 警報ブザー要求 C/C 目標減速度 C/C VSC通信状態 C/C 全閉要求 C/C ブレーキ制御要求 C/C 制御車速 C/C セット車速 C/C 要求スロットル開度 C/C シフトポジションD・B C/C 制御中 C/C メインSW(制御CPU) C/C メインSW(監視CPU) C/C 車速変化大(履歴) C/C CANCEL C/C SET/COAST C/C RES/ACC C/C ブレーキSW(監視CPU) C/C ブレーキSW(制御CPU) 電池容量SOC 電池側充電制御電力(WIN) 電池側放電制御電力(WOUT) △SOC HVバッテリ電流(IB) バッテリブロック電圧0 バッテリブロック電圧1 バッテリブロック電圧2 バッテリブロック電圧3 バッテリブロック電圧4 バッテリブロック電圧5 バッテリブロック電圧6 バッテリブロック電圧7 バッテリブロック電圧8 バッテリブロック電圧9 バッテリブロック電圧10 バッテリブロック電圧11 バッテリブロック電圧12 バッテリブロック電圧13 バッテリブロック電圧14 バッテリブロック最小電圧 バッテリブロックNo最小電圧 バッテリブロック最大電圧 バッテリブロックNo最大電圧 BLOW累積回数 DCIH累積回数 BHI累積回数 HTMP累積回数 バッテリ温度0 バッテリ温度1 バッテリ温度2 バッテリ温度3 バッテリ温度4 バッテリ温度5 内部抵抗0 内部抵抗1 内部抵抗2 内部抵抗3 内部抵抗4 内部抵抗5 内部抵抗6 内部抵抗7 内部抵抗8 内部抵抗9 内部抵抗10 内部抵抗11 内部抵抗12 内部抵抗13 内部抵抗14 電池個数 12Vバッテリ電圧 冷却ファン吸入空気温度 バッテリ冷却ファン電圧0 バッテリ冷却ファン電圧1 バッテリ冷却ファンLo要求 冷却ファンモード0 冷却ファンモード1 制御モード チェックエンジンランプ エンジン始動後経過時間 DG消去後のIG回数 DG消去後の走行距離 DG消去後の経過時間 ダイアグコード数





377888 0 18 37 88 29 14.4 14.76 10 14.9 36.8 52.1 1364 1163 99.2 0 0 0 0 0 4092 -1.3 23400 1450 1120 0 0 0 49.4 23040 -24320 3 33 42 31 40 18 48 238 98 D OFF OFF OFF ON OFF ON OFF ON 18 G負荷 OFF OFF OFF OFF OFF 43.5 280 621 30 43 OFF ON ON OFF OFF OFF OFF OFF 10 68 0 -44 0.03 PWM 5 PWM 5 PWM 5 49.8 0 0 1 49 ON 要調整 0 0 OFF OFF OFF OFF OFF 0.03 正常 OFF OFF 16 0 0 ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF OFF 49 -24000 23000 0 39.64 18.9 18.8 19.48 19.55 19.16 19.16 14.79 14.79 14.4 14.43 14.66 14.59 14.69 14.63 14.72 14.1 1 14.79 6 0 0 0 0 19.8 21.2 21.7 22.3 22.4 21.3 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 0.021 15 14.4 18.8 2.8 2.8 OFF 0 0 モード1 消灯 365 1 8 88 0

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事