翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

待ち

昨日は仕掛けより手仕舞いが大事だと述べた。

ところが手仕舞いよりももっと大事なことがある。

それは待ちである。

待ちとはいかに仕掛けないかいかに手仕舞わないかを考えることである。

多くの投資家たちは資金を得ると即投資したがり、実際にしてしまう。

しかしそこが本当に絶好の機会かどうかよく分析しなければならない。

ただ資金があるから早速投資するというのはさっさと儲けたい、資金を投じなければ利益が出ないのだから早くしなければという焦りしか見えない(笑)

優位性のある機会というものを時間で切り取ると全体の時間の流れと比して非常に小さな割合となってしまう。

つまり大抵は良き機会ではない時間が長々と続くのだが、そこで仕掛けたくてうずうずしてしまう投資家では駄目だということである。

お預けをしつけねばならない犬のようなものである(笑)

待ちを身につけなければならない。

また保有銘柄に対して損失がこれ以上膨らんでは欲しくないとして手仕舞うことも多くの投資家たちはやってしまう過ちである。

迅速な損切りはもちろん大事であり、実践しなければならない。

しかしそこに自分勝手な主観的判断を持ち込んで決められた損切りより小さく納めることが出来たとして喜ぶことはリスクリターン率を小さくして優位性を失わせてしまう、総合的利益というものを勝ち取ることが出来なくなる大きな原因となってしまう。

自分が仕掛けた途端に含み益がぐんぐん拡大していく銘柄だけを手がければよい。、

と私ももちろん述べており、私自身もそれを目指しているが、そんな最適機会のみで上手くゆくばかりではないのである。

そこで大事なのはあらかじめ決めた、継続すれば総合的利益が得られる優位性のある規則をきちんと遵守してその規則に則って損切りすべきときに損切りするように待ちを身につけなければならない。


待ちは売買実践において最も大事な実践である。

巷ではいかに仕掛けるかばかりである。

たまにいかに手仕舞うかをやるだけである。

そしていかに待つかはほとんど見当たらないのである。

さもありなん、それは考えても面白くないし、情報提供しても金にならないからである(笑)



最重要なことが一番重要視されていないという事実はそれを考える者たちに大きな優位性が生じているということを意味している(笑)

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

翁様、拝読させて頂きました。「待機重要」と感じました。

2017/2/17(金) 午前 7:34 [ sun*a*o ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事