ここから本文です

書庫全体表示

わーすた 最高







イメージ 2



"昨日のダイノジの深夜の回転体で
わーすたが取り上げられてたが
はじめていぬねこを聞いた人はインパクトあっただろうなと思った自分も去年TIFでダイバーシティのガンダム前のステージでこの曲を聞いた時のインパクトはずば抜けてた"


こんなつぶやきを見つけまして。
本当そうなのだ。
僕も一発でやられたクチだ。


イメージ 1



MXの音ボケ POPSにも来てくれてCDもいただき、改めて聴いて。
すごいいいなって。
本当最高なんだよ。


グワーッとのし上がっていったときのももクロ感っていうかね。ヒャダインさんのサウンド初めて知ったときみたいな。
女性の方が作ってるんですよね。
この人もとんでもない才能ですよ。


カワイイを世界にって意外に使い古されてるような気もするし、楽曲も既視感あるのもある。


だけど、だけど、だけど

なーんか突き抜けてるなぁって。
痛快なんだよね。
一点突破。
元気になるっていうか。
5人のバランスがいい。



マッチョ感がないのもいいなって。
女性スタッフが主に作ってるからでしょうね。




僕は三品さんって人に目がいきましたね。華あるなぁって。

イメージ 3




アイドルで絶対必要なのは、僕は、僕はですよ。居心地の悪さを感じる人なんですね。

ここではないどこかに意識がいってるってより、そのサイズ感に収まらないって感じの人。

そんな風に感じてます。

キョンキョンとかさ。




※上手く再生できない時はこちらから




いろんな場所で紹介するときは、ゲームの中みたいな説明より、トリケラトプス倒す魔法少女の歌って説明しますね。

覚えてもらいたいですから。

って言いながらまだライブ行ったことないんですが。





※上手く再生できない時はこちらから



これもあのねのねさんの名前使って説明したりして。


でも、どの曲も単純に曲いいじゃんって。

そこが好きなんですね。
ギミックのある曲って、同時にどっかでキュンとくるもん欲しいなって思うわけです。グッとでもいい。

それがあるのね。

だから、本当は不条理なものほど、あるあるっていうか、人懐こいところが必要だと思うんですけど。


それがあるじゃんって!!!



あと、アイドルソングは楽曲派なんてかっこつけて言ってましたけど。

やっぱり現場で鳴らされてる音なんでしょうね。
その人がどんなお客さんの前でどんな空気で鳴らされたか、全部込みで完成のような気がして。
だから面白いんじゃないかなと。

近年、パロプロとかの音楽ってニッチな人が語る傾向になってましたけど、やっぱり僕は痛快さがなくなると思うんすね。そこが突出すると。隙がないっていうか。

新しい「泡沫サタデーナイト」は
そこが飛び抜けていいですよね。楽しそう。楽しそうって相当すごいと思うのね。
スキルより全然大事。いや、それも違うな、スキルが発達した今のモーニング娘。だからグッときたのかな。
うん、だからやっぱりステージとかスキルを極めようとする経過は大事なんだと思います。どっちもバランスよくあることが必要なんですかね。



わーすたはバランスいいなって思ったんですね。

5人の感じが。
ステージもどんどん進化していくだろうし。
景色が大きくなっていく予感がするっていうか。
ワクワクします。



もちろんいろいろやらなきゃいけないんでしょうけど。

なんか三品さんって人にスター性を感じたんですね。なんとなくね。
5人それぞれのキャラあってなんだけどね。
それぞれのキャラもいいし。



これはうまく説明できないです。


こういうのをアイスコーヒー飲みながらファンの人と語りたいですねー

そういうのやってみたい!


とにかく僕が言いたいのは
わーすた最高!
ってことでございます!


おすすめです!



この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事