発達ネットワーク☆ママの会

2013年7月より活動中! 純子と潤子の頑張りを見てくださいね^^

発達ネットワーク☆ママの会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

12月6日 土曜日に
船橋市で開催された
【生まれてきて良かった・生きてきて良かった第二弾 】
というセミナー。

3人目の発表は
障害者福祉 支援者からでした。

福祉制度が当てはまらない
あるいは、制度を利用する権利は
持っているのだけれど
地域の中で受け入れられない人達が
いる現実。

感覚や表現方法に独特のものがあり
その事を、理解されずに
生き辛さとなってしまっている
障害がある方々がいる現実。

制度が、現実の社会生活を
送るために追いついていないのだとしたら
制度自体を変えていく動きも
必要だとおもうけれど
根本は私たち、および私たちに続く
世代が
「地域で生きる」
ためのベースとなる
持続的でしなやかな
地域 ・ 社会
のあり方や必要とされる技術や叡智を
自分たち自身の手で作り上げてゆくことが
大切なのではないか。

社会の中に全ての人が
受け入れられるためには
制度も大事だけれど
一番、大切にしなければいけない事は

目の前にいる人と向き合う事ではないのか・・・

制度で人の生活を決めるのではない。
人の生活を支えるための制度でなければならないのではないか・・・

人を置き去りにした制度への疑問が投げかけられた・・・

* * * * * * * * *

イイトコサガシ・ワークショップのご案内

12月18日木曜日

PM1:30〜PM4:30
浦安市市民活動センター2F

イイトコサガシ・ワークショップIN浦安
「自分の可能性に気付く!」


お申し込みはコチラ
http://kokucheese.com/event/index/225529/


* * * * * * * * * * * *

2015年 浦安市で開催決定!!

冠地情・冠地俊子 親子講演会

『社会の側に立つのではなく
個の立場に立って発達障害を視る』

日時 2015年 1月24日 土曜日

場所 WAVE101 (浦安市市民プラザ)

参加費 1500円

定員 80名

お申し込みはコチラ
http://kokucheese.com/event/index/236235/

お問い合わせはコチラ
mamanokai.urayasu@gmail.com
tel:080-6508-4198
担当 : 大村

*****************

*発達ネットワーク☆ママの会は、発達に気になるところがある子供・発達障害を持つ方々に
「あったらイイなぁ〜」と思う事を、みんなで持ち寄って、必要な支援を一緒に考える。
発達障害に関して理解を深めたい。
発達障害をもっと広く知っていただきたい

と活動しています。


*会員募集中です♪( ´▽`)
http://blogs.yahoo.co.jp/oh_ha_junko
mamanokai.urayasu@gmail.com
080-6508-4198
担当 : 大村

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

誰のため


『子供の為ならなんでもできる!』
親とは、そーゆーものですね。
なんでも
の中身が本当に
子供の為なのか
考えた事はありますかlllll(*´=_=`*;)llllll

子供自身が考える前に
先回りして、アレコレと
至れり尽くせり状態にすることが
『なんでも』
になっていたらアカン!!!!ヾ(´囗`。)ノ

甘やかすことと
寄り添うことは
違います。

「たぶん失敗するだろうなぁ…」
と思いながらも
子供自身にとって
その失敗から学ぶことがある場合
ドキドキしながらも
見守ることが大切です。
失敗したとしても
『何回も言ってるでしょ!』
はNGワード。
『次からどうしたら良いと思う?』
失敗した事を
マイナスにするかプラスにするか
ここで
『子供の為ならなんでもできる!』

を発揮します。



「自分で考えて答えを出すまで待つ」
これも難しい(ーー;)
何度も言って聞かせて教えた事を
子供自身が消化して
子供自身の血となり肉となるためには
子供自身が考える必要があります。
頭では理解していても
生活の中で理解した事を
行動に移せなければ意味がないのです。
十分に話して聞かせたなら
次は、待つ。
『子供の為ならなんでもできる!』
はず・・・(`・д´・;)ゴクリ


子供自身が
考える
失敗する
次は、どうしたら良いか考える
成功する。
これが本当の成功体験です。


何もフォローせずに
失敗を繰り返すと
子供は自己否定感を
抱えていくでしょう。


でも。でもです。
全て親がお膳立てして
失敗しないことを
いつまで続けられますか?
何も失敗させないという事は
そこから学んだり
立ち直る経験をする機会を
与えないということです。
子供時代に沢山経験することが
思春期を迎えた頃に
必ず役立ちます。


ワザと失敗させるのではないです。
失敗するかもしれない
という予想ができるように
十分に見守りながら
安全を確保した環境を用意したら
あとは、ドッシリと落ち着いて
待つのです。

子供の為ならなんでもできる!
は手取り足取りすることだけでは
ありません。
手も、口も出さないことも
含まれているのです。


イメージ 1





* * * * * * * * *

【イイトコサガシ・ワークショップのご案内】

12月18日木曜日

PM1:30〜PM4:30
浦安市市民活動センター2F

イイトコサガシ・ワークショップIN浦安
「自分の可能性に気付く!」

お申し込みはコチラ
↓ ↓ ↓
http://kokucheese.com/event/index/225529/


* * * * * * * * * * * *


【おしゃべりし大会のご案内】

2014年12月11日 木曜日
AM10:00〜PM12:00

《おしゃべりし大会》をしまぁーす!!
場所は浦安駅から徒歩5分の
「浦安市市民活動センター2階階会議室」

発達に気になるところがあるお子さんがいらっしゃるご家族対象に、「予約相談」や「支援」をしてくださる方々がいてくださるけれど、毎日の生活の中で愚痴や悩みや、こうなれば良いなを話す機会は、なかなか無いと思い開催しています。
お話をしていると、知らなかった制度や療育方法、学校や病院とのお付き合いの仕方などの情報交換や気持ちの共有ができたりしています。
申し込み不要です。

お問い合わせはコチラ
↓ ↓ ↓
mamanokai.urayasu@gmail.com

* * * * * * * * * * *
2015年 浦安市で開催決定!!

冠地情・冠地俊子親子講演会

『社会の側に立つのではなく
個の立場に立って発達障害を視る』

日時 2015年 1月24日 土曜日

場所 WAVE101 (浦安市市民プラザ)

参加費 1500円

定員 80名

お申し込み
http://kokucheese.com/event/index/236235/

お問い合わせ
mamanokai.urayasu@gmail.com
担当 : 大村

* * * * * * * * * * *


*発達ネットワーク☆ママの会は、発達に気になるところがある子供・発達障害を持つ方々に
「あったらイイなぁ〜」と思う事を、みんなで持ち寄って、必要な支援を一緒に考える。
発達障害に関して理解を深めたい。
発達障害をもっと広く知っていただきたい

と活動しています。


*会員募集中です♪( ´▽`)


お問い合わせはコチラ
↓ ↓ ↓
080-6508-4198
mamanokai.urayasu@gmail.com
担当 : 大村



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

親の立場から視た発達障害


綺麗事ではすまない事が
毎日毎日、次から次へと
押し寄せてくる。

私を苦しめるために生まれてきたの?

何をしても《報われる》ってことがない

疲れ切ってしまって何もする気にならない

子供が宇宙人に見える

子供を愛せない…親失格だ…

悲鳴にも近い言葉を聞くたびに

あぁ、こんなにも日々
子供に一生懸命
向き合っている
お母さん達がいらっしゃる


と感じます。
出口の見えない
暗く長いトンネルにひとりぼっちでいるよいな不安と焦りで潰れてしまいそうなんだなぁ。
と感じます。
言葉とは裏腹に
子供が愛しくてたまらないご自身の
本当のお気持ちさえも見えなくなるほどの
不安に怯えていらっしゃる。

当事者から視た発達障害

何か上手くいかない
何をしても怒られる
何処に居ても
誰と居ても・・・
どうすりゃいいんだ。

自分は誰からも必要とされていないの…

何をしても責められる

何故、相手が怒っているのかわからない

誰に話しても分かってもらえない

感情の波にのみ込まれそうで怖い

自分の体や気持ちなのに
自分でコントロールするのが難しい
愛されたい
認められたい
怠けているわけじゃないのに…

自分に自信を持って
自分の良いところを大切にしたい。
でも、できない…
何をやっても上手くいかない。


出来ないことを指摘され続けていたことで
自分の中の可能性や魅力を
見失ってしまっている
当事者の気持ち。
親ですら分かってくれない。
いや寧ろ親が一番、理解してない。
自己肯定感を持てって
こんな状態で、どうしろっていうんだ。
哀しみや、苦しみが押し寄せてくる。




親から視た発達障害
当事者から視た発達障害
をそれぞれが、違う場所で
伝えることはあっても
親子のそれぞれの立場からの
お話を聞く機会は
なかなか無いです。

それが、あるんです!!


【冠地情・冠地俊子 親子講演会】


「社会の側に立つのではなく個の立場に立って発達障害を視る」


発達障害の診断を受け入れるということ それは、親としてごまかしようのない『自分』と向き合うことになり、また、自分の中にある 『今、日本で常識とされている価値観』と向き合わざるを得なくなるということ
本人としては、「当事者」としての自分を認めること。自分と向き合うのには大きなエネルギーが必要だ。 イイトコサガシの冠地情氏親子が、母と子のそれぞれの生きてきた視点から 発達障害の本質に迫ります。


日時 : 2015年 1月 24日 土曜日

場所 :浦安市民プラザWAVE101 (多目的中ホール)
千葉県浦安市入船一丁目4番1号 ショッパーズプラザ新浦安4階(JR新浦安駅前)

参加費: 1500円  

定員:事前申込優先 先着80名

お申込み:こくちーず・メール・電話でお願いします。
*こくちーずからのお申込はお一人1申し込みでお願いします。
* お連れがある場合には、コメント欄に書きこまず、こくちーずで別申込をお願いします。


【お申し込みはコチラ】      http://kokucheese.com/event/index/236235/  


【お問い合わせはコチラ】          
mamanokai.urayasu@gmail.com 080-6508-4198
担当 大村



主催:浦安市市民活動団体 
発達ネットワーク☆ママの会 
後援:浦安市・浦安市教育委員会

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

物事の一面だけを見ていると
見る人によって同じ物事でも
まったく違う事が【事実】になる。

イメージ 1


この写真を見た人に
「これは何ですか?」
と聞けば
「青い丸い物」
と答えるでしょう。
それを聞いた人が何を思い浮かべるでしょう?


イメージ 2


この写真を見た人に同じ質問をします。
「これは何ですか?」
と聞けば
「白い粉状の物が入った透明な丸い物」
と答えるでしょう。
それを聞いた人は何を思い浮かべるでしょう?



イメージ 3


この写真を見た人に同じ質問をします。
「白い粉状の物が入ったガラスの入れ物」
と答えるでしょう。
それを聞いた人は
薬?
調味料?
化粧品?
それぞれに思い浮かべるでしょう。


イメージ 4


この写真を見た人は
「お塩です」
と答えるでしょう。
しかし、それを聞いた人は
どんな状態にある
お塩なのか分からないでしょう。



イメージ 5


この写真が全体が分かるものです。

どんな容器に
どんな物が入っていて
どんな状態にあるか
初めて分かるのです。

最初の写真だけ見た人と
最後の写真を見た人が
人に伝える物は
恐らく まったく違う物でしょう。

しかし、伝えた人にとっては
全て「事実」なのです。
誰も嘘は言っていません。

ある物事の一面しか見てないという事は、こういうことなのです。

これは目に見える物
つまり
「青い蓋の小瓶に入った お塩」
だから違いが分かります。

では、これが小瓶に入ったお塩じゃなくて、人だとしたらどうなるでしょう。

人の一面だけを見て
その時の印象で評価したとしたら
ある人は「優しい」と言い。
ある人は「怖い」と言い。
ある人は「真面目」と言い。
ある人は「明るい」と言い。
ある人は「暗い」と言います。
誰も間違っていません。
全て正しいのです。

ただ、一面しか見てないという
事実があるだけです。


障害がある人の
「障害」
という一部だけに
注目したら
障害者という人を作り出します。

障害とは
その人の一部でしかないのです。

その人は「障害者」の前に
「お隣の○○さん」であり
「同級生の○○さん」であり
「同僚の○○さん」なのです。

イメージ 6



* * * * * * * * *

【イイトコサガシ・ワークショップのご案内】

12月18日木曜日

PM1:30〜PM4:30
浦安市市民活動センター2F

イイトコサガシ・ワークショップIN浦安
「自分の可能性に気付く!」

お申し込みはコチラ

http://kokucheese.com/event/index/225529/


* * * * * * * * * * * *


【おしゃべりし大会のご案内】

2014年12月11日 木曜日
AM10:00〜PM12:00

《おしゃべりし大会》をしまぁーす!!
場所は浦安駅から徒歩5分の
「浦安市市民活動センター2階階会議室」

発達に気になるところがあるお子さんがいらっしゃるご家族対象に、「予約相談」や「支援」をしてくださる方々がいてくださるけれど、毎日の生活の中で愚痴や悩みや、こうなれば良いなを話す機会は、なかなか無いと思い開催しています。
お話をしていると、知らなかった制度や療育方法、学校や病院とのお付き合いの仕方などの情報交換や気持ちの共有ができたりしています。
申し込み不要です。

お問い合わせはコチラ

mamanokai.urayasu@gmail.com

* * * * * * * * * * *
2015年 浦安市で開催決定!!

冠地情・冠地俊子親子講演会

『社会の側に立つのではなく
個の立場に立って発達障害を視る』

日時 2015年 1月24日 土曜日

場所 WAVE101 (浦安市市民プラザ)

参加費 1500円

定員 80名

お申し込み
http://kokucheese.com/event/index/236235/

お問い合わせ
mamanokai.urayasu@gmail.com
担当 : 大村

* * * * * * * * * * *


*発達ネットワーク☆ママの会は、発達に気になるところがある子供・発達障害を持つ方々に
「あったらイイなぁ〜」と思う事を、みんなで持ち寄って、必要な支援を一緒に考える。
発達障害に関して理解を深めたい。
発達障害をもっと広く知っていただきたい

と活動しています。


*会員募集中です♪( ´▽`)


お問い合わせはコチラ

080-6508-4198
mamanokai.urayasu@gmail.com
担当 : 大村

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ペアレント・トレーニングで
《タイムアウト》
というものがあります。

《タイムアウト》
★子どもが興奮して手がつけられなくなったとき冷静になるようにする
★親がその場から離れる
★子どもを静かに落ち着ける所にすわらせる

《タイムアウトの目的》
★親子共に冷静になる
★決して体罰で閉じ込めないこと
★子どもが固執しているものから離す

なのですが、一番難しいのは

【親がその場を離れる】

ではないでしょうか。

子供も1人でジタバタしていても
意味が無い訳で
親に要求があるからジタバタする訳で。
その親が離れたら追いかけて来ますわな(−_−;)

追いかけて来てジタバタしますわな。
時には、家の外に出て行く時も
あるのではないでしょうか。
でも・・・
着いて来ますわな(−_−;)

で、外でギャーギャーと騒ぐと
恥ずかしいからと
スゴスゴと家に帰っていけば
事態は悪化したりします。

大切な事は、
☀︎何の為にタイムアウトをするのか。
☀︎感情的にではなく目的を意識して。
☀︎怯まない事。


たとえ親にでも心身共に傷付ける行為は許されない。
人を傷付ける行為。
物を破壊する行為。

つまりは、将来、法に触れる事。
これは、何がなんでも
ダメなんだと伝えなければなりません。

タイムアウトをすると決めたら
腹を括って、毅然とした態度で
怯まない事。

ベースは、愛情です。

放っておく事ではありません。
逃げ出すのではありません。
全身全霊で伝えるのです。

だから、難しい(−_−;)

難しいけど10年後の我が子が
地域で必要とされ
地域の一員として
地域で生きていく
為に必要な事は全身全霊で
伝えなければなりません。

覚悟かな。
揺るがない覚悟。

そりゃ、母は強くなりますわな
( ̄+ー ̄)

イメージ 1



* * * * * * * * *

【イイトコサガシ・ワークショップのご案内】

12月18日木曜日

PM1:30〜PM4:30
浦安市市民活動センター2F

イイトコサガシ・ワークショップIN浦安
「自分の可能性に気付く!」

お申し込みはコチラ

http://kokucheese.com/event/index/225529/


* * * * * * * * * * * *


【おしゃべりし大会のご案内】

2014年12月11日 木曜日
AM10:00〜PM12:00

《おしゃべりし大会》をしまぁーす!!
場所は浦安駅から徒歩5分の
「浦安市市民活動センター2階階会議室」

発達に気になるところがあるお子さんがいらっしゃるご家族対象に、「予約相談」や「支援」をしてくださる方々がいてくださるけれど、毎日の生活の中で愚痴や悩みや、こうなれば良いなを話す機会は、なかなか無いと思い開催しています。
お話をしていると、知らなかった制度や療育方法、学校や病院とのお付き合いの仕方などの情報交換や気持ちの共有ができたりしています。
申し込み不要です。

お問い合わせはコチラ

mamanokai.urayasu@gmail.com

* * * * * * * * * * *
2015年 浦安市で開催決定!!

冠地情・冠地俊子親子講演会

『社会の側に立つのではなく
個の立場に立って発達障害を視る』

日時 2015年 1月24日 土曜日

場所 WAVE101 (浦安市市民プラザ)

参加費 1500円

定員 80名

お申し込み
http://kokucheese.com/event/index/236235/

お問い合わせ
mamanokai.urayasu@gmail.com
担当 : 大村

* * * * * * * * * * *


*発達ネットワーク☆ママの会は、発達に気になるところがある子供・発達障害を持つ方々に
「あったらイイなぁ〜」と思う事を、みんなで持ち寄って、必要な支援を一緒に考える。
発達障害に関して理解を深めたい。
発達障害をもっと広く知っていただきたい

と活動しています。


*会員募集中です♪( ´▽`)


お問い合わせはコチラ

080-6508-4198
mamanokai.urayasu@gmail.com
担当 : 大村

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全37ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事